1501回目の幕が開く

1501回を迎える開幕の前夜。

堂本光一の長い長い旅路と、ともに歩んだファンの旅路を思う。


大阪公演・福岡公演の開催、本当におめでとう!!


昨年地方公演が無かったことの意味が、僕自身チケット全滅という結果となって現れた。←号泣
gomaも同様で、僕ら2人は梅芸には行けないのだ。はぅ。。。

博多座は何とか1公演だけ(goma名義)ゲット。
つまり僕は完全なる全滅男なのだ、もう最低である。

まあ来月を楽しみに生きていきまする。くすん。



日経エンタテインメント10月号。

タキツバの活動休止が発表され、まさに明日の舞台開幕と同じ日に先輩グループから3人が退所するというタイミングだったので、光一が所属するGの不思議さも感じながら(笑)読んだ。

20周年の怒涛のキャンペーン…その中心となり、おそらく円盤化も予定されていたであろうイベント『Party』が、あのような形になったこと。
あの形に決まり、そして参加したファンの多くにとって素晴らしかったと言えるものに作り上げるまでに、どんな戦いがあったか。

思考と嗜好と志向が全く異なる2人のグループにとって、ものを決定するとはどういうことなのか。

光一が光一でなかったら、あのGは、あのPartyは、どんなコトになっていたのか。


タキツバがきちんと話し合って活動休止という結論を出したのか、不仲ゆえにやって行けなくなったのか、はたまた事務所批判をしたと報道されたメンバーがペナルティを課されたのか。

先輩グループの真実も、僕らには知りようもない。

光一のGも今後どうなっていくのかわからない。

ただ思うのは、あまりにも大きな不協和音と、それさえも抱え込んで走り続けられる、光一の圧倒的な人間力である。


光一のGは、2人して互いを斬り合うような関係で、女性にはどう映るかわからないけど、僕の目には実に剣呑な関係性に見える。
男同士でGを見ていると「おいおい!」「マジか」「大丈夫か」という反応になるんだよ(笑)

関ジャムでの話もスゴかった。冷や汗が出た。

光一は『愛のかたまり』というB面の曲を、A面への「反骨精神で作った」と語り。当時、A面曲を自分ドラマの主題歌としてシングル化した人間を隣にして。ひぇぇ(笑)

隣は隣で、歌を合わせるために声を細くすることもある、と。ん?レベルを下げてると言いたいわけ?と誤解されかねない言い方を、いつものように呟く。

2人とも無邪気に正直に話してるだけなんだろう(笑)

でも、なんちゅーバトルだよ?と男どもは肚が冷える。
仲間と映像見てると「この2人大丈夫なん?」と何度も訊かれる。

うん…なぜか不思議な関係なんだよこの2人は。


剣豪は斬り合う相手と斬り合うからこそ深い関係性に至る。

喧嘩はせず、目に見えない剣で斬り合って来た2人は、複雑怪奇に傷を負う間柄でもあり、互いに互いしか見えない、依存する間柄なのかもしれない。

だから互いを離れ、別の仲間との関係では息が楽になる。

2人でいる時の、馴れ合いとは程遠い緊張感は、男には痛いほど感じられるんだけどな。
ヒリヒリして、でも長い付き合いだから、かわす術も知っている仲。
どんなことも、笑顔でかわしてみせられる経験値。

こんなに合わないのに、こんなに頑張って。ホントに泣ける。って感じ。


光一の、嘘をつかない・事実だけを話したい、という人間性が、日経エンタの連載に表れていて、物事が曖昧に堕してしまいそうな時、この連載があって本当に良かったと思うのだが。

しかし、2人の違いが白日のもとに晒され、どんな罰ゲームなんだよ?と、光一のソロファンとしては穏やかでいられなくなるのも確かなのだ。

ホントにさ、光一にとって何の罰ゲームなんだよ、このGは。


いや、Partyを成功に導いたのも光一だけど。

ファンを楽しませたい、とお通夜Partyになるところを救ったのも光一だけど。

突然の病を得た同僚を精一杯励まし保護したのも光一だけど。

20周年の誇りと実績を、スタッフとともに守ったのも光一だけど。


光一があのGでいる意味は…守護神であることなのか?

あらゆる仕事を通じて大きくなる男の見本を、僕は光一に見るわけだけれども、ソロの光一のステージがいかに凄いか、いや凄まじいかを知っているからこそ、光一の100%を出し尽くし表現し魅せてくれる場所が光一の居場所じゃないのかと言いたくなる。

Gだって無駄とは思わない。素晴らしい実績や楽曲を生んでいる。若き日の光一が作り上げたコンサートが素晴らしかったことも知っている。

しかしGは変質した。


これからも、Gの守り人として、光一は自身を捧げていくのか、ファンのために。
ただ感謝する心だけを持って。
ひとつの仕事をする、それだけを褒美として。


僕は社会人として、あまりに心深く、同時に有能な堂本光一という人を、尊敬せずにはいられない。

報われないのに頑張るか?!と歯噛みしたくなる時があっても、ああ、光一という人は、ファンの笑顔、スタッフの献身、仕事をやり切った充実感を、何があっても確実に感じ取れる人なんだ、そしてそれだけで幸せだと思える人なんだ…と。光一が幸せなのだから、それが彼の報い、報酬だ。

至らない自分を基準に、光一を測ってはいけない、と反省する。


ファンとしては時にツライ気分になっても、光一の大きさに触れると、どんな判断も彼の判断なら間違いない、ついていくだけだ、と心の底から思う。

そう思える人、それが堂本光一なんだから、仕方ない(笑)

ファンになったこっちの負け、である。


なんてことを思った、梅芸初日の前夜。
僕らの前夜祭だ。



さ、新しい幕が開く。

1501回目の乾杯を、みんなで!!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

kaitoさんへ

早速のお返事ありがとうございます。

良い方を(いろいろ…考慮して)探します。

大変お忙しいご様子、お身体に留意されて頑張ってください。

お邪魔致しました。

mirokuさんへ

mirokuさん

kaitoです。
お声掛け、ありがとうございます。

大変にありがたいお話ですが、出張続きの合間をこじ開けて、何とか1回遠征するのが精一杯という現状です。
チケットは、どうか他の方に譲ってあげてください。

この場での斡旋はできませんので、お手伝いできず申し訳ありませんが、本当に行きたい人に譲って頂ければ嬉しく思います。
よろしくお願い致します。

ご親切なお気持ちに感謝申し上げます。
ありがとうございました。

博多座

突然のメールで失礼いたします。
mirokuと申します。

ここに訪れる皆さんと同様に、kaitoさんのブログ拝見して、励まされている一人です。

実は、友人と二人で、博多座のチケットがFC枠で取れたのですが、3日間連続の夜公演が取れてしまい(贅沢極まりないのですが)、
高齢の老人がいる主婦としては、とても3連続夜遊びは出来ず、
どうしようか困っております。

kaitoさん、ご観劇されませんか?
10/11(水)夜2枚です。

平日ですので、お勤めされていらっしゃるので、どうかとも思いながらメール致しました。
ご一考下さいませ。

No title

誰のせいでもないっていう考えなんですよね。
▲さんもそのファンも。
光ちゃんと同じ立場って思ってるんでしょうか。
病気はしょうがない事で▲さんを誰もせめてないけど▲さんのせいなんですよ。
一番辛いのは病気になった本人というのも当たり前の事ですよ。
辛いから何でも言うことを聞いてあげるべきっていう
▲さんとそのファンとは根本的に考えが違うからお話になりません(゜ロ゜)



圧倒的な世界

kaito様更新ありがとうございます。
一足お先に2年ぶりの梅芸に座長に会いに行って来ました!
個人的に久しぶりの良席だってので、SHOCKの世界にどっぷり浸かって本当に幸せな時間を過ごせました。
歌、ダンス、芝居とパフォーマンス、全てに全身全霊の舞台。光一さんだけでなく、演者、スタッフ全員が同じ方向を向いているからこそできる世界です。
光一さんの圧倒的なソロの空間を体験すると、Gの雑多なことは本当にどうでも良くなりますね。
今月の日経エンタを読みました。危機管理能力やステージング能力はさすがです。以前にポップジャムのスタッフが、光一さんが台本の抜けを指摘したことに感心してましたが、昔からそういった俯瞰の目には長けていたのですね。
意外だったのがファンの間では伝説の名古屋コンを、光一さんも負の記憶として持っていた事です。私はその場に居なかったので後からネットで知っただけですが、やっぱり凄い空気だったんですね。
たぶん▲さんはその場に残された空気なんて知らないんでしょう。病気は仕方ないと思いますよ。誰も責めていない。但しもし仮に逆の事が起こったとして、彼にその場を解決できる力があるのでしょうか?そのもしもが起こらないことを祈ります。。

すみませんが

長文を投稿されたGファン?もしくは▲さんファンの方には申し訳ないですが、▲さんに期待してる光一くんファンは少ないと思います。
もし立場が逆になった時は嘘をつかないで欲しいとか、落としこまないで欲しいとか、そんな最低限の願いしか彼にはできないと思ってます。
二人の間の絆があるのか無いのかはファンにはわからないですが、解散したかった時期があったのも事実として、夢見勝ちにならずにこことは違う場所で応援続けてください。

昨日観劇してきました(*^^*)
もう何もかも最高で、歌や演技が益々進化してました。もはや▲アンリーによる中傷や、▲がどうであろうと全く気にならなくなりました。それでどうこうなる立場にいない位素晴らしいエンターテイナーだと実感しました。
井上さんとの共演を是非とも実現して貰いたいです。

Kaitoさんへ

こんにちは!

梅田芸術劇場、初日公演観劇してきました。
帝劇公演をまた更にグレードアップ、進化させて観せてくれた、光一座長とカンパニーに、ただただ感動。
魂が叫びを上げたいほどの素晴らしい舞台を、言葉で伝える術を知りません。

観劇前にここにおじゃましたのですが、ブログを続けることの大変さを感じました。

『バカにされた時、それを相手にしてしまっては、同じ低いレベルに自分から降りることになってしまう。そのような小物を相手にしなければ、あなたは高みにとどまることができる。』

これは、ツイッターで見つけた言葉なのですが、この言葉をKaitoさんに贈りたいです。

光ちゃんの、あの舞台を観て感じたら、ごちゃごちゃ考える隙間もないほど、心も魂も綺麗な感動で溢れて、どんなことも超えていける、そんな勇気と覚悟が生まれました。

真っ直ぐ、光ちゃんだけを見て、Kaitoさんも穏やかな日々を取り戻して下さい!

No title

kaitoさん、退所された3人の先輩も悩んだ末の決断でしょうね。大きな傘の下に居れば安泰だったでしょう先の芸能活動も全く保障されない事も分かっていての退所に私はエールを送りたい。誰の人生でもない自分の人生を悔いなく生きてほしいです。▲の様に「アイドルの靴を脱ぐ」は何処行った?君が一番あの事務所の恩恵受けているんでしょうが、悪い事はかき消されヤ◯ー記事には「ギタリストも絶賛する▲のギター」?「ストイック」?等々持ち上げ記事多いのに光一君が一人で頑張った事など何も記事にならない不思議さに益々私のG離れが加速するのです。私は光一ソロしか受け付けないです。篠原ともえちゃんが言うとおり「40手前」です。光一君も自分の心に嘘をつかない人生を送ってほしいです‥

kaitoさんの言葉は私の思ってること全てだと思います。
タキツバか活動休止って聞いてうちの大学生と高校生が方向性の違いってKinKi Kidsの方じゃないの?と話してました。
そうなんです。
最近はTVとかではKinKi Kidsの2人は危ない感じをわざと出してるのかな?
と思います。
何年か前に光一さんが『▲くんの話は80%嘘』って言ってたし、2人で旅行とかどうですか?という質問に間髪入れずに『絶対に嫌です。』
そしてこの間の『解散も考えてジャニーさんに相談した。』
という事とか、一切話をしないとかこの間の20周年のイベントで▲くんの言ったことをそのまま記事に載せたり。
もう無理だという事を伝えているのかと思えてしまいます。
でもそうやって少しづつでも2人のちぐはぐな部分を明らかにする事で本当に解散となっていけば私はいいと思ってます。
KinKi Kidsのファンとはとても不思議な人たちなのでちゃんと態度に表さないと変な妄想を拡散させるのでハッキリ言ってもらった方がいいです。
ハッキリ言っても変な妄想しまくってますけど。
私は光一さんがソロになる事をずっと祈ってます。
光一さんのファンが楽しめる事がたくさんありますように。

No title

こんにちは。更新ありがとうございます。

私も日経エンタ読みました。
光一さんのリスクマネジメントは流石です。それにしても▲のありえない要望は事務所幹部も把握していた事と思いますが、どう思ったでしょうね?
まあ▲のわがまま要求は今回が初めてとも思えないので事務所関係者は慣れっこという所でしょうか。▲では話にならないから、光一さんの楽屋に集まって対応を協議したのでしょうね。

光一さんの見事な対応力でイベントが成功に終わり損害を免れたわけですから、事務所はもっと光一さんを大切に扱って欲しいです。

博多座行かれるんですね。楽しんできて下さい。
そして、また素敵なレポをお待ちしております。
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR