スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spiralを鑑賞して Ⅱ

SpiralコンBD感想の続きを。
いつまで続くのか…お付き合いくだされば幸いですが…。
あ、もちろん、あくまで僕個人の偏見と妄想に満ち満ちた感想であること、一面的な印象でしかないことをご承知置きくだされ。


★INTERACTIONAL

宇宙船から地上に降り立った王子、その導入部が終わり、いよいよ地球上の旅が始まる。
クールでカッコいいオトナの世界に足を踏み入れる王子(笑)

まずは、アルバム『Spiral』のメインと言っていい曲から。

イントロで曲とダンサーのカッコ良さを見せつける。
中でも惚れ惚れしてしまうのは赤マリ姐さん。何とまあ、色艶のあるダンサーだろう。

彼女と光一ほどバランスのいい組み合わせはないと思う。戦友同士の仲だからだろうか。赤マリさんのしっとりしつつ凛とした風情が、光一とよく似合うからなのか。
これからも色んなステージで、共演を見せてほしいと願う。赤マリさん、生涯現役で頼みます!

ひゅ〜ダンサーかっけ〜(心の声)なんて見惚れていると、ガツンと王子登場、全てを奪ってく。
なんなんすか、殺す気ですか、どうして美貌を隠す帽子被ってるのに「あ、すげぇ美人が来た!」な空気になるんすか。←goma錯乱

MJリスペクトな演出で始まる歌とダンス。

何度かのTV披露で観た以上に洗練され、光一のものになっているダンスが麗しい。
YOSHIEさんの振りが見事に生きて、僕らにも新しい世界を見せてくれた。

この曲を選び、世界観をまとめるために錦織さんに相談した光一。すぐさまYOSHIEさんを紹介した錦織さん。3人の天才が寄ると、こんなことが実現できるのか、という見本。


どっぷりと愛に溺れている、かなりエロい歌詞なんだけれど、よく読むと、その愛の時間はつかの間であり、いつも側にいられる相手でもなく、切ない別れが待っている間柄であることがわかる。曲もまた沁みるように切ないのだ。

この曲がステージ構成の中心軸にあることが、ステージに漂う「切なさ」の源泉になっている。
2度、3度と繰り返される「INTERACTIONAL」を聴くたびに、ああ別れが近づいてくる…と僕ら(2時間半だけの恋人)は思い知らされ、覚悟を決めるのだ。

知らないうちに、別れを察して覚悟を決める恋人になるよう、我々は導かれている。ヒドイよ、王子(泣)
異星から来た王子の、悲しい思いやり。出逢った時から約束された別れを、さり気なくインプットするメイン曲なんだなぁと思う。


★Knocked me down

酩酊感の強い曲を、さらに酔わせる演出。
アルバムで聴いた時は、何と難しい曲かと。これを歌いこなす光一が凄い。

光一は手先が不器用そう(笑)で、そこが逆に色っぽい。
帽子を滑る指が女性を知り始めた若者ってイメージで、いや〜たまらん!

地球の女性達に魅了されていく王子。
赤い照明の中、青いドレスは隠微である。
また赤マリさんのエロッぷりに倒れかかる(こら)

男と女を表すダンサー達と、異星人らしい(笑)中性的な光一の対比が面白い。ここではまだ王子は傍観者なんだなと思う。


★Come closer

LEDを使いこなすチーム光一最高か。大空間ならではの面白さ。

背景と一体化したダンサーが文句なく格好良く、彼らを魅力的に見せたい演出家・光一の目線に感動する。
こんなにダンサーに光を当て、いい意味で彼らを酷使することで輝かせる、光一の方法論の元に生まれる緊張感が、チーム光一のライブを比類なきクオリティにしているのだと思う。
みんな、大変そうだもん(笑)、あり得ないほど踊ってるもん、前にいる光一がやるから。

ボロボロになった先にあるものが、彼らを輝かせてやまない。
それを見せて貰える幸せに、こちらもアツくなるのだ。


★Night Wanderer

アルバムで聴いた時から、光一ファンへの応援歌(笑)みたいに感じた曲。

イントロからメロディが好きでたまらないし、白井氏が乗せてくれた歌詞が心に優しく刺さる。
「不確かな未来も 側にいるから」
「不安と不満がその心 覆い尽くすというのなら今 この手で全てを振り払い 君を導く光になろう」
「光の方へ」
この詞に泣かぬ光一ファンはいないだろう。

堂本光一という人は、この曲のままに、ファンの導き手でありナビゲーター、守り人だと。
彼が「僕を信じろ、僕の愛を信じろ」と言うのだから、それ以外何もいらない。
歌声にこもる誠実さが、裏切ることのない人だと改めて教えてくれる。

ライトセーバー(笑)をかざして、僕らを守る戦士。
他の星から来た王子、その本質は戦士であり守り人。誰かを守ろうとする時、彼は最も静かに厳か(おごそか)になるのだ。


え~と、この曲で謎なのは、最初の女性陣のポーズ。僕はかなり前の席で、後ろ側からあの足揚げポーズを見たのだが、何のプレイが始まったかと目を疑った(笑)
相変わらず光一しか見えてないgomaに言っても話が通じないので、一人悶々と。

う〜ん、アレは何だったの?(笑)
光一王子が歩いて行く先で、あの格好で待つって…ヤバくね?何してほしいんだよ〜!(こらこら)

でもサラッとスルー気味な光一に笑ったけど。あははは

いや〜シュールな演出だった。



今夜はこの辺で。…いつになったら終わるのか?(笑)
とはいえ、じっくりゆっくり『Spiral』の渦に酔いしれる日々が甘やかでクセになる。光一スタッフの思うツボだね。

本当に素晴らしい映像化に感謝!
そして、僕のアホな感想に感想を寄せてくれる皆さんに感謝!!

ではでは、またね〜。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すべてを輝かせる

kaitoさん、感想第二弾ありがとうございます!

kaitoさんの感想を読んでから映像を観ると、更に新たな発見があり、新鮮な気持ちで映像を楽しむことができます。
また、kaitoさん目線がとても楽しいです。

Night Wandererの演出がいろんな意味で衝撃的だった件!
足を上げて絡ませる演出は、冷静に考えると暗闇でもがいてる意味かなと。でも、確かに最初、え、いいの!?と焦りましたよ。(笑)

光一さんとダンサーさんとのライトセーバーの演出はとてもカッコイイですねー!ピアノを弾くような指使いもいい!あれは映像化されたからこそ発見できたんですね~。

赤マリさん始め、女性ダンサーさんの容姿、目力、気迫がものすごく、皆さん極限まで出し尽くしておられるなと。

そして、その中で一見華奢に見える光一さんの輝きがすごい!どこまでも踊りながら歌うのですね!滴る汗が、その凄まじさを物語っていますね。

kaitoさん、まだまだ萌え場面がありますので、どうかよろしくお願いします~。
ファイト!


(ごめんなさい。)

想い、渦巻く…。

kaitoさん、鑑賞記続き、お忙しい中、直ぐに更新して下さって、
ありがとうございます\(^o^)/
(駄文連投、ごめんなさい。)


↓以下、kaitoさんの言葉、いっぱい引用させて頂きます<(_ _*)>

>『最初から幸せで、最初から切ない。それが堂本光一のステージだ。』

★INTERACTIONAL
>この曲がステージ構成の中心軸にあることが、ステージに漂う「切なさ」の源泉になっている。

繰り返し歌われる「♪別れ際は、きっと切ない…」
私が感じた(心の奥底が、そっと締め付けられるような)全編に漂う
切なさの答えがやっと見つかりました(嬉)。
ありがとうございます(*^^*)


★Night Wanderer
>え~と、この曲で謎なのは、最初の女性陣のポーズ。・・・中略・・・
光一王子が歩いて行く先で、あの格好で待つって…ヤバくね?

爆笑(≧▽≦)
kaitoさん、健全男子( ̄∇ ̄)w
おばちゃん、初見時、「いっ、犬神家…?」と思ったことは、内緒(^o^;


kaitoさん、ゆっくり、少しずつで全然いいので、
どうか、どうか、鑑賞記、
「現実に戻れよ。」
「じゃあな。」
「さよーなら( ^o^)ノ」
まで、書いて下さいますように。切に。切に。
m(_ _)m


ありがとう 感謝感激です

kaitoさん ありがとうございます

宇宙船から降りた王子、光一の光の中に!夢だったのか…
kaitoさんの素晴らしい言葉達…を胸に Spiralを リピートします。

同じく光一さんしか 見てない私⇒ ダンサーにも 目を向け
あの空間⇒光の世界に心を委ねよう

有難う!! また次を待っています
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。