真夏の夜の物思い

蒸し暑い夜、台風の被害を受けそうな地域のみんなを心配しながら。
どうか、もう被災する方々がありませんように。
くれぐれも気をつけて。


今夜は、ちょっと気持ちを吐き出してしまうので、鬱陶しい長文なんか興味ない!という健全なアナタは、以下を読まずにスルーしてほしい。

読んだ後のお気持ちには、僕は責任持てません(笑)
お許しくだされ。



この夏は、まあ何という夏だったのだろうか。(まだ終わってない)


え?えええ?えっ?ええっっ??(しつこい)とボーゼンとしながら、信じられないくらい堂本光一がTVに出まくっている姿に触れ、歌を聴き、演技を見、うわぁぁと思ってるうちに時が過ぎた。

山ほど目にした光一だけど、あくまでもGの一員として出演している場面がほとんどだったので、ソロの堂本光一としての出演だったらどんなにか…と思いながらも、Gを背負って頑張っている仕事人・光一の闘いっぷりに胸熱になる瞬間がいくつもあった。

危機に対応する姿勢が凛々しくて、1人で立つ場面も後輩や仲間に応援してもらっている場面も、真摯でありながら爽やかで。
光一の持つ空気感は、あくまでも明るいんだな〜と実感した。
そこには、僕が感じるG特有の重苦しさ?澱み?は無かった。


まあ、しかし、大変な緊急事態だったよな。

前の記事を書いた後で、Gの2人がそれぞれにJ-Webを更新した。

SMGOは、まさに堂本光一で。
少しの緊張と少しの高揚と、痛いほどの覚悟と。
危機に際しての光一はこうなんだよな!と肚の底から頷くしかない言葉で。

非常事態のイベントを、ともかく大成功させた。(らしい)
SMGOに勇気と笑顔をもらったファンの皆とともに。
そして、自ら頼み、駆けつけてくれた仲間達とともに。


今回は正直言って病状が気になったので、もう1人の日記も読んだ。

ごめんな、僕は背筋が寒くなって、しばらく固まってたよ。

いや、そうか……光一ファンがずっとずっと苦しめられて来たのは、この人物の、こういうやり方だったんだよな、と再確認したよ。

光一ファンは読んでないかもしれないので、よく分からない言い方だったら申し訳ないけど。


この状況、明日、自分自身が直接参加できない記念イベントが開催されるというタイミングで、彼が書いている内容には「20周年」「Gの名前」「光一」というフレーズは、一言も無かった。

素直に読んだら、20周年のイベントなんてどこにも無く、光一1人での(山ほどの)対応も無く、まるで彼の単独ライブが休止になった話にしか読めなかった。

いや〜ホントに、あのタイミングで、全くGの名前も光一の名前も出さずに文章が書けるとは!すさまじい才能だな!心底驚いた。魂消た。

ついでに言えば、次に更新された日記にも、ひとっことも「光一」という文字は無いからね。

これがどういう意味か、わかるだろうか?


イベントの場では、光一への感謝や詫びる言葉もあったと思う。それを言わない(気づかない)彼ではないだろう、よく気がつく人間だと言うのだから。

でも、気持ちの余裕がないとかなり割り引いても、あのイベント前夜の更新で、Gの20周年にも光一の名前にも触れない理由があるとしたら、何だろうか。


僕は、彼が長年やり続けて来たことがコレだな、と思った。

つまり、堂本光一のファンをいないものとして扱う、ということ。
彼の世界には、堂本光一のファンはいない。


僕は、彼個人と光一は、長年の同僚であるし、光一の目で見れば、彼には彼の才能があり、それを光一は尊重していると思っている。
幼い頃から共に活動した2人にしか解らない関係性もあると思う。

だから、2人が互いに対してどう振る舞おうが、まあ勝手にしたらいいさ、という気分だ。
光一だってかなりのツンだからね(笑)彼ら互いの関係は色々あるだろう。
常に変化しながら、この20数年、走ってきた同僚なんだから。


でも、彼は、光一ファンが「なぜ?どうして?」と、人によっては心を壊してしまうほど、光一ファンが悲しみ苦しむ言動を、光一ファンだけに刺さるやり方で繰り返して来た。

誰からも「いいお姑様よね」と言われる夫人が、息子の嫁さんにだけ刺さるイジメを繰り返したみたいだ(笑)←いや、笑えない

あるいは特定の新人だけが傷つくやり方でイジメるお局様?(笑)

まあ女性をイメージしてしまうのは申し訳ないけど、実際は男のイジメ、嫌味、足を引っ張る行為の方が表面化せずに進みがちなんだろな。


何だろうか、このやり方。

彼は徹底的に光一ファンが嫌いなんだな、と思う。
その存在を無くしたいんだ。


自分のファンは、その言葉に素直に感動するだろう。
光一自身も、ややこしい神経構造ではないし、直接には謝罪も感謝もしてるのだから無問題。

でも、ハナからイベントには参加しない光一だけのファン、ソロファンは、いつもの生真面目さで「光一に対するリスペクトの無さ」「人としての礼儀の無さ」にムッとするだろう。

そして怒りを発信すれば、彼を守りたいファンが、また光一ファンがこんなことを!とネット上に晒しながら反論するだろう。

なんやかや、ますます光一のソロファンは阻害され、Gコンの場から排除(自主的に)されていくだろう。

そしてめでたく、光一ソロファンのいない世界。


気に入らない嫁だけが排除され孤独を感じ、周囲は姑の味方であるように(笑)巧みに言動を調整する。←ステレオタイプですみません。

彼が自分で言うような、神経の行き届いた人間であるならば、このやり方の効果は理解しているはず。


でも、本当に意識してやってるんだろうか?

否定したい自分もいるが、いやいや、長年どんなことが繰り返されたか、ひとつひとつ挙げたらこのブログが何ページも埋まるくらいのアレコレが出てくることを、忘れちゃいけない。

自分のファン、純粋?なGファンは感じない。
光一だけを好きで大事に思うファンだけが傷つき続ける。

彼ファンやGファンには「無いこと」が、確かに「あった」からこそ、Gの現状なんじゃないだろうか。
耐えられないファンは逃げ去った。
何とか踏み止まった光一ファン、泣きながら光一ソロを待ち続けるファンを、無いものにするなよ!

「光一ファンはいない」ことにするな!!


近年は比較的落ち着いていた、とは思うよ。

あまりな言動さえなければ、普通にGもソロも応援できるファンも沢山いる。


ただ、彼が若い頃味わっていたストレス(ちょうど今回のようにGの仕事が重なり過ぎた時期)を、真正面から受け止めてしまった光一ファンだけが犠牲になった。

彼の中の壊れてしまった部分を、光一ファンはまともに受け取ってしまった。

その後遺症が、さらに重ねられた棘の数々が、今も痛みを与え続ける。


思うんだけど、根本は「痛み」だったはずだ。
最初は痛みだった、やわらかいファン心が傷ついて。

ちいさくてやわらかくて、やさしかったファンの心が泣いた、それが始まりだったはずなのに、痛みがカサブタになり固くなり、もうまるで鎧を着た戦士のようになってないかい?


最初からGが嫌い、もう1人が許せない、がスタートの人は別だよ。

誰かを攻撃したり否定したり、が楽しい人は別だよ。

そんな人がいるなら、それはまた別次元のファンだと思っている。


彼のストレス(それは無理もなかったかもしれない)の餌食にされた自分を、もし自覚できるなら、もう彼こそを「いないもの」にできないだろうか?


光一にとって、同じ仕事を務める同僚の一人。

最新刊の日経エンタを読んで、そのまま素直に受け止めたら、彼らの関係性はハッキリと解るよ。
「電話番号知らない」も設定じゃない(笑)

マネジャーと深刻そうに話してる姿を見ても、何も聞かない。
光一が冷たいのか?
そうではなく、本当に普通に職場の同僚だからだよ。


光一にとって大事な仕事を懸命にやり切った、その誠実に何の虚飾もない。

しかし、彼の病状への見解もなければ、心配する気持ちの吐露さえない。
そんなことはあえて表出しない。

光一もまた、ある種のファンを無きものにしたいのかな?(笑)


光一が嫌いな人は、この冷静さを許せん!と思うだろう。

自分の脳内イメージが大事な人は、色んな補正をして萌えるんだろう。

僕はまた僕で、自分の中にいる光一を信じるだけだ。


みんなみんな、自分に寄り添うイメージを抱いて、ファン生活をしているのだ。


今回の一連の露出で、改めて光一の素敵さ(笑)、可愛さ(笑)を知った。
出て喋って動いて、ひとつもイヤな気分になることがない。←これが当たり前だろ?

後になって発信されたことで、光一の人間性の高さを知ったり。ま、知ってたけど(笑)変わらない人だな、ほんとに。

いつだって公平で謙虚で率直で。
大事なことにはどこまでも真摯で。

自分だけのことは落とすし自虐的だし。
笑い者にされて安心してるし。

天邪鬼のツンデレのくせに、誰より優しい。
何かを守るためには自分を犠牲にして平然。


まあ、いつだって結論は、この人について行く。

それだけのためにクラクラする長文(笑)アホっすな。


この一文は、多くの共感は得られないと思う。
たった1人でも、ちょっとでも楽になれるなら、望外の幸せだと思いながら書いた。

色々腹立ちな皆さんには本当に申し訳ない。

僕が光一アンチな人に全く共感できないように、彼ファン、Gファンには全く共感してもらえなくて当然。違う世界が見えているのだから仕方ない。

ただ「なぜ?」を気にしてほしいだけだ。…でも無理だろな。


これからも2人それぞれの人間性は変わらない。

だったら、最善の道は何か?を考えたい。

誰かが光一を応援することから降りるのが、僕は一番悲しいから、こうして馬鹿馬鹿しくも書いてしまうのだ。ごめんね。でも、堂本光一から離れるな!



前回のコメント欄で、いくつか考察せよ、とのお題も頂いているので、できるだけ早く更新するね。
みささん、遅くなって申し訳ないです。


ひとまず、おやすみ。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

嫁姑の例えわかります~
光一ファンじゃない人は▲くん酷いよね~って思わない。
光一くんが好きな人なら心を痛めるような事を訴えるように言う。
こういうとこで、光一ファンへの配慮は全くない。
それか、こんな最低な堂本光一にファンがいるのが信じられないと思ってるのか…
よく思ってないのは確かですよね。

おはようございます。

いろいろな以前の辛かった事柄を思い出してました。

ちょっと麻痺してたけれど、改めて爆弾落とされて凹んでいます。

だけど、ひとつだけ言わせてください。

嫁と姑、どちらの立場も経験した私としては、あの比喩だけは賛同しかねます(苦笑)

No title

kaitoさん、こんばんは。

更新、ありがとうございます。
う~ん、何だか泣けてきました。
誰かに共感してもらいたかったのだなぁ、と、自分。

1年も前からの?20周年記念のイベントの様々。
光一さんの地方の舞台はなかった。
光一さんつながりの友人たちがそわそわし、イベントに申し込みをし、アリーナコンのため地方に飛び、グッズを買いCDやDVDを買うのを横目で見ながら「自分は冷たい人間なのだろうか?かたくなで視野の狭い人間なのだろうか?」と自問自答していました。
友人たちは光一君がいればどんな形でも応援する、隣は視野に入れない、そっかぁ。。
また、隣の人も昔は色々あったけど、歳を重ねてきてそういうこともなくなってきたから、もうそんなにこだわらなくてもいいんじゃない?と。
これに私は打ちのめされてしまって。。。

でも、ダメなものはダメ、なんです。
それに、昔のことじゃないよ、現在進行形だよ、と言いたかったです。
言えなかったけど。。。

お姑さんの嫁いびり、お局様の新人いびり、さもありなんのたとえで面白かったです。
いや、でも、仕事をしてると、男性の仕事ができる人間への嫉妬もすごいなぁ(^^;)と思うこともあったりして。。
あれ、どこぞの人の話みたいになってきた。。。。(笑)

長いトンネルをいつ、抜けられるのかいまだわかりません。
刺さったトゲはそのまんまの気もするし。。。
迷子の仔猫、じゃなくて化け猫(笑)
月日は容赦なく過ぎますね。

光一さんだけのエンタメを心から楽しめる日が来ますように。。。

うんうん、

はじめましてです。教えていただき参りました。すべてに、うんうんとうなずきながら読ませていただきました。有吉の番組では、光一さんが迷惑をかけた後輩に謝る中、ニコニコしてる隣に、えっ?謝らないの?と思いましたよ。
光一さんの大人の対応素敵ですよね。美談にしてはいけない!そういう思いもきちんと持ち合わせている。こういう人だから好きになったわけで、だからこそ、10年目以降の不自然な不愉快なG活動の意味がわからない。
光一さんの夢が叶うよう祈りたいです。

kaitoさんお久しぶりです

久しぶりの更新の時に偶然読めた私はなんて幸運。✨
kaitoさんありがとう。

仕事をしている人ならば、38歳の一社会人がどんなものかよくご存知かと、私は思います。

光一さんは、音楽番組を観た感じ、冷静ではなかったかもですが。(笑)
今回、会社の危機に対して出来る限りの努力をし、20周年をお祝いしたいと思っているファン及び、周りの関わりある方達の気持ちを、音楽番組の出演、J-webの更新などにより一気に空気を変えて、みんなの気持ちを明るくしてくれた。(私は参加してないのですが)光一さんが頑張ってくれなかったら、みんなお祝いが気持ちよく出来なかったと思います。

方や、もう1人の方は、j-webその他インタビューでも、自分の事しか考えないんだな。って、私は感じました。仕事って意識はあるのかしら?って。

光一さん本当に尊敬してます。
今までも、これからも。❤️

「光一」って文字がないから「光一ファン」が排除されてる?「みんな」って書いてあるのに、なぜ「みんな」に「光一ファン」が含まれてないと思うのか。

そもそもつよしさんはソロ事はJ-Webに書かないし、あのタイミングで「イベント」と書いてあれば20周年のイベントのことだとファンならわかる。それを「20周年」「光一」「Gの名前」が書いてないからって、なんで「堂本光一のファンをいないものとして扱う」ことになるのか意味不明。

20周年のイベントはKinKiファンのためのもの。J-Webの日記はKinKiファンに向けてのもの。KinKiも応援してる光一ファンを(もちろんつよしファンも)廃除なんかしていない。

イベントにハナから参加しない、KinKiのファンでもない、「KinKiとつよしさんアンチの光一ソロファン」なら、結局、つよしさんともイベントとも何の関係もない人。
それを、曲解と憶測と妄想で「廃除されたー、存在を無視されたー」ってギャグですか。

kaitoさん、こんにちは。
更新、ありがとうございます。
ブログを読ませて頂いて、色々スッキリしました。

光一くんのスゴさは私たちが知っています。
そして、光一くんも私たちを信じてくれていると思います。
同じ時を生きられている事を、本当に感謝しています。
これからも光一くんだけを信じて行きます。

kaitoさん、お身体に気をつけて。
更新、待ってまーす‼︎

やるせなさ

心に沁みる更新、ありがとうございました。光一くんの孤軍奮闘でGを守る姿を見て、そして自分の事のように謝り、出演させてもらえた番組や共演者、仲間たちにずっと感謝の気持ちを伝え続けている光一くんを見て、ああ、この人はどこまでも器が大きくて本当に信頼できる人なんだなぁって再度思い知らされて・・・。でも、彼方の一部過激なファンや彼方本位の自称Gファンの人たちが「光一を非難することをGファンの中で暗黙の了解で避けてるのはおかしい」みたいな書き込みがあって「?」と思っていたら、どうも光一くんの彼方に対する配慮が足りないと。病気を発症したときに気が付いたなら何故すぐに病院に行かせなかった?人として最低だとか罵詈雑言で光一くんを叩いててすぐには理解できませんでした。あんなに頑張ってGを支えてくれた光一くんを非難するの?この人たち?って・・・でも思い出しました。以前も彼方が人間不信を吹聴して荒れていた時に「彼方がああなったのは光一のせいだ」と叩いて回ってたときと同じだなと。
そしていつも思うのは彼方ファンはいつでも光一くんにかばってもらうのが当然でそれが自分たちの期待したものでないと攻撃の矛先を光一くんに向けるんですよね。こちらは彼方に何の期待もしていないので何かあったときに到底かばってくれるとは思えないし、逆に居ないことを逆手にとって以前舞台で不在だった時に「光一はこの番組に来たくないって言ってました」ってしれっと嘘つかれて司会者がその場にいない光一くんに「じゃあ来なくていいから!」って誤解して怒ったときもヘラヘラ笑って自分の嘘を訂正しない彼方に背筋が凍ったのを思い出しました。だから光一くんの事を嫌いなのにこんなにやってもらう事を期待している彼方のファンって・・・?って理解不能でした。
kaitoさんの仰る「彼方は光一ファンをいないもとの思ってる」っていうのは頷けます。以前雑誌のインタビューで「親切にしてやったのに思ったような見返りをくれなかったから」と言う理由で誰かに対して人でなし扱いして憤ってる彼方のコメントを読みました。彼方の根底には「親切にしたら見返りもらえて当たり前」って精神がずっとあるんでしょうね。彼にとって光一ファンは自分に見返りをくれない「いらない」存在なんでしょうね。人を自分基準でいるいらないに分けれる感覚と自分自信を優しすぎるって表現できる感覚がもう理解不能ですが、私は彼方に「いらない」判定されても「そうでしょうね」としか思えないのでkaitoさんの言うように光一くんの頑張りだけを真実として受け止めますね。なんか胸のつかえが取れました。ありがとうございました。

No title

kaitoさん、更新ありがとうございます。
そして、「月光浴」ブログ開設11周年、おめでとうございます。
いつも、光ちゃんファンの最強の味方でいてくれてありがとうございます。

SMGOと張り合えるくらいの更新頻度ですが、SMGOと張り合えるくらいドストライクなタイミングで、ドストライクな言葉を発信してくださるkaitoさんにいつも心が救われています。

誰からも「いいお姑様よね」と言われる夫人による嫁いじめの譬え、上手い!!座布団10枚!!

光ちゃんファンになって20年。彼の、光ちゃんに対するリスペクトの無さに憤慨し傷つき、彼の、光ちゃんファンに対する心の無さ、光ちゃんファンに敵意さえ抱いてるのではと思わせる言動(特にコンサートでのMC)に憤慨し、傷つき……
でも、お陰で精神は鍛えられました!
「堂本光一から離れるな!」ええ離れませんとも!いえ、離れられません!!この人について行くのみです!!

20年、ただの一度も失望させられたり、裏切られたりすることなく、20年、人として、エンタテイナーとして、益々大きく成長していく過程を見続けてこられた幸せを、今、しみじみ噛み締めています。


20周年記念DVDに収録されている「KinKiKids Forever」、20年前は純粋にKinKiKidsはForeverだと信じていたのにと思うと涙が止まりませんでした。人を殴っておきながら、殴った僕の手だけが痛いと泣き喚き、殴った相手を、僕の手に痛みを与えた悪者と周りに言いふらす子供、それが彼なんだと思っています。
彼、彼ファン、Gファンの存在を意識しない訓練やってみます。

ブログ開設11年おめでとうございます

kaitoさん 

更新をありがとうございます。
 
おもわず涙がこぼれました。

光一さんファンのモヤモヤな気分の時に(楽しいこともありましたが)

kaitoさんが書いてくださって、救われました。
有難うございます。

みさです

更新ありがとうございます。
以前させて頂いた質問のご回答はいつでも構いません。お忙しいのにも関わらずご面倒をお掛けし申し訳ございません。
Kaito様は社会人としてそれなりの立場で仕事をされてる方と見受けられますので、是非とも一ビジネスマンとしての見解をお聞きしたく質問させて頂きました。
今回のブログ内容も含蓄が深く、心洗われました。ありがとうございました。

訂正

すみません、下のコメントで、20周年イベントと書きましたが、25週年です。

ありがとうございます

 ブログ更新またまた嬉しかったです。 

 今回の件、TVに多く目にすることができ、光一君が一人で出演することで人柄が普通に届けられたことは嬉しかったです。
 
 聴覚に障がいを被ったことは、音楽が好きな人には本当に辛いことだし、私も人として心配しました。お茶の間ファンやスタッフ、ファンでなくても心配した人はいるでしょう。しかしバラエティに登場した彼は、配慮の言葉がなく、心底驚きました。しかも「それほど治っていない」と心配をさらに焚きつけるようなコメントでした。事実病状は良くないんだなと思いましたが、せめて、前向きな言葉を言えなかったのか。大事なキンキのイベントにあなを空けたお詫びも言わず、どういうこと!?38歳やぞ、言えるでしょう。○○コーヒーが買えなくても(買えましたが)、そっちのが非常識じゃないの。
彼は、光一ファンどころか、世間にも興味はなくて、ひたすら自分なんだなと思ってしまいました。改めて彼の人となりを再確認させられたことが、悲しかったです。

いいたいことは、もっとありますが、kaitoさんに同調することで客観的になれました。
もちろん、光一ファンは止められません。
20周年イベントも終わりました。ソロ活動に専念していただきたいですね。
kaitoさんの更新も楽しみにしています。

災害が続いていますが、これ以上起きない事を願います。
天災は避けられませんが、減災はできるので、心がけたいですね。



No title

泣いてます。
ようやくわかってもらえてる。
もう25年KinKi を見てきました。
なんかあった時はいつもその場にいました。
そして少しずつ光ちゃんだけのフアンになって、それでもKinKi コンに行ってます。横浜にも。
彼の小さな声のありがとうは聞けました。
そして、後輩たちとの楽しい場面も沢山。
もうこれで充分だよ、光ちゃん!

私はそろそろ限界。
今日気持ちが少し晴れました。ありがとうございました。

更新ありがとうございます

お忙しい中更新ありがとうございます。

彼方さんは光一ファンをいないものとして扱っているだけじゃありません。今回の事も「即入院が必要だったのに周りがさせてくれなかった」と言ってるみたいです。彼の言う「周り」に光一さんが入ってるのかどうか分かりませんが、そうやっていつも自分のファンを煽ってます。
以前は「光一のスケジュールが先に決まって、僕が一番最後(だから思うようにソロ活動ができない)」と言って、自分のファンを焚き付けSHOCKを目の敵にさせましたよね。
彼の病欠で光一さんが頑張ったのは今回で2度目です。なのに事務所はPartyの模様をTVや雑誌で取り上げるのを封印させてるらしいです。もう彼方さんが憑いてくるKinkiはうんざりです。
でもKaitoさんの仰るように光一さんファンは辞めません。

長々と個人的な感情を吐き出してしまって申し訳ございませんでした。

ブログ開設記念日おめでとうございます

kaitoさん


今日は月光浴が生まれて11回目の誕生日ですね。まずはお祝いをさせて下さい。
ブログ開設記念日おめでとうございますv-308v-300

今日が丸11周年だとご存知だったかどうかは定かではないですが、この記念すべき日に、こうして思いをぶつけて下さったこと、本当に感謝します。
今回の一連のことはかなりデリケートな問題もあり、公に言葉を発するのはかなり躊躇いもあったかと思いますが、誤解を恐れず書かれてるのを見て(もちろん言葉選びには最大限の注意を払われていますが)、kaitoさんがある意味大きな覚悟をされたと思いました。

kaitoさんは、光一さんに関することだけじゃなく、私自身の心の在り方や人生観についても、いつも「新しい見方・捉え方」を教えてくれます。今回も大事な事に気づかせてもらいました。はい、気持ちが楽になりました。ありがとうございました。
これからも勝手に頼ってしまいますが(笑)どうぞよろしくお願いいたします。

8月に入ってますます暑い日が続いてるようですが、どうぞお身体ご自愛くださって、またこうして時々は皆さんの前に顔を見せて下さいね。
次は早めに更新して下さるとのこと。楽しみにお待ちしております。

プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR