Endless SHOCK 梅芸公演


夕方、出先から戻るなり「福山雅治と千原ジュニアが結婚したんだって〜!」と声をかけられ(ユルい職場だ)しばし呆然……えええっまさかあの2人がっ?そっち系だったの?でも結婚って?!

すぐに事態を正しく把握、ホッとしたけどさ。人騒がせはやめてくれい。


あーあ、いつの日か光一にもこんな瞬間が来るのかね?ヤダヤダ(笑)
ファンの阿鼻叫喚を思って凹むよ。
素直に喜んであげる人もいるだろうけど。

今のところ僕自身は結婚願望ゼロ派だし、光一も結婚的な幸せ要らないんじゃね?と思ってるけど…まだまだ結婚=家族づくり=幸せの継続、みたいな幻想(おい)あるんだろうな〜。


何もかも手に入れる人生なんてない、大がつくスターなら何かを犠牲にして当然と思ってる自分はちょっとブラックだな〜としばし自己嫌悪。

スーパームーンに叫ぶ狼男の気分!(笑)



ま、そんなことはともかく。
梅芸千穐楽を前に、観劇した時の感想を書いておきたい。

今回は初日開いてすぐの観劇だった。


梅芸って暑くない?2階席だと特に。
出演者はさぞ暑かろうと思うと、光一も初演の後で舞台袖の空調を工夫してもらったとは言ってたけど、全体的な空調の改善を望みたいなぁ。


いくつか台詞が変わったり省略されていたが、なぜか全体の時間は短縮されてない印象。
どして?(笑)博多座で確認しよ。


2回観劇したうちの1回は2階席の後方。ステージ全体の動きがよく分かる。
gomaは初めて全体が目に入ったらしく『SOLITARY』を観ながら「こんな大勢で踊ってたんだ…」とつぶやきやがった!(笑)

お前は…マジでダンサーさん達に土下座しろっ。

フォーメーションの見事さに今さらながら感心するgoma。あははは
後で詳しく聞いたら、今まで真っ暗な舞台に光一ひとりが立って踊ってたイメージだったんだと。
あのシーンの意味は!ウチの出とちりは!どうなんだよぉ。
何回観てるんだよ〜と泣いたよ僕は。はぁぁ。


初出演にして初日を迎えたばかりとは思えない完成度だったのが、リカとカイト。
(カイトって呼ばれるたびにズルッとなる僕であった…すみません松倉くん!)

両者とも素晴らしい出来だった。

リカは実力がある人だな、と。
実力がありながら、リカは実力だけでこなせる役ではないと理解し、魂で表現することに挑戦している気概を感じた。
コウイチが入院していた1年間で大人にならざるを得なかったリカを、彼女は感じさせてくれた。

リカの出来がいいと、グッと舞台が立ってくるんだな〜。
ま、相変わらずオープニングの衣装は気にいらんけど(笑)
だから小柄な女性に黒ドレス黒タイツはやめてあげてよ…隣に立つのが同じく黒ロングドレスのビバリさんなので、罰ゲームとしか(すんません)

なんで可愛いらしい衣装にしないのか、理解できなくてツライっす。

瑣末ではあるけど、ヒロインが魅力的に見えることって大事だと思うんだけどな。


カイトは、若き実力者だね。
先輩に混じって遜色ないダンス。殺陣シーンの演技も立派。

松倉と諸星がガンガン系、野澤と孝良は大きいけど癒し系。
諸星はハツラツとした動きで魅せるし、表情の豊かさも素晴らしい。
それについて行く感じの松倉。
透明感とともにヤル気満々な姿がカッコいい。

今回、特に目を見張ったのは孝良の表情。
イキイキと明るく、一皮むけた印象。すごく自分を出していた。
彼が舞台で生きている姿、実に魅力的だと思った。
半年でここまで成長できる孝良に大拍手!

野澤も演技力、ダンスの表現力がぐんと増してた。
彼の笑顔には、思わずこっちも笑顔になるような愛嬌がある。
和やかな持ち味の彼が、殺陣では階段上から撃たれたコウイチを見下ろし「終わったな!」と憎々しく言い放つ台詞もよかった。

4人のJrが力をつけ、立派にSHOCKを支えている。
彼らに心から拍手を送った。


松崎と辰巳は個々の魅力を増して来たが、僕が見た時点では、まだまだ役の個性が立っていなかった気がした。

なんだろう、マツとタツミの役柄の違いが明確でないような感じ。
2人の性格やコウイチ、ウチやリカへの思いの違いなど、もっとハッキリ区別した方が、役が際立つのではないか。

2人ともダンスでの色気が冴え、女性との絡みも上手い。

僕は松崎を見てると、大人の恋愛物とか似合いそうだな〜と(笑)イジられ担当になってるけど、シリアスな芝居もできる人だと思っている。

辰巳は細かな芝居も工夫し、舞台を支えようという意識を感じる。

ふぉ〜ゆ〜からの2人、彼らがいなければ成り立たない舞台。
だからこそ観る目も厳しくなってしまうけど、確かなダンスの実力に触れると、何と素晴らしい2人(4人)だと感動するのだ。

端正でキチッとした、それでいて艶のある彼らのダンス。
光一とのシンクロ率もSHOCKの醍醐味のひとつ。

後輩、というより光一のライバルになり得るメンバーとして、もっと貪欲であってほしいと願う。


内は、泣かせる芝居が実に上手い。
彼ならではの弱さと可愛さの表現に、劇場全体が揺さぶられる。
コウイチに甘え、認められたいのに追いつけないジレンマ…見事にウチを表現して余りある演技。

本当に素晴らしいのだが、芝居に秀でているからヨシ、とはいかないのがSHOCKのツライところ(笑)

ダンスだなぁ、内の課題は。←今さら言う(笑)
ダンスそのものというより、体幹の訓練がまだ足りてない感じ。

光一もふぉ~ゆ~も、キリリと締まったダンスができるのは、体幹のブレが少ないから。
自分を苛めて苛め抜いて踊り倒して、ようやく手に入れることができる踊れるカラダ。
内も、そこを目指せないだろうか。

ダンサーになる気はないだろう、SHOCKにおける自分の役割もダンスとは思ってないかもしれない、でも、素人の僕には勿体無くてたまらない。

堂本光一と2人で踊れる、そんな役なんだよ。

数年後にはもう無理かもしれない、そんなダンスを踊れる時に、最大限の準備をして臨んでほしいと、絶対に光一と踊れない僕は思う(笑)

余計なことだけど、ダンスがキレッキレに見えるのは、「止め」がくっきりしてるから。
的確な位置に的確に止める。一瞬であっても決して動かない、動きを流さない。
それができるのはブレない体幹があってこそ。

内の表現するウチが素晴らしいゆえに、ウチのダンスもSHOCKの中で輝いてほしい!と願うのだ。


ビバリオーナー。

気高く、優しく、美しいオーナー。
SHOCKを一段と高みへ導いてくれた存在感に、感謝しかない。

急遽代役を務めてくれている植草オーナーにも、ビバリオーナーが作り上げた思いの深さが継承されていることと信じる。

SHOCKに関わる人は進化を続けるのだな〜と、今回のビバリオーナーの姿に改めて感じた。

どうか来年、帰って来てほしい。ビバリオーナーを心から待つ。


堂本光一。

観るたび歌もダンスも表現力を増し、感動が深まる。こんな人、他に知らないよ。
共演者がみんなしてモンスターだと言うけど、本当にモンスターだよ(笑)


あの事故を乗り越えた座長。

LEDの機構が天井のレーンで動く吊り物になってた。薄い紗幕のような素材に見えた。
それを見た時、泣けた。スタッフの努力と矜持に。それを支えた座長に。

新しい道を切り開いた座長とスタッフ。信頼関係がSHOCKをまた進化させたのだ。


楽屋シーンのウチとの掛け合い、コウイチの歌声の素晴らしさ!台詞のように歌うことがこんなに上手いなんて。
オペレッタやってくれ!と思わず叫んだ(笑)


光一が作り、魂を込め、磨き上げた Endless SHOCK という作品のパワーは凄まじい。
舞台上から放たれ届く熱量が、期待に満ち爛々としている客席の熱量を上回る、稀有な作品。
板の上も下もこんなに熱い舞台が他にあるだろうか。
上と下との共同作業でもある、この舞台の15年に渡る成功は。


あらゆる素晴らしさの中で、今回も思わず見惚れたのは、Ikkiさんの太鼓だ。

特に殺陣シーン終盤、短時間だけ素手で叩く太鼓に魅了される。
まるで女性を抱くように。慈しむように撫で、哀しい音を奏でるIkkiさんに震える。

直さんとIkkiさん、この音の贅沢な競演もSHOCKの宝だと改めて思う。


生の音楽の力を信じている光一。
何も語らないで、ただ舞台に詰め込んで、知らないうちに僕ら観客を引き上げて来たのが光一だ。


ただ無言で観客を導いて来た座長に、感謝と称賛の拍手を。何度でも。僕が幸せに慣れ過ぎないように。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

kaitoさんへ

お忙しい中、きちんとblog管理してくださって、ありがとうございます。

いつ伺っても、静かに穏やかに佇む『月光浴』に、ほっとします。

ここ最近の、微笑ましい長瀬くんとのツーショに、私(*^_^*)
こうちゃん、ここまで(*⌒▽⌒*)くしゃくしゃに笑えるのね♪カワユス☆

ウチくんちにおじゃましたら、ここにも、これでもかってくらい、
可愛らし(かいらし)こうちゃんがヽ(´▽`*)ゝ
内くん、いつもありがとね~

いつも通り、いままで通り、
応援がんばるのp(^_^)q


大雪で、各地様々な影響や被害が出ています。
kaitoさん、月光浴に集われる皆様、
どうぞお気をつけて。
これからますます寒さも増します。
ご自愛くださいね。



お元気ですか?

お忙しいと思いますが、元気で過ごされていますか?今日は、穏やかに過ごせそうになくて来てしまいました。

No title

kaitoさん こんばんは
書き込みはしていませんでしたが,ここを見るのが楽しみでした。
最近はあまり更新ないので海外にでも行ったのかなと勝手に思っています。
光一さんの本も出ますね。時間がとれるようになったらまた
楽しいコメント期待しています。

No title

kaitoさ~ん。

元気ですか?

kaitoさん、こんにちは。
日経エンタをもうごらんになりましたでしょうか?

光一さんが森光子さんから授かった、たくさんの素晴らしい心の贈り物について語ってくれてます。

もうもう感動ものですよ!
森光子さんの偉大さもさることながら、光一さんの心の中にある、人への感受性の豊かさに、深い感銘を受けました。

光一さんの中に、こんなに澄んだ美しい泉が隠されてることが、そしてそれに触れることができたことが、ファンとしてこの上ない幸せです。

フフッ。

夢はずっと続くと・・・

kaitoさん、無事に千秋楽の幕が下りましたね…。
今年は、光一さんとカンパニーにとって、いつも以上に試練の年だったのではないでしょうか・・・?
でも、最後まで走り続けました・・・。その姿に、勇気と希望をもらった一ファンです。決してあきらめず、人を責めず、道を模索し、前進していく。
時には、匍匐前進しながら・・・。
まるで、山あり谷ありの人生のように。
その無言のメッセージを胸に刻みつつ…感謝の気持ちを伝えたいです。
ありがとう、光一さん!カンパニー!
kaitoさん、今年は観劇がかないませんでしたが、kaitoさんのいきいきした文章に、SHOCKの様子をうかがい知ることができました。とっても嬉しかったです。ありがとうございました!
これからも、更新楽しみにしています。

梅芸

kaitoさんいつもいつも同じ思いで共感する事ばかりです。
梅芸でのMy初日は17日夜公演1.300回、美波里オーナー最後の公演でした。Twitterで肩を骨折と知っていたものの、いつもの笑顔での美波里オーナーにまったくそんな深刻な事と思わず舞台はいつもと同じように進行していきました。
そして最後の挨拶の時に座長から残念なお知らせが美波里さんからと・・・「この舞台のグレードを落としたくないので、治療に専念しようと思います」との言葉、言葉を詰まらせる場面も・・半端ない痛みもあったでしょう、衣装替えも簡単では無かったはず・・・その中で昼夜公演をキャストのみなさまと乗り越えたひとつひとつの様子はちゃんと見えてました。
本当に光一さん筆頭にSHOCKキャストの絆は強固だとあらためて感じる公演でした。
kaitoさん博多座の観劇はされるんでしょうか?私は月末29日から観劇します。また進化したSHOCKが見れると思うと楽しみです。最後になりましたが美波里オーナーが復帰される日を心からお待ちしています。
あっ、我が師匠日野一輝さんの事を書いて頂きありがとうございました。博多座の殺陣のシーンでも初めて華を添え迫力ある和太鼓の演奏が実現しました。もし博多座観劇の時はまた違うJapanesque感じて下さいね。

千秋楽観てきました!!

光ちゃんがはじめて刀を受けとる時に落としてしまいました…
以前に博多で夜の海で転び堂本こけいちです!!と言ってた光ちゃんを思いだしました…
あの時もかいとさんは入っていてブログに書いていましたよね!!
あの時を思いだしました!! マイクに入るぐらい咳き込んでいて、高音をだすのが辛そうで、疲れてるんだろうと観てるのも辛かった…
でもそれからの殺陣はすごかったです
迫力が声が胸に迫り、まさにコウイチでした
光ちゃんはやっぱりコウイチになりきっていて殺陣のシーンだけで涙が溢れてきて嗚咽をおさえるのが大変でした!!
最後の挨拶でも、声を聞いて解ると思いますが
今自分にできるベストをつくしました!!というようなことを淡々と話していました(涙)

No title

こんにちは!
いつも読ませていただいています。
本当によ~く観ていらして、
深い洞察力と文章力には、感心、感服!です。
楽しみにしています。
ありがとうございます。💗💗

No title

kaitoさん kaitoさん
nanana nanana bongoってたらいつの間にかに10月です(゚Д゚;)

博雅な光一さん、浴衣な光一さん、ひまわりな光一さん、
久々Jフレの中の光一さん、、、ほか諸々どれだけ私の心を掻き乱してくれれば気が済むのか、この可愛い過ぎる36歳は!!

そして座長の光一さん大阪が終わりましたね。

今年は本当に色々なこーさんを観させて堪能させて貰ったなぁって、あの人の引き出しは∞なの?

一つ一つのkaitoさんの感想を読みながら共感できる幸せを噛み締めてます
(^_-)-☆

まだまだ博多、Kinkiコンと年末の歌特番?他にも何かあるのかな?

私の周りでも風邪の人増えてます、kaitoさんも気を付けてね。

楽前

kaitoさん、
感想ありがとうございます。ゴマさんとのやり取りが見えそうです。
今日、楽前を見てまいりました。19日に植草さん2日目を見たときは、緊張がこちらにも伝わってきそうで、どきどきしながら見ていました。植草さんもかなりカミカミで、心の中でたぶん、みなさん、がんばれ~ってエールを送っていたと思います。26日は植草さん、落ち着かれてたのですが、光一君がかなりの鼻声、せき込む時もあって、Horizonのフレーズ歌わないところもあったりして、心配しました。高音部分では何とか喉を開こうってしているのではないかと感じられました。
そして今日は、植草さん、安定してました。光一君の声も少し鼻声が残っていましたが、ほぼ復活、明日の楽に向かって行ってくれると思います。
植草さんのオーナーは前田オーナーの雰囲気を踏襲しようとしているように思えました。彼女の作った場を壊さないようにしているような気がします。
歌が美波里さんのキーなので、植草さんには少ししんどそうでしたが、何とかこなしてくださってました。
私は何とか博多1回行けますので、どう変化していくか見届けたいと思います。
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR