スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spiralを鑑賞してⅣ

まだまだSpiral。今夜は1曲だけ。ウザイと思うけどよろしく~☆


★STELLAR NIGHT~星のバルコニー

この曲、吉田建さんからの、光一ファンへのプレゼントだよね(笑)
沙也加嬢とのアナ雪デュエットにインスパイアされたんだろうな、まさにミュージカルのワンシーン。しかも光一ミュージカルには出てこないような甘々な楽曲。

最初に聴いた時は笑った。建さん、堂本光一に何を言わせたいんだよ?
「愛のコトバに酔いしれながら」「僕のプリンシパル」(!!)「甘い口づけを」(赤面)よくぞ光一に言わせてくれた!あははは


さて、この曲を聴きながら、gomaと僕の間にはある論争が勃発したのである。
いわく『髪を切ったの論争』(くだらね~)

gomaは言う「髪を切ったのと言ったのはどっちだと思う?」
僕は当然「え?そりゃ彼女だろ」
「いやいや、女性は自分から髪を切ったの、なんて言わない」←マジか
「は?(なにその思い込み)」
「普通は男の方が気づいて、髪を切ったの?と訊くもんだよ」
「そうかぁ?いや僕には男が、あれ?何か変わった?って彼女を見たので、彼女が髪を切ったの…と恥ずかしそうに答えてる、というシーンが浮かぶ!」
「いやいや!第一なんで髪を切る?」
「ハァァ??」
「2人はラブラブなのに、なんで勝手に髪を切るんだよ、長い髪が好みだったかも知れないのに!」←大丈夫か
「……伸びすぎた前髪を切ったという説もある」←もはやアホ
「やだよ、勝手に髪を切る理由がない!ヘアスタイル込みで彼女が好きなのに~」(泣くな)

どうよ、このアホな会話。…ほんと申し訳ないっす。

歌う光一を見ていると、やっぱり彼女が彼を見上げながら、恥ずかしそうに「髪を切ったの」と言ったんだとしか思えないよ~そうだよね?(違う意見の人いる?)

それでもgomaは「こんなラブラブな時に髪を切るって何だよ、別れを意識してるってこと?」とモヤっておる。
「もしかして、この2人は出会って間もなくて、彼女は前の恋を忘れるという意味で髪を切ったのかも。だって”今宵始めよう”だし」
「うん…それアリかも。彼女が以前の恋と決別してくれて、今夜から2人は恋人同士になれるってことなのかな」

なんてところまで話は膨らんでいくのであった…。建さん責任とってくれ(笑)
しかし、僕もgomaも女性の髪に夢を見過ぎなんじゃなかろうか。なはは


建さんの詞、2人だけの世界を描きながら、背景は壮大だよなぁ。
この胸のコスモス(宇宙)、光る銀河に託したストーリー…こちらの勝手な想像と合致する、異星から来た王子の物語そのもの。

しかし可憐な感じの彼女も、次の歌ではワケわからん風に変身するし(笑)、全体的に「女はコワイヨ」的な流れが見える。
王子、地球に来て色っぽい彼女にも可愛い彼女にも出会ったけど、結局女はワカラン…で去っていくのかな(笑)


空中廊下が姿を現し、貴公子然とした光一が歩き始めると観客が歓喜の叫びを上げる。
これぞ、王子様の謁見である。

夢の浮橋といい、星のバルコニーといい、うまい具合に空中の花道が嵌まる曲が生まれるもんだ。

こういう一直線を歩く光一がまた素晴らしい。なかなかあの距離を一人で歩けるもんじゃないよ。これこそがプリンシパル(笑)

直線王子と呼びたい自分がいる、あの決然とした足の進め方を見ていると。あはは

甘い声で歌いながらも、貴族的な無頓着さでサクサクと歩く光一。
アイドルのコンサートではない、一瞬も気を抜かずに曲中の人物を演じ切るエンターテイナーのステージだ。
それが架空の誰かではなく、光一自身の血肉を通わせた人物だから、僕らは魅了され続けるのだ。


天空も銀河と化し、流れ星の軌跡のように青いラインが浮かび、会場は光に満たされる。ここでは観客の持つペンライトがコンサートのワンピース。上も下もない宇宙の星のひとつとなる。

まあ、ここで僕は思うわけだ、このワンシーンにかかった費用とんでもないぞ、と。横アリの天井にKDマークを設置し、星屑を張り巡らす手間も含め、妥協しない光一のステージに僕らは慣れてはいけない。星空くらい当たり前、なんて思ったらバチがあたる。

ソロでここまでの演出を可能にする光一を誇りに思う、その気持ちで一杯になる。



光一界隈では何かと疑問に思えることも多いし、時には理不尽を感じることも起こるけれど、それでも、これだけのソロコンサートを実現できる人が、あの事務所とはいえ何人いるだろう?

光一は紛れもなく、事務所の稼ぎ頭の一人であることは間違いない。
ソロは気ままにやると言うが、いざ準備にかかると、相当な費用を投入してもらえる存在。

ファンの目には何かと不自由に見えるけれど、その一方で、ものづくりに関してはかなりの裁量権を持っているのも確かだ。
あの事務所において、いかに特別な存在か。それはこの映像を見ても分かる。

光一が凄いので当たり前に思ってしまうけれど、昨今の音楽不況の中で、この規模のコンサートをやれること自体、どんなに稀有なことか。

個人的な気持ちとしては、これだけのコンサートをやらせてくれる事務所が、光一を尊重していないとは思わない。
ただ色んな意味でのバランスが、光一を取り巻く状況を複雑にするのだと。


とにかく、光一には思う存分のソロワークをしてほしい。
やりたいことはソロでやる、という言葉の意味を見失いたくない。


ファンは「誰でもそうであるように、光一の時間にも限りがある。いつまでも踊れるわけではないから、今は堂本光一を100%生かせる仕事…踊って歌う、表現者としての仕事だけをしてほしい。光一に相応しいクオリティの高い仕事だけを。」と望んでいる。

光一に、やらねばならない仕事が他にもあるとして、それがなんだ(笑)
僕自身は光一の最高のソロワークを渇望するのだから、それを要望し続けるだけだ。

他の仕事に対して不満を言うより、ファンの願いを届けること。それに尽きる。
ファンの強い願いがあれば、必ず光一の背中を押す要素になる。


ひとつの企業と同じほどのものを抱えている光一。彼の肩にかかる責任の重さを思うと、僕は粛然とする。光一に余計な負担はかけたくない。ただファンとして願い、応援し、彼のやりたいことを支える。それだけだ。


映像の感想から外れてしまったかな、申し訳ない。

僕は光一のソロデビューとともにブログを始めた人間なので、光一のソロワークだけを追いかける。それを改めて決意表明(笑)したくなったのだ。

追いかけるなら美しいもの、清らかなものの背中を。
濁ったもの、雑味のあるものはいらない。

堂本光一という表現者が好きなのだから、彼の輝きだけを浴びたい。
そのためにできることをやろう、誇り高く晴れやかな気持ちで。


ではでは、また。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

kaitoさんへ

kaitoさん、こんばんは。

『Spiral』鑑賞記、続き更新ありがとうございます。
ちょっと調子よくなくて、月光浴しに訪れること自体お休みしてて、
お礼を伝えるのが遅くなって、すみません<(_ _*)>

『7月12日』
光一さん、ソロデビュー記念日です。

Twitterの方で、出来る範囲で少しでも感謝の気持ちを届けたいと、
創意工夫し、真っ直ぐに頑張って下さってる方をお見かけしました。

毎度m(_ _)mお忙しいのを、身勝手を承知で、
kaitoさんに相談です。

今日、明日=記念日前夜祭、当日、
J-webやJ-net等、公式の問い合わせフォームから、
光一さんへの感謝の気持ち、KDミュージックが大好き♪から派生した想いとして
SMGO更新して頂けたら嬉しいです。的な問い合わせ?(←ちと強引?^_^;)
ただ真っ直ぐに、伝えてみたらどうでしょうか?

同時期、ある程度、纏まった数であれば、スタッフさんへのほんの少しでもインパクト、
どうかな…?

常日頃、私が、光一さんに望むのは、心身共に健やかでいて下さることだけ。
なので、SMGOの更新を望むのは、(私的には、)少し心苦しいのですが…。

ただ、今、痛感する、もしかしたら、今年、堂本光一個人としての活動は、
舞台以外、全くないかもしれないからこそ、昨年、命懸けくらいに見えた
『Spiral』ツアーを組み込んで下さったのかなぁ…?

記念日が近づき、(Twitterは、怖くてやってないので、でも、)
何か出来ないかな?と、ないない尽くしの(あるのは熱意のみヽ(^.^;)
怪獣おばさんなりに懸命に考え、アドバイス頂けたら…と。

いつも頼ってばかりで、申し訳ありませんm(_ _)m

(記事への感想、改めてパワーチャージ出来たら、駄文トライするかも…?^_^;)



光一さんだから表現できる世界

kaitoさん、渾身の第三弾、第四弾、ありがとうございました!

DEAD ENDからの流れは一種背徳的な雰囲気も漂わせ、観るものを引き込まずにはおかないですね!この衣装がまた素晴らしく似合ってますよね。野生味と気品との絶妙なバランス!大好きです!(笑)

SHOW ME UR MONSTERを表現するkaitoさんの文章がまた素晴らしいですねー!
実年齢は数百歳の少年ヴァンパイアのよう?・・・金髪碧眼の?

Bongo Drumの意味を教えて下さってありがとうございます。本当に、歌詞も照明も振り付けも熱くむせ返るようですね。この振り付けはクセになりました。セクシーな腰使いも素敵なんですが(笑)、片足で後ずさるところとか、オールを漕ぐような腕の動きもカッコイイ!
重低音?部分の時に照明はゴールドに変わるんですよね。とてもラテンの熱風を感じます。


kaitoさんとgomaさんの女性の髪型談義が楽しいです。
私は、gomaさんの意見も一理あるけど、これはkaitoさんの意見が合ってるかなと。

女性は、人によりけりだとは思いますが、今現在付き合っている男性の好みをそれとなく察知して、それに近づけようと努力すると思うんですよね・・・。

多分、今の彼は、短い髪が好みなんじゃないかしら?そんな気がしました。

光一さんのソロワークの無い世界なんて、考えられません!

kaitoさん、どうか続きをよろしくお願いします。

No title

kaitoさん  こんにちは

感想をありがとうございます。読ませて頂きながらBDを何回も観て
解説が素晴らしくて、とても良く分かり助かっています、
本当にありがとうございます。

次は “~星のバルコニー~”と楽しみにお待ちしておりました。

衣装も王子さまで格好よくてうっとり…です。

空が真っ暗から始まり「あなただけを~♪」で満天の星になって
「コスモス」で三つの輪だけで宇宙を表しているのかなぁーと思っていました…あってましたね、うれしい~~。

すべてが歌詞と合わせていて凄い、
光一さんの演出は素晴らしいですね。


gomaさんとの会話『髪を切ったの論争』面白い~。私の思っていたのは

王子が「髪を切ったの?」と聞いて、少し切っただけなのに気が付いて
くれたのが嬉しくて、“恥ずかしそうに僕を見上げる“なのかしらと感じておりましたが、  分からなくなりました。

女性は男性からチョットした事でも、褒めてもらったり、気づいてくれたら
嬉しいでしょうね、     私は昔過ぎて忘れましたけど。。。。。

では~では~。

色々……

え~と😅 いろんな経験をしたからこその 今の光ちゃん Spiralの光ちゃんがいる訳で それまでの経験のなかで何か一つでも欠けていたら あのクオリティでは無かったと思う。
お仕事だから自分のやりたいことだけ出来る人なんてそうそう!そうそういないでしょう。
たとえそれが 元々一人でやって来たとしても皆色んな事と折り合いを付けながらお仕事してるはずです。
…意味不明になってきましたが、兎に角いろんな事を経験してきた、乗り越えてきた、光ちゃんが 常に今の光ちゃんが好きです😊

更新ありがとうございます。

本当にkaitoさんのおっしゃる通りだと思います。
事務所内での光一さんの立ち位置は、寧ろ、マッチさん、東山さんに続いての三番目にあると思われ、かなり優遇されていると見ています。
ただ、光一さんは昔気質の律儀な人だから、グループファンのことも考えるんでしょうね。
私は、グループのデビュー前からの光一さんファンなので、それこそ、グループも応援していましたから、お隣さんの勝手な言動に振り回される光一さんを何度も目にしてきました。それでも、たまには、彼が光一さんの支えとなっていたこともある訳で、その狭間で複雑な感情を抱いていました。お隣さんさえ少し心を入れ替えればグループも何とかなるのに…と。今では諦めて、グループものには興味がなくなりましたがね。こうなるまでには、随分時間がかかりました。
私も、光一さんの妥協のない澄んだソロの世界が大好きです。
光一さんの背中が押せるように、不満は置いといて要望だけをしようと思います。
でも、きっと光一さんは全部わかっていると思います。この現状を。そして、次に向かって進めてくださっていると思っています。
しかし、男性にとって、髪を切ったって、本当に大事件なんですね。この歌を丁寧に歌う光一さんが素敵でした。私は、彼女が言ったセリフだと思っていました。女性は、男性に会うために、おめかししたくて髪を切ることだってありますよ。長い髪をバッサリとは違って、見た目あんましわからない程度に。
これからも、このブログの更新を楽しみにしています。
いつも素敵な感想、私たちの想いを文字にしてくださってありがとうごさいます。
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。