大千穐楽に乾杯!!

2月帝劇でスタートした2013年のEndless SHOCKが
9月大阪・梅芸にて無事に打ち上げた。


4か月に及ぶ公演の大千穐楽
    
     おめでとう!!



僕は楽は望むべくもなかったが、gomaとその妹の尽力で金曜に再度の観劇が叶った。


感想は後日書きたいと思うけど(今いろんな行事でひーはー状態)
「夢幻」のコウイチの素晴らしさに魂を持ってかれて
実は今この瞬間も完全に腑抜け。離魂者。廃人。もう何とでも。


ウチと二人で踊り、太鼓を叩き、肩を抱き合い、そしてウチと離れて
最後の総踊りへ向けて、コウイチは両腕を振り上げて全員を呼ぶ。

その腕が上がった、一瞬。

僕の中では時が止まり、両腕に込められた思いの強さに打たれたまま
この心はコウイチの元へ囚われて行ってしまった。

自分が痛くてかわいそうで泣ける…
こんな男に誰がした…「光一さんです」


昨日はとあるシンポジウムのパネディスでパネリストの一人になり
今日もとあるセミナーの1コーナーを受け持つという
本気でやるべき任務があって、それなりに務めてると見えたはず…だが
僕の魂は別のところにいた。

も、あかん!心ここにあらずじゃダメだろ!と内心で自分を叱っても
コウイチの腕が目に浮かび、完全にヤラレた自分を思い知るばかり。

あんなにも美しく凛々しく怖ろしい腕を見たことがない。


正直、ここまで壊れたのは初めて。…自分でもドン引き。なははは。


全軍の指揮を執る、全軍を鼓舞する、コウイチの腕。

帝釈天と毘沙門天と阿修羅を足して3で割ったような人間が
男の舞い、戦の舞いを観客という名の神に捧げる。

彼は確かに捧げている。

捧げられている僕らが、神なのか?
捧げている彼が、神なのか?

目の前にいるその人は、神の化身にしか見えない。

とすれば、捧げる側こそが神なのだろう。

コウイチは、僕らに全身全霊を捧げて、そして神になったんだ。

…などと、埒も明かぬもの思い。


堂本光一の本気が、まるで長刀のように僕を切り裂いた。
凄まじい体験だった。


最後、「夜の海」を舞い切ったコウイチは
桜の花びらを掌に受けたのではなかった。
彼の手は、あくまでも目線の先にある「星」を掴み取った、という動きをしていた。

落ちてくるものを受け止めるのではなく、自ら掴む動き。

あの星に手を伸ばし掴まえるその日まで…

コウイチは掴んだ、だから微笑んで倒れていったんだ。



帰りの新幹線ホームで、gomaがなにやら口ずさんでいる。
ん?と耳を寄せてみると

「しゃいにでー びゅてぃほーつーでー ほほえみをふりまいてる…」

…歌ってること、本人気づいてない!(ほんとです)
無意識に口ずさみながら微笑んでいる。(ほとんど不気味)

嬉しそうなgoma。ヤツに抱きつかなかった自分の理性を褒めたい。


幸せな時間が終わっちゃったなぁ、goma。

僕はお前とは違う意味で、ちょっと壊れちゃったよ。
どうすんだよもう!あんなスゲーもん見てしまって!


自分は、どう生きるんだ?

どう仕事するんだよ?

堂本光一の腕のひと振りの、万分の一でも
本気で仕事したことあるのか?と。

ああ…泣けてくる。


光一が凄すぎて自分が卑小に思える、とかいう次元ではなく。

あの凄い人のファンになれたというすさまじい幸運を
どう自分の人生に生かしていくのか、という命題。


挨拶の時間になれば、牙を収めたヴァンパイアのごとき(笑)
紳士でやわらかい言葉遣いの光一だけれど

どれだけ自分を鞭打てば、あんな「指揮」が執れるのか、想像もつかない。


果てしなく遠いなぁ、僕の「星」は。

遠すぎて眩みそうだけど、でも確かにある。

その星がしっかりと目に焼きついた、今回のSHOCKだった。


明日からちょっとハードな出張。

自分に負けないでガンバルよ。あの星が見ているんだから。



1か月間、カンパニーの無事を祈り続けたみんな、お疲れ様。

完走したカンパニー全員に、乾杯!!


ではではまたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

F1の映画の声優

kaitoさん、光一さんファンの皆様、こんばんは。

光一さんが今度、F1を舞台にした外画の声優をなさるようですね。
光一さんの大好きなF1関係のお仕事で、ファンとしてもとっても嬉しい!
のですが、、、手放しで喜べない状況もあり。

kaitoさんならこの映画、どう楽しみます?

以前から「F1を盛り上げるためならなんでもしますよ」とおしゃっていた光一さんだから、ご本人はそれに携われることを喜んでらっしゃると思います。しかし、ソロファンとしては踏み絵のようなこの状況、どうしたものか、う~む。

月光浴さんへ

夜中にすみません〜。お仕事忙しい様ですが今度の台風大丈夫でしたでしょうか?だいぶ朝夕肌寒くなりました〜!私の長女も東京に住んでいるので心配しました。ちなみに今28歳です〜!月光浴さんと一緒ぐらいでしょうか?今まで、ショックを見ていました先月発売されてから何回目でしょうか~本当にいつも感動して♡‼でも今年ののも是非発売して欲しいー!前田美波里さんのオーナー役見たいです〜光一君との共演している姿テレビか雑誌でしか見れないので〜。私月光浴さんの光一君への想いや対する気持ちを知ることでもっと男性ファンが増えてくれる事を熱望します!だって同性に憧れられたり、尊敬される事って本当に嬉しいです‼男女関係無く慕われる姿を見たり聞いたりすると〜たまらなく幸せに感じます。これからも、このブログ楽しみにしています。月光浴さんー!有難うございます。

光一さん、鈴鹿に!!\(^o^)/

kaitoさん、皆さん、超嬉しい光一さんF1関連でのお知らせです♪

本日、光一さん、鈴鹿に行ってらっしゃいます\(^o^)/

ソース:Twitter(ルノー公式のTweet)


光一さんがHappy♪なら、私もHappy♪

更に、光一さんファン皆が喜んでらして(あっ、もしかしたら、F1ファンの皆さんの中にも、同じように思ってくださる方いらっしゃるかも!?)、Happy♪倍増。

光一さん、よかったね~(*^_^*)

No title

kaitoさん  皆さん  こんにちは。 
 
kaitoさんは相変わらず、お忙しいのでしょうね
若さに任せてご無理のなようにご自愛くださいませ。

10月23日に大竹まことさんのラジオに光一さんが出ますね
嬉しい~。楽しみですが私、水曜日は予定があって聞けませんので、
PCで翌日聞くことにします、文化放送からも入れますが、
Twitterで親切に貼って下さっていますから、助かります。


kaitoさん  私信をお許しくださいね。

まみくといさんへ、
いつも心にかけ頂いて有り難うございます。
前の欄の“真ん中で踊る人”を拝読し、同感で
お名前を書きたかったのですが、分かっていただけて嬉しいです。

光一さんは本当に凄い方ですね、益々尊敬してしまいます。
来月はどんなお話かしらネ? 楽しみです。

 文才が無い私は普通のことしか書けなくてお恥ずかしい次第です。
まだまだ無理しないで頑張りたい?と思っております、

まみくといさんはお仕事がお忙しい事でしょう、呉々もお身体に気をつけて下さいませね。

いっちゃんさんへ
ご心配かけて済みません、有り難うございます。
もー少し頑張りますので…大丈夫です!?

お母さまはお若くて羨ましいです、大切にして差し上げてくださいね。

では、ごきげんよう。

今月の日経を読んで。

日経に連載されてから読んでいますが、本当に今月の光一さんの言葉には、何度か読み返す中に鳥肌が立つ様な感情が沸き起こりました。月光浴さんが、凄い人のファンになった‼とおっしゃっていますが、感激しました!私も約二十年ぐらいから、ずーっと光一さんだけを見つめて来て~とゆうより光ちゃんにしか目が行かなかった!文章が、ひっちゃかめっちゃか
?ですが、ここまで自分の立場?考えに対して、あゝ光一さんて本当になんて凄い人なんだろう!ってー‼若い時から見ているのに、どんどん好きになります。この人の魅力はどこまでも続くのでしょうね〜。何を言ってる?みたいな文章でごめんなさい。最後に私光一さんの大ファンである事に誇りを感じます‼また月光浴さんの想いを見れるのを楽しみにしています。出張お疲れ様です‼お身体に気をつけて〜。永遠の乙女さんのコメントを見れて本当に安心しました。いつも光一さんへの優しいお言葉〜涙が出そうなぐらい嬉しい♡これからのコメント楽しみにしていますので、お身体に気をつけて〜。

kaitoさん、かなり遅くなってしまいましたが、すっごくパワーをいただけた記事更新、ありがとうございました。


kaitoさん、「オバ怪獣は、イヤん。」でしょうけど、

怪獣には、理性がないので(。・_・。)ノ
皆さんからのフルボッコ?覚悟で…笑。
エアだし、ごめんしてね(^^ゞ

kaitoさん、gomaさん、お二人、ぎゅー♪

kaitoさん、gomaさん、お二人の言動があまりに可愛いのがいけないんだー
(責任転嫁、逃げろDASH! ε=┌( ・_・)┘)





好きな人の全力を見せてもらえる。
これ以上の幸せってないと思う。


『夢幻』

赤布の中から、白金のコウイチが現れた瞬間。

空気一変。同時に、

「これから、コウイチは神になる。」

私も、この言葉が頭の中でスパーク。


そして、kaitoさんと同じく、コウイチが両腕を振り上げたあの瞬間、あの両腕に、背中に、魂を持っていかれる。

皆との総踊りは、とにかく泣けて、泣けて…。


確か以前、光一さんは、自分を壊してくれる人に出逢いたい。とおっしゃってた。

出逢えたんだね。
トラヴィスとステイシーに。

もっと、もっとと、光一さんを限界の一歩先に導けるお二人に。



(↓今日もいきなり能天気なこと書いておいて、何なんだ!とお思いでしょうがm(_ _)m)

いつもそうなんですが、頭の中にある感じたこと、思ったことを、そのまま文章化出来ない自分がもどかしく、嫌になります。

便利さと(人を狂わす)怖さを持つネット。

非公開である拍手コメントと公開コメント、どちらにすべきか?、ずっと迷ってます。

ただ、顔の見えないネット上で、目に見える記事やコメントだけが全てではなく、人目(他閲覧者の想い)を意識するって、すごく大事な気がするので、とりあえず公開コメントの方に…。


今、

「周りが見えなくなったら、おしまいよ。」

びばりオーナーの台詞が、頭の中で響いてます。


(立場弁えずm(_ _)m)
ネット上のある極一部の光一さんファンの方へ、そっと思うこと。

一生懸命になるあまり、少し周りが見えなくなってたりしませんか?

気持ちが痛いくらい分かるだけに、ほんと切ないです。

kaitoさん、皆さん、こんばんは。

kaitoさん、私信どうかお許しください。

永遠の乙女さん、いつも私たちを暖かくやわらかな光で照らしてくださり、ありがとうございます。

私も、いつも乙女さんの言葉に元気をいただいている一人です。
ありがとうございます!
その気持ちだけどうしてもお伝えしたくて・・。

光一さんの次のソロのお知らせ待ち遠しいですね。
kaitoさんの更新も楽しみにしていましょうね。

こちらに集われる方々のコメントも素晴らしく、いつも感嘆して読ませていただいています。



ではではまた。

大千穐楽に乾杯!!

kaitoさん   皆さん   こんにちは

1週間以上も過ぎてしまいました。
出演者、の皆さん怪我もなく無事に千穐楽を迎えて何よりと安堵しています。

公演中は毎日の情報に一喜一憂していましたが、その心配が無くなったら、
身体から力が抜けて…抜け殻状態です。
何も手に付かず、ボーットしていました。

これではいけないと又、
kaitoさんの『梅芸「SHOCK」レポ』から『大千穐楽に乾杯』まで読ませて頂きました。

kaitoさん、「コウイチの美しく凛々しく怖ろしい腕に完全にヤラレました」か、 私は夢幻のダンスにもやられました。色々の雑誌にもありますが
あの飛び上がるのが素晴らしいのとあらゆる群舞が乱れることなく
綺麗で感動しました。

座長の走り続ける姿をみてカンパニーが一丸となっても頑張っているって、考えてみると凄いこと(いや考えなくてもすごいですが)

座長の頑張っている姿や人柄が客席に伝わってくるのって・・・
これもすごいことだと思います。

皆さんも「SHOCK2012」DVDを見ていますね、
同じ気持ちで嬉しいです。暫くはDVDで癒されるしか無いのでしょうか?

先日帝劇の前を車で通りましたら、
12月から来年1月の「ジャニーズトニトニワールド」大看板がありました。

Sexy ZoneとA.B.C_ZとJrなのにJWの時と同じに
光一さんの赤い布フライングが目立ちました。光一さんも出演するの?
と勘違いしてしまいそうです。

  私も日経エンタを読んで納得しました、同感です。

では、次の楽しいお知らせを待ちましょう

真ん中で踊る人

kaitoさん、皆さん、こんばんは~。

毎日なんだか暑いですね。秋バテしたりしてませんか?

今、時間があったので、2012年SHOCKのDVDを観ていたところです。

日経エンタを読んだ後なので、「真ん中で踊る人の踊り」とはどんなだろうかと意識して観ている自分がいます。 

そういえば以前、kaitoさんのお母様が、光一さんを「主役のダンスを踊る人」でしたか?そんな風に表現されたのを思い出しました。(ニュアンスで、すみません。 )

一言で「ダンス」といっても、とっても奥が深いのですね。
興味は尽きないですね。

大千穐楽おめでとうございます★

kaitoさん、こんにちはv-280


お忙しい中、大千穐楽にあわせて更新してくださってありがとうございます。

遅くなりましたが、大千穐楽おめでとうございます。v-424v-308
もう1週間以上も経ってしまったんですねぇ。。。

足掛け8ヶ月に渡るSHOCK初の3都市公演。
最初に話を聞いたときは、正直、本当に大丈夫なのだろうか・・・と(勝手に)心配していましたが、光一さんはじめ出演者の誰ひとり、怪我等で舞台を下りることなく無事に千穐楽まで走り抜けられたことに心から安堵し、また改めてカンパニーの結束力の強さを思い、観劇もしていないのに未だにひとり感慨に耽っております。v-398v-356
光一さん、カンパニーの皆さん、観客であるファンも含めて、SHOCKに携わった方皆さんに心からおめでとうございます、とお伝えしたいです。(直接は言えないのでこちらで・・・v-410

kaitoさんや皆さんからの幸せのお裾分けをいただいたお陰で、観劇できなかった私も、同じ感動を味わうことができました。ありがとうございました。
でも、kaitoさんの記事で、ますますSHOCK観たい病が篤くなってきました。2014年のお知らせが待ち遠しいです。

今年のDVD/BDも絶対絶対発売されますように・・・e-322e-459

Kaitoさん、こんにちは
また、お引っ越しされたんですね
ずっとseesawブログ見てたにも関わらずお引っ越しに気づかなくて…
なんでコメントも増えないんだろう?
大阪は行くって言ってたのになんでアップされないんだろう?ってずっと思っていました
気がついてよかったです(^-^)
同じFC2なのでまた、読ませて頂きますね
私はそんなに文章書くのが上手ではないので
Kaitoさんの言葉がすごく的を得ていて感動するばかりです
いつもありがとうございます
これからも同じファンとして、
よろしくお願いします(*^^*)

こんばんは

Kaitoさん、こんばんは。

あの素晴らしい大千穐楽から、1週間以上たちましたね。
Kaitoさんの離魂された魂は戻られたでしょうか?
私はようやく今日になって、2012のSHOCKを観ました。
忙しかったということもありますが、何より2013のSHOCKが全て終わってから観ようと思ってましたので。
同じSHOCKでコウイチなのに、たった1年で進化している。
「あのすごい人のファンになれたすさまじい幸運」をつくづく噛みしめています。
そして、SHOCKが終わってすぐなのに、もう「光一さん恋しい症候群」です(^^;)
ゆっくり疲れを癒して欲しいと思う反面、次の嬉しいお知らせも待っている身勝手な自分(^^;)
「オレを殺す気か?」と言われても仕方ありません。。。。

消費税が決まり、職場も対応に追われ1時間早出もあり。。
朝の7時からエクセル開いていると、PCに頭ゴッツンしそうです(笑)
でも、頑張ります!
全然土俵は違うけど、光一さんのあの頑張りをみたら、自分もやれること頑張ろうと思いました。
Kaitoさんも、お仕事大変忙しそうですね。
でも、充実されているようにお見受けしますが(^-^)
ハードな出勤は終わられたのでしょうか?
また、ブログお待ちしています。

PS。Kaitoさ~ん、gomaさんに抱き付いちゃえばよかったのにぃ(笑)

終わっちゃった[s:20305]

kaitoさんこんばんは。
2013SHOCKも終わっちゃいましたね…
私も27日、そして28日と観劇してきました。FC全滅で一般でやっととれた席です。とにかく心持っていかれました。帝劇も博多座も梅芸でも素晴らしい舞台でした。
gomaさんじゃないけど、気がつけば’お~ぞらがうつくしい~’とか’みあげれば~おもいだすよ~’とか口ずさんでる自分がいて、まだまだSHOCKから現実に戻れないでいます。
その後よく考えたら恐ろしくなったのは、来年もやるだろうと思ってる自分がいて、SHOCKがずっとあるわけではない(天変地異があるかもだし、大人の事情だってあるかもしれない)と考えたらドキドキしてきました。
光ちゃんが言うようにあって当たり前ではないから、もっともっと見たかったです。
来年はありますよね?

ありがとうございます!

Kaitoさん

また素晴らしい感想をありがとうございます!

確かにコウイチは神の化身だと思われるほど神々しく、オーラを放って輝いています。 まさに全身全霊を私たちに捧げてくれるコウイチと同じ空間にいる幸せに感謝せずにはいられません。

それが、急にあのかわいい光ちゃんになってアドリブ満載なのですからもうそのギャップにやられっぱなし! 本当に愛しい人ですね。

Kaitoさんやgomaさんのような若者にもっともっと観て欲しい舞台だといつも思っています。 きっと何かを掴んでそれがエネルギーを生み出すから!

これからもKaitoさんの素晴らしい光一語りを楽しみにしています。

どうぞ、身体に気を付けて、お仕事も益々頑張ってくださいね!

bonjourmaman

それは軍神?

kaitoさん、こんばんは。
更新ありがとうございます!

2013年SHOCKが無事に幕を閉じ、安堵するとともに、一抹の寂しさも感じています。

私の観劇は、帝劇での一回きりでしたが、kaitoさんの文章を読むことで、まるで何度も一緒に観劇しているかのような気持ちにさせてもらえました。^^

kaitoさんが目撃したのは神・・軍神だったのかもしれませんね・・?

なんて神秘的で貴重な体験だったのでしょう。

光一さんとkaitoさんとの間に、なんらかの共鳴があって、感性の鋭いkaitoさんだからこそ、他の人よりより強烈に感じられたのかもしれないなと思いました。

その自らの体験を、みずみずしい文章で表現してくださるkaitoさん。そして、それを私たちが享受できる喜び。
^^
本当に、本当に、ありがとうございます。

これから出張なさるのですか?どうかお気をつけて。いってらっしゃい。







最高のステージでした

kaitoさんの素晴らしい感想を読ませて頂き、ただただ感激をしています。
光一さんは自分の身を削らないと、このストーリーの本質をお客様に伝えることが出来ないとおっしゃっていました。
その言葉通り、いえそれ以上のパワーで光一さんは舞台に挑んでおられました。
「Endless SHOCK」のすごいところは、観劇するために劇場に入る前の自分と観劇して劇場を後にする自分とでは確実に何かが自分の中で変化しているということです。
ここに大変大きな意味があると思います。
皆んな、心が前を向いているという事です!
人の心を動かすってそんな簡単なことじゃない。
神がかったあの眩しい姿にまた会いにいけるように自分も日々努力しようと思い、梅芸を後にしました。
私も「夢幻」という無限に広がった世界に酔いしれた一人です。

ありがとうございます!

kaitoさん、泣けました・・・・
魂と魂の交流が舞台の上と下とで、確実に存在したんだなあと
私まで心を揺さぶられました。

「自分はどう生きるのか」

光一さんがSHOCKを見て感じて欲しいのは、
究極はそこなんだろうな、と思います。

熱い感想ありがとうございました。

拍手の数が凄いですね!

ありがとうございます

はじめまして。
前のオリブロの初日から読ませていただいていますが、コメントは光一さんのソロ要望へのコメント以来です。
素晴らしい感想を読ませていただき、勇気を出してコメントさせていただきます。
私は帝劇初日の観劇で見た、「夢幻」の光一さんの一瞬の表情に打たれ、今でも目に浮かべる事がありますが、どのように言葉にしてよいかわかりませんでした。今、kaitoさんの感想を読んで、まさに!と思いました。
観劇は1階上手後方の壁に近い席からだったのですが、何もかも削ぎ落とした、神か仏のような、後光がさしているような、コウイチの純粋な魂が見えるようなお顔でした。
梅芸にはチケット当選しながらも、急な事情で行かれませんでしたが、初めて観劇された方たちが感動されたようで、光一さんも、そんなお客様の反応を楽しまれただろうなと思えるだけで幸せでした。
昨日の楽の様子も、見聞きすると、光一さんの人柄そのものの、あたたかい素敵な時間・空間だったようで、そんな光一さん出会えた事を幸運に思います。
そして、光一さんに共感し、素晴らしい文章で綴ってくださる、月光浴さまに出会えた事も…。
ありがとうございます。

No title

素敵な感動を有り難うございます。
今回大阪では観劇出来ませんでしたが、kaitoさんの文章を読み、
自分が観劇出来たかのように胸にじんときました。そしてとても元気をいただきました。
kaitoさん、お忙しいでしょうが、お体に気をつけて、出来たら何時までも光一さんを応援する人でいて下さいね(#^.^#)

良かった〜!

何日もブログが無かったので、お仕事がお忙しいのかなと思いながら、毎晩確かめていました。私もせめて一回だけは観てみたいです!今、五十二歳ですが、二十年前から光一さんだけを見て来ました。鹿児島ですが、家の事情などで、生の光一さんの舞台やソロコン観に行ったことが無いので、貴方様のブログを見て、満足していました。これからも楽しみにしています。永遠の乙女さん、お元気になさっていらっしゃるでしょうか?私の母も七十ハ歳なので〜 宜しくお伝え下さい。お二人共に、お身体に気をつけてー
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR