スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MJに感謝する夜


仲間の店で無理くりのMステ視聴会。
(実はとあるイベント運営会議のため集まっていた)

僕以外℃-uteメインだったとしてもいいのだ。
それでも余計な口を挟むヤツはいなかった、僕のあまりの緊張感に。なはは(泣笑)


久々に見た気がする、緊張と重圧に白い顔をしている堂本光一を。
あの、Endless SHOCK初出演時の内博貴を思い出したよ…。

劇場空間の悠然たる支配者が、MJという存在の前にはここまで…

魂が謙虚だからこその、畏れ。(恐れではなく)

堂本光一という人の、この「至高の芸術の前に額(ぬか)づいている」感じが、たまらなく好きだ。

いつまでも‘’何もできなかった自分‘’を胸の中に飼っている。
飼いながら、堂本光一という表現者を作り上げてきた。



まず、『INTERACTIONAL』の披露から。

いやもう素晴らしいのは分かってた。

バックの女性ダンサーも最高。
なんと美しい3人だろう。着衣の光一は男の筋肉を秘して、しなやかに女性2人とシンクロする。

今回YOSHIEさんの力は抜群に大きかったね〜、錦織さんに感謝!


踊りながら歌うという困難な課題に、何も言わず挑戦してきた光一。
重ねまくったコーラス(音質悪くない)と生歌とが溶け合って耳に届く。
マイクの音量を抑え気味にするのは、ブレスを拾わないためか。

何でこんなタフな仕事を自分に課すんだよ?…このドM兄さんっ!

SHOCKでも、呆れるくらい生歌を増やしてきた男だ。

誰に評価されなくてもいい、鍛えれば歌えるのだと。こういうダンスなら。
これを、後輩の誰が受け止めることだろうか。


いつも思うけど、Mステは照明もカメラワークも光一にプロデュースしてもらったら?(失礼)
はるかにMVの出来に及ばないんだよっ!

でもでも、今この瞬間動いている光一を観る至福に、すべての不満は相殺され…ないけどさ、許しちゃうよ(笑)



そして、『Michael Jackson Special Stage』


みんな観たか?(笑)

あれが、最高峰のダンサーと、最高峰のセンター(という表現しか今は浮かばない)との共演だよ。

衣装からして(着替えてたし!)今宵の主役は、MJとの物語を背負ったケント・モリだった。
光一はバックダンサーと見紛うシンプルな黒いスーツ。
それでも光一のダンスは、ダンサーとしてのダンスではない。

宝塚出身のかなり高スキルにして高身長(笑)のダンサー陣を従えて、‘’香気‘’を放ちながらセンターを舞えるのは余人ではない、光一なのだ。


それにしても、体幹が強靭さを増した。
足先の動きも軽くなった。

…なんだよ、この伸びしろ。36歳だったよね確か!


MJへのリスペクトとして、右腕に腕章。
世界の平和、差別の撤廃、子供たちの幸福…MJが願いを込めた腕章を。

最初のソロコンで、軍服を着て平和の歌を表現した、あの光一の姿と重なる。
この人は昔からこうだったんだよなぁ。
ビデオで観たNHKのPJでも、MJをフィーチャーしたダンスをやってたよな〜と遠い目で思い出す。



まさにザ・MJなケント・モリのダンス。
しかし彼もこの数年で一段とアゲてきた!と感動した。(何様ですんません)

リズム感の豊かさ、躰の芯からダンスという花が次々咲くような、生まれついてのダンサー。
素晴らしいパフォーマーだ。

そんな彼もまた謙虚な姿を見せてくれた。

今宵のショーは彼あっての企画だろうに、光一が終始優しくてって下からの言葉に泣けた。


ケント・モリを支え輝かせながら、MJへの思いを表現していた光一。

MJに捧げる、MJそのもののダンスを全力で表現していたケント・モリ。

火花を散らすのではない、2人してMJの子供だった。


父をリスペクトしつつ、自分にしかできないダンスを身につけた子と、父のダンスを受け継いで、その世界で最高を目指す子と。


光一はセンターでこそ光り輝く表現者。

光一がセンターにいれば、周囲も輝く。
周囲を食い尽くすやり方でなく、周囲に光を届けて。

俺のためにバックダンサーがいる、ではなく。
俺より凄いダンサーたちを背負うのだから、誰より苦しくて当然、と思っている。

そんな思いで生きているから、ダンサーの‘’上手い‘’ダンス以上に、光一のダンスは美しい。

上手いだろ?と言わないダンス。
ただ、自らの躰を何かに捧げている。

その真摯で静謐なダンス(光一のダンスはうるさくない)が、僕の胸を打ってやまないのだ。



今宵、光一にもケント・モリにも、次へ向かう何かが生まれているといいな。

光一にはまだこんな‘’挑戦‘’が残されていた。
それが、本当に嬉しい。

ケント・モリと踊って、より確かに自分が見えたんじゃないだろうか。
それをトラヴィスと共有して、また新たな何かに繋げてほしい。



光一は美しい。

自分を知って、自分を鼓舞して、自分を甘やかさないから、美しい。


表現者・堂本光一に何度も何度でも驚かされ、溺れさせられる。



昔、かのフレッド・アステアが「僕も君と同じことをしてきた」と、自身とはまったく異質のダンスを創造しようとするMJを賞賛し認めたように、光一もあなたと同じ道を歩いていますよ、とMJに伝えたい。

トラヴィスが光一に言ったことも同様だろう。
「光一はMJと同じことをしている」と。


MJのように、ではなく、光一自身の表現をつかむためのあらゆる努力が、魂の苦闘が、トラヴィスには見えているに違いない。

MJの一番近くで、その完璧を求め続ける姿を見てきたからこそ。



僕らを笑顔にさせ、心配させ、嘆かせ、喜ばせる人よ。

光一のパフォーマンスには、浄化作用がある。


今宵、MJに、ケント・モリに感謝しながら、こんなにも心洗われているのは、目にしたのが光一のパフォーマンスだからだ。


どんなに穢いものがこの世にあろうと、光一は天空から降り注ぐ清らかな雨だ。

洗われた僕は、こんなに爽やかで眠れなくてどうしよう。あはは



素晴らしいパフォーマンスに乾杯!

素晴らしい夜に乾杯!!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

kaitoさんのブログ読ませてもらって本当にこみ上げてくるものがあって、今回のコラボダンスって本当にやれて良かったと思いました。
Mステ見るため仕事早めに終わらせてご飯をさっさと作って準備万端でTVの前に座ったものの、羽生君がSP滑る前よりすっごくドキドキしてた。(私が。)
光一さんも緊張気味だったし。
でも光一さんはやってくれました(*´▽`*)
INTERACTIONALさすがです光一さん(^∇^)
MJダンスコラボやった~(≧∇≦)b
光ちゃんかっこいい~(^∇^)
羽生君が4回転決めた時より叫んだかも(*'▽'*)
キャァーーって光ちゃんって。

今までこんなに嬉しいパフォーマンスTVでやれなかったから。
これが私たちの光一さんだよ~って(≧∇≦)b
でも、もっと凄いんだから。
TVだとあんなにあっという間だけど、ソロコンとかshockだったらずーっとセンター出っぱなしなんだからねっ!
歌って踊れるスーパースターなのです(*'▽'*)
まだまだ光一さん祭りは始まったばかり、
ずっと続くんだね~。
嬉しい毎日です(*^▽^*)

心地よい緊張感

始まる前から異常なくらいの緊張感に、ドキドキしながらその時を待ちました。光一くんも緊張しているのが伝わってきて、こんな緊張感は久しぶりだなあと思いました。ソロもダンスコラボも、堂本光一という存在をたくさんの人に見てもらえたことは、とても嬉しかったです♪今年は、いろんな人との出会いや新しい挑戦の年でもあり、今後の光一くんの活動に期待が膨らむばかりです。

感動!

kaitoさん、早速のコメントを有難うございます!
Mステ、緊張しながら見入りました。
本当に本当に良かった!
座長という位置に10年以上もいながら尚、謙虚に
MJへのリスペクトゆえにナーバスになっている光一君。
決して俺様にはならない人柄を、また再確認しました。
久々にMステに感謝です。(笑)

ブラボー

Mステ・・・すばらしかったですね。
何度もリピートしてます。

乾~杯!!

至福の時

kaitoさん、更新ありがとうございました!

この一週間、熱に浮かされた様にふわふわと漂い、日常から置き去りにされた迷い子になっていました・・。

この間、私達は堂本光一という表現者を得た幸せを、改めて感じる事ができました。

その上、私達光一さんファンは、kaitoさんという表現者を得た幸運をも、しみじみ噛み締めることになったと思います。

夕べのミュージック・ステーション。
INTERACTIONALの流麗な音楽とダンス。せつない心情を胸の奥に秘めた大人っぽい表現に、光一さんの新境地を感じました。


そして、マイケルジャクソン・スペシャル。

全くタイプの違う二人が、反発するかと見せかけて、実に素晴らしい調和を見せてくれたのではないでしょうか。

彼らはマイケルの子どもたちだからなんですね。
マイケルへのリスペクトで繋がり合った兄弟。

確かにケント・モリさんのダンスは格別でした。見る者の血液を逆流させる様な衝撃がありました。

光一さんは物凄いプレッシャーの中、でもでも、堂本光一のダンスを貫きましたね。美しく、自然と視線を集めてしまう、不思議な魅力で。
トラビスから授かった特別なシューズ。光一さんの足先は羽根が生えたようになんて軽やかだったことでしょう。

夕べの幸せはいつまでも忘れないでしょう。

本当に素敵でしたね(≧∇≦)

kaitoさん、私の思いを言葉にしてくださってありがとうございます。あなたの言葉こそが私の思いです。
今回、光一さんは表情からして挑戦者でした。
でも、挑戦させていただけることに意味があると思います。ケント•モリさんとの素敵な出会いに感謝です。
最近の露出の多さ。
慣れない私には、幸せすぎて不安が付きまといます。これまでの積み重ねてきた努力が花開いたのだと思っていていいですよね。
今年は熱い夏になりそうです♡
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。