I'm tryin' to get over you … 無理!


この夏の過激な暑さはSpiral熱だったのか。

オーラス終了後、急に秋が迫ってきた気がする。


いよいよ梅芸『SHOCK』と『陰陽師』の9月だ!

しかし、まだ胸に渦を巻く夏のSpiralな思い出…


『Spiral』コンのレポや感想を送ってくれたみんな、本当にありがとう!
拍手コメントで熱烈レポを読ませてくれた人も、ありがとう!

やっぱりさ、喜びを共有する以上の幸せはないね。
自分一人の喜びは、それはそれで強烈な快感だけど、どこか切ない。
みんなが同じように感じていたんだと知る、それもファンの醍醐味。


僕が参加できた福岡コンは、博多座奥様・お嬢様メインで暴言への免疫がない(ほんとかぁ)と光一は思ったようで、優しい言葉が多かった気がするな〜。

‘’2時間半だけの彼女‘’発言を「みんなが喜んでくれたから」と、言うはずのないド本音をつい口にしてアセってた。あはは

なんだあの可愛いお兄ちゃん(笑)

みんなが喜んでくれるってことだけを考えてるくせに。
観客を喜ばせるために、自分は死にそうになってるくせに。

ソロは勝手気ままに、と言いながら、ファンにあそこまで捧げ尽くすパフォーマー。

とことん誠実なんだよね、ファンにも自分にも。


ひとつ気になったのは、開始前とアンコールの手拍子(?)

「こうちゃん、パンパン!」コールが非常に曖昧なものになり…「こうちゃん」が消えたカタチの微妙なコールが。

う〜ん、なんかツラかったぞ。

ソロコンのシャープで神秘的な世界観に誘われる前に「こうちゃん、パンパン!」は…僕は似合わない気がするので、開始前コールは無くてもいいんじゃないかと思ってる。

でも光一は「急かされてる感じが苦手」というニュアンスで言っただけじゃなかったか?
「こうちゃん」を止めてくれ、とは言ってない気がする。

だから、本当は何か最適なコトバがないかな〜とは思うけど、アンコール時は「こうちゃん、パンパン!」を全力の大音量で熱く熱くコールするのがベターじゃないかと。

そしてさ、これは揃うことが肝心。

会場が一体となってコールすれば、必ず揃っていく。

福岡でも、ダブルアンコールのコールはみんなの気持ちが「ありがとう!」という思いでひとつになり、途中からキレイに揃って聴こえた。
再度のアンコールは叶わなかったけれど、ファンはファンの心を示し切って悔いなし!だったと思う。


ファンの配慮も、行き過ぎると奇妙なものになりかねない。

こうちゃんなんだからこうちゃんて呼ぶ!
だってこうちゃんだもん!!
でいいんじゃね?(笑)

本当にさ、光一王子で時に王様、あるいは皇帝陛下な兄さん…いや兄上だけどさ、「こうちゃん」としか呼べない部分を確かに持ってる人だもんな。

若い頃より「こうちゃん」だよね、最近ますます(笑)


誰かが決定版のコールを発明するまで(笑)は、「こうちゃん、パンパン!」を、ちんたらじゃなく(ここ大事)全力コールしようじゃないか!と呼びかけたい僕なのである。

オッサン声が混じってても、気にしないでくれ!(笑)


福岡コンで一番胸に残った言葉は、『僕はみんなの心の中の、永遠のアイドルでいたい』と言ってくれたこと。

唯一無二の舞台人で、才能溢れる音楽人で、演出家としても高い評価を受けている人が、アーティストでも芸術家でもなく、アイドルでいたいと。

光一が言うアイドルと、世間一般が思うアイドルの落差に、僕は光一の魂を感じる。

『この仕事に誇りを持っている』とも言っていた。

アイドルを馬鹿にした意味で使う人もいる。だが、光一は自分のやってきた、やっている仕事に誇りと自信があるゆえに、アイドルという言葉を最善の意味で用いている。

アイドルとは、至高の存在なのだ。
我が魂の、永遠の憧れ。遠い空の彼方で輝き続ける星。
その星がこの胸の湖に映って、愛しく切ない宝物となる。


光一がアイルトン・セナを胸に抱くような思いで、僕も光一に対して「僕のアイドル」と思っていいんだな、と。

これまでは、尊敬すべき兄さんでも人生の師匠でも、何と呼ぶかはこっちに任されていたけれど、これからは誇りをもって「僕のアイドル」と呼べるのだ。


光一、素敵な言葉をありがとう。

僕のアイドルと呼ぶことを許してくれてありがとう。



名古屋でのオーラスは、壮絶なものになったんだね…。


はからずも目撃者となり、ともに闘い、やり遂げた参加者のみんな。
情報だけを頼りに、祈る思いで支え続けた留守番組のみんな。

どっちも苦しかったよね。

ただ、参加者には、光一の姿を見守った高揚感と感動がある。
何もできない焦燥感と心配ばかりだった留守番組は、気持ちを昇華させる術がないまま、もうSHOCKに向かわざるを得ない……鬱屈した気分になっても不思議じゃない。

こればかりは「運!」(笑)


ガイシよ、空調難ありのガイシホールよ。(ごめんな)
君はその欠陥ゆえに、堂本光一の最極を引き出し、我々に見せてくれた。

光一は何もなくても最高、何かがあっても最高だってことを。

倒れそうになりながら、決して諦めず嘆かず自分を鼓舞して。
最後まで、ダブルアンコールをやり切るまで、すべてを尽くし切ってくれた。

ファンのために。
自分達のパフォーマンスのために。
二度と巡り来ない、この一瞬のために。


現場にいた光一ファンは言う。
熱中症のような状態だったけれど、フラフラで終始したわけじゃない、パフォーマンス自体は最高だったのだと。

Spiralコン大変だったね〜ではなく、最高に素晴らしいコンサートだったんだよ!そこだけは強調しておきたい、と。

拍手コメントでレポしてくれたオーラス参加の人も、楽しかった!と書いていた。


ハラハラして心配して、泣きながらペンライトを振って声援を送りながら、でも楽しかった!と思わせるのが光一だ。

心配させて申し訳ないと思いながら、会場全体を抱きしめて包んでいるのが光一だ。


自分のために必死になっている客席の姿を見ながら(見てません!なんて大嘘だよ、登場した瞬間から客席に細心の注意を払っている光一だ、ただ不公平が嫌いで、あんな言い方になる)、どんな気持ちだったことだろう。


あたたかいファン。
みんなが、今を生きてる。
光一のステージを無事に終わらせようと懸命になって。

どれほど美しい光景だったことか。


参加者のみんなとガイシホールが羨ましくてしょうがない(笑)



さあ、もう9月だ。

みんな知ってるかな?
今年は、『国際光年』(こくさいひかりねん)なんだよ。

ま、詳細はともかく、メインイベントは『Spiralツアー』だった!と勝手に叫んでおこう。


光年を象徴する、最高のステージだった。


光一、本当に本当にありがとう!!


さあ、僕らも次へ!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

kaitoさん こんにちは

更新をありがとうございます。

Spiralコン! 夢か幻か?状態です。

光一さんがMCで指をクルクル回して渦に巻かれて底まで沈んで、
そして上がってきた(ここで拍手でしたね)。
 渦に巻き込まれて、沈んだままの人がここにいます。

陰陽師の予告を見て、そろそろ浮かび上がらないと!?、
と思っていましたら。

今日  テレ朝ゴー!メールが届いて
11日の『徹子の部屋』には

「ジャニーズの“王子”堂本光一 が17歳マル秘映像に赤面。」
と見出しがありました楽しみです。

陰陽師はあらすじが書いてありました、愈々ですね。

その前に明日から梅芸で「SHOCK」でした、
観劇される方々の感想をお待ちしています。

コメントに懐かしいお方が・・・ 嬉しいです。

No title

kaitoさん更新ありがとうございます。

オーラス参加出来なかった者として皆さんのレポ
ちょっと複雑な気持ちで読めずにいた一人でしたが、
「どっちもつらかったね」「運!」の言葉でやっと吹っ切れた気がします。
こうやって心から応援したいと思える人を一緒に追い続ける事が出来るのが何より嬉しいです。
今年は本当に忙しい光一さん、もう次に向かって先しか見ていないと思うけど私はまだまだ Bongo Drum のリズムに浸っていたい今日この頃です(^_-)-☆

何時も有難うございます。

久しぶりにコメントします。
今回はどうしても都合がつかずオーラス入れませんでした。
皆様のレポを読み入れなかった後悔の毎日でしたがkaito君の
「何もできない焦燥感と心配ばかりだった留守番組は、気持ちを昇華させる術がないまま、もうSHOCKに向かわざるを得ない……鬱屈した気分になっても不思議じゃない。」
を読み少し落ち着きました。
本当に有難う。

早くDVDを出し欲しいです。
オーラスの様子も入れて!

kaitoさんへ

連投ごめんなさい<(_ _*)>

自分で「(次なる)♪光の方へ~」と言っておきながら、結局今も、光一さんちから
持ち込まれた(?笑)シャンデリアのある空間が恋しくて…ヽ(^.^;

kaitoさんの光一さんファンlifeは、もともとご友人でいらした気心知れたgomaさんが、
=ファン友ともなられたことで、より何倍も楽しい日々でいらっしゃいますよね(^o^)

そういう意味合いにちょっぴり近いかも?な、敬愛するMJへの想いが同じな光一さんと
ケント・モリさん。

SHOCK!振り付けの際のエピソードで、大好きなのが、
光一さんが、「実は、ステージ上を走るのって、ちょっと苦手なんです(・_・;)」
って、ケントさんに訴え(伝え)たら、
ケントさん、「じゃ、走って(^∇^)」

ケントさん、素敵( ̄∇ ̄)v


突然ですが、
そう言えば、梅芸、博多座でのSHOCK、新加入の松倉くんは、海斗(カイト)くんという
名前なんですね(^_^)ゞ

多分、ユウタポジションに入るのかな?

て、ことは、

コウイチ「カイト、可愛い。丸呑みしたい!」etc.

クルーーー!?( ̄∇ ̄)

ハンドルネームとはいえ、kaitoさん、もしそんな台詞があったら、
ちょっぴりこそばゆいね(´▽`)



超蛇足ですが…m(_ _)m
前回の補足。
存在しない=憤る等、自分の感情を動かすに値しない小物。と解釈しました。

憐れみも、強いて、敢えて言うなら、です。

ただ、、、
単に嫌みったらしいのは、論外ですが、
どう人としておかしいのか?、説得力ある文章で、真っ直ぐに憤ってくださる方には、
心から感謝してます。
(悲しいかな文章力を持たぬ)私は、たまたま今、この境地(カッテニイッテロ、
バカメ。)に辿り着くタイミングだったようです。

(↑前回も含め、私のコメントを目にしてしまって、不快になられた方にお詫び致します。
_| ̄|○ペコリ)


kaitoさんへ

温かな優しさに満ちた更新ありがとうございます。

繰り返し、噛み締めながら、大切に読ませていただきました。

涙が後から、後から、溢れて…。


各地でSpiralコンに、参加出来、究極のオーラスを経て。

人生観変わりました。

そして、以前、kaitoさんが提言してくださった、
『某は、いない(存在しない)んだよ。』
の意味を、やっと、きちんと咀嚼出来たように思います。


堂本光一さんは、魂の綺麗な方。
高潔で、だけど心根の本当に可愛らしい方。

誰も適わない。
誰も適わない。


最近、同人誌(カタカナ表記するとオリスタ)某記事に対しての、
多くの光一さんファンの憤りを目にしました。
気持ち、痛いくらい分かります。
でも、今の私的には、某に対し憤りより、憐れみしか感じない。
深層心理、母親の支配から逃れたいけど、逃れられない鬱憤から、
光一さんを支配しようとする。(フッ(-_- )無駄な事を…。)

綺麗な顔、食べても太らない身体が欲しく、欲しくて、、、etc.
光一さんにいろいろ仕掛けるけど。
光一さん、見てない(相手にしてない)から。
光一さんには、絶対、適わないから。

憐れ。

勿論、人として、おかしいことは、おかしいと感じる。
けど、動じなくなりました。
脳みそちょろっとしかなくて、しかも石頭で、
気付くの遅過ぎで、ほんとすみませんσ(^_^;
(しかも、心が元気になったら、即、フルスロットル、ほんとごめんなさい(;^_^A)


光一さんが、今、ソロで自作曲を発表しないのは、
公表されてる理由が全てだと思いますが、
ソロで作れるんだから、Gでも書け。との強要を避ける為もあるのかな?
ソロ音楽活動を大切に、大事に思うからこそ、かな?と。

赤い靴“踊り続ける”という意味合いだけイコール、
トラヴィス氏プレゼントのキラキラの黒い靴を履いたときから…。
SHOCK!と共に…。
楽しみ~ヽ(^o^)丿


でもって、kaitoさんと同じく、好きな人=応援してる方と、音楽的嗜好がイコール
であることの幸せ、パネー\(^o^)/

名盤『Spiral』大好き(*^_^*)v


さぁ、光一さんファン皆で、次なる

「♪光の方へーーー!」



(あっ、こうちゃんコールに関するアドバイスも、本当にありがとうございました。
お考えお伺いしたかったのと、同じ考えだったので、嬉しかったです(^_^ )


No title

kaitoさん、こんばんは

spiralの光ちゃんが忘れられなくって、shockの九月に移行できません。

8月21日名古屋オーラス、すごかった!!
光ちゃんのダンスが、光ちゃんらしくて美しい。
大好きな歌声が、艶やかで伸びやかで優しい。
そして、光ちゃんの素の優しさ可愛さをいっぱい感じました。
演出が壮大で・・圧巻!
何をどう書いたらよいのかわからないけれど・・、すごかった!

二回目のinteractinalは、一緒に揺れて踊ってました。 楽しかった~~。
アンコールは皆一緒に歌ってましたよ!
飛び跳ねて、手振って、叫んで、楽しかった~~。
でもね、ずっと限界ギリギリできっとホントはフラフラでも、そのパフォーマンスは本当に素晴らしかった!!
どこにその力が残ってたの!?って・・。
限界を超えた時の人間の凄さ・・。
本当に目の前でその様を見せられ、忘れられません。
でも、それでも光ちゃんは、穏やかで優しげで温かい目でファンを見つめていました。
確かにいつもの最後まで元気な光ちゃんのまなざしとは違う・・。
強くはないけれど、感謝を込めたまなざしでした。 
素っぽかったなぁ~~。

本当に本当に楽しかったし、すごかったし・・。
汗ダクダクで、楽しめました!
(ずっと、光ちゃん水飲んで・・水飲んで・・って思ってましたけど)

「今ここに、すごくいい空気が流れてる・・。ほんとに流れてる・・。」
って、会場を見回した・・。
光ちゃんたら、なんて素敵な人なんだろッ。


アンコールの「光ちゃん、パンパン」は思いっきりしましたよ!
だって、光ちゃんはやっぱり光ちゃんなんだもの!

光ちゃんって呼び方が嫌なんじゃなくって、”公演前のコール”はせかされてる感じがするって、聞きましたから。

アンコールは盛り上がったままのテンションで大きな
「光ちゃんパンパン」になっていました!!
嬉しかった~~!!

だって、ソロコンでしか「光ちゃん、パンパン」って出来ないよ!!
そんな機会を逃すなんて、もったいないお化けがでちゃう!!

私はファンになりたての頃、光一くんって呼んでいましたが、光ちゃんって呼び方が可愛いなぁ~~って思い・・。
どうしても光ちゃんって呼びたくて途中で変えました。
だから、光ちゃんがもっともっと大人になっても”光ちゃん”です。

光ちゃんは思いっきり頑張って、ファンを楽しませる。
ファンは光ちゃんを思いっきり楽しむ。
楽しむ方法は人それぞれ。
公演中、様々な意見が飛び交っていましたが・・。
光ちゃんの好みはわかった!
でも、自分はこうやって楽しみたい・・それで良いのではって・・。(公演前のコールも、アンコールのコールも)
光ちゃんにすべて迎合する必要もないのでは?・・な~~んて、可愛くない事考えていました。

初めて光ちゃんコールの先導をしてくださる方たちを見た時・・。
「わあ~、なんて声の出しやすいコールを見つけてくださった事!」と、とっても嬉しかったことを覚えています。
だって、「アンコール!アンコール!」ってゴロが悪くって言いにくかったから!(あくまでも、私は!)
大好きな光ちゃんの名前も呼べるし。
一石二鳥!

お二人ずつ所々に立ち上がって、両手を広げて「光ちゃんパンパン」
後ろ姿でお顔は見えなかったけれど、その勇気に感謝でした。
これからも、ずっと先導していただきたいなぁ~~。


誇りを持ってアイドルを続ける光ちゃんは、私の心のアイドルです!!

幸せな事に名古屋参加しました❤
本当に壮絶で最高に幸せな1日でした(/▽\)♪
ソロコンで、2004年から年を重ねる事にますます、光ちゃんとファンとの信頼感は増し、距離感は近くなっていると実感します。
私達は一層光ちゃんに魅せられ、ハマり、光ちゃんも心なしか壁を取り去ってくれている気がします。
本当に、悔いの無い、素敵な夏でした。
秋はお留守番ですが、来年また帝国劇場でコウイチに会える事を願っています。

数年ぶりの書き込みです。

いつも拝見しています。私は書き込みは久しぶりです。
Kaitoさんの書き込みを読んで感動して涙が出て止まりません。
光一さんの事をなんと表現していいか解らないでいたときに何と的確で「その通り!」と膝を叩いてしまいました。
いつも光一さんのファンで幸せと感じていましたが、今回はもっと改めて優しい光一さんのファンで幸せ者だと感じています。
そしてKaitoさんのような素晴らしい男性ファンのいる光一さんも又幸せだなと嬉しく思っています。Kaitoさんの文章が大好きですのでこれからもよろしくお願いします。
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR