スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅芸SHOCKレポ

ネタバレあり

まだ真っ白い状態でいたい、という人は読まないように!よろしくです。


夢にまで見た初日の夜…経験してきた。感謝!!


その前に、なにやら日本全国気象が荒れてて、新幹線は止まる、竜巻は発生する、名古屋が冠水?…ちょっとヒドイよね。みんな大丈夫かなぁ?
梅田まで遠征する人に影響がないよう…龍神様、頼むよ。

みんなの無事な観劇、そして日常生活を祈る!


今回、思いがけなく初日のチケットが当たり、翌日を当てたgomaとともに大阪へ。
大阪育ちの同僚に聞くと、新大阪駅からタクシーで梅芸(ホテルも同じビル)まで出る方が簡単だと。へーーそういうもんか。とにかく電車で梅田へ、っていう思い込みがあったな。
実際タクシー利用すると10分弱、1000円程度だった。
天候不安定な時期なので、最初から飛行機は除外で、新幹線利用。


梅芸はロビーが狭く、ほんとに身の置き所がない(笑)直前に入場するしかない。
帝劇より客席数は若干多い(3階があるせいか)が、奥行きより横に広い印象。
2階席も勾配が緩めで、スタンディングした時にも怖くないって感じ(多分)
その分、前席の人の頭が被って見え難くなる確率が高いかもね。

グッズコーナーをチラッと見たけど、平均5個買いで飛ぶようにクマが売れる…どんどん補充されてくクマ…1個1000円のチビクマがこんだけ売れる場所が世界にあるだろうか(笑)

毎年、色違いで出せばいいのにな。あはは

こういうグッズは基本的に「買い」のgoma、ホテルの部屋で開封し、部屋の花を添えて(!)窓辺に置いて写真撮ってた。…gomaよ…
「意外と手触りいいな、このクマ」と僕がもてあそんでると、「ミニベアって名前なんだよ」と取り返して写真撮ってた。(この時点で笑い死にそう)

すぐ写メが来たが…大阪の高層ビルを背景にチビクマが。満足かgoma。

ほんとにさ、僕ら一生独身かもな。ふははっ


パンフレットは、光一と内、そして「すべて(内に)引き継いだ」という屋良のページが新しくなっていて、少しだけ今回の稽古写真もあり。
光一の言葉が、主演でありながら完全に演出家目線なのが「ほんと凄いなぁこの人は」という気分にさせる。
人を信じ、人を待てる、というのが光一の素晴らしい資質のひとつだ。

内と屋良の言葉を読むと、プライドをもって取り組んでいることがよくわかる。
主演作を重ねて、自信も身に付けてきた内。あの初演時の、楽屋で白い顔していた内はもういないのかな。
…などと考えながら開幕を迎えた。


金色の花火がいくつも花開いたようなシャンデリア。
音楽が流れ始めると、静かに明かりを落とし天井まで引き上げられる。
梅田芸術劇場からSHOCKの場所へ、光一の支配する世界へと変わる瞬間だ。

と思う間もなく、幕が割れて、ピカピカの座長がそこに立っていた。


初日からオニのような安定感(笑)
めちゃくちゃに安定しているのに、生まれたてのような新鮮さ。
1000回を超えてなお、成熟はあっても清新さを失うことのない稀有な座長。

観劇するたびに、「前よりアゲてきた」と必ず思わせられる。
今回も、また。

歌声は伸びを増し、表現力を増し。
ダンスはしなやかさと同時に優雅なキレを増し。

観客に「よりよくなった」と確実に思わせる、それがどんなに難しいことか。
どうして光一にはそれができるんだろう。

ほんとに口をあんぐりして見つめるばかりだ。


僕は時々、目を閉じて声に聴き入りたくなるくらい、彼の声と演技が好きで困る(笑)
観て至福、聴いて至福。たまらん!!

ああ、ほんとに声優やってほしいなーーー!
アニメでも洋画でもいいので、声の仕事は堂本光一へ。絶対いいよ!

今回、特に2幕での「ONE DAY」は永遠に聴いていたかった。

光一の歌は、声より先に魂が聴こえてくる。
コウイチの優しさ、哀しさが先に届いて、それに声が乗ってくるようだ。

なんて素晴らしい歌い手なんだろう。

毎日あの歌声が響いていると思うだけで、梅芸が愛おしい場所になるよ。


…とりとめなく、初日を観ての雑感を書いてるけど許してちょ。


梅芸は音響がいい。
それで、ドラムや和太鼓の音がよりクリアに響いてカッコいい。

1幕ジャパネスクのシーンは、舞台上でも戦闘だが、ドラムと太鼓の戦闘でもある。
石川直、IKKIの演奏にしびれる。
石川直さんはもちろんだけど、今回IKKIさんの表現を目にすることのできる2階3階の上手側の席の人はチラ見するといいよ(笑)
最高っす!


ひとつ気になることが。
ウチとリョウタ、ユウタのダンスシーン、初日はドラムと和太鼓ともに演奏してたと思うんだけど、2日目はドラムだけになってた?
自分の記憶力が最低で恥ずかしいが…誰か見た人いないかな。

音を合せるのが難しそうではあったけれど、IKKIさんの演奏、凄かったんだけどな。
まあ、舞台上より演奏を観てしまう、というオソロシサがあるからなぁ
この一切が僕の勘違い、幻だったらどないしょう…


ウチは頑張ってた。
得意分野である芝居の良さは十分に出ていたと思う。
その一方、苦手分野を克服する「本気」はまだまだ…と素人は言いたい放題言ってしまうが。ごめんよ(笑)

光一は、内のいいところを生かせばいい、と思ってるだろう。それが2013大阪版SHOCKだと。後輩を愛する、いいとこ探しの座長だよ。
でも、観客は「もっと」を求める。
あれだけの屋良版ライバルを観た後なんだよ、そりゃ厳しい目にもなる。

屋良にはない内の持ち味は確かにある。
ヤラは真にライバルとして立っている存在で、コウイチと格闘していた。
ウチは、コウイチに認められたい、実はそれだけが目標。
だから、2幕冒頭の「雨の中で踊るコウイチを見た時、ついていけないと思った」というセリフは、ヤラには違和感で、ウチにこそピッタリくる。

甘えん坊のくせに強がりで情けない人物としての演技は秀逸であり、「止まったやつは、そこで切り捨てられるんだろ?」という声に滲む甘さと弱さが、コウイチにも真っ直ぐ届いているのを感じる。

演技での表現力は十分に魅力的だ。だからこそ、ダンスのスキルにももっと貪欲に、ひたむきになってほしい。
目に見える進化があるからこそ光一座長についてきた、大勢のSHOCKファンの一人として思う。

僕が思う内の課題は、ダンスが流れる、ということだ。
キメ、トメ、のメリハリをはっきりさせてほしい。

初日の挨拶では「僕は(ジャニーズに)ダンスで入ったわけじゃない」と言ってたが(笑)←座長はちょっとマジで怒ってたぞ、その言いぐさ。あはは
帝劇で2013年版を観て「うそでしょ」と言ったという内(笑)でも、本気になるなら今でしょ!と思うよ。


「夢幻」をコウイチのダンスにしない、コウイチとライバルのダンスにしたる!!と欲を出してほしいな。
この舞台を引き継いでいくのは誰だ?ウチしかいないんだよ。その心持ちで演じるためには、スキルアップを果たすしかない。

大柄なウチなのだから、うまく踊ればヤラ以上に人形振りが映えるはず。
ピリリと引き締まったダンスで、「おお!」と思わせてほしい。

堂本光一を、あれだけ大きい心で待つ人を、本当に喜ばせてあげてほしいよ…。


初日挨拶の座長は「帝劇でこんなテンションになったことない」というノリで。
「SHOCKではいい子」(いい子って言う34歳!)だったのに、まるでソロコンの光一になってた。あははは

「3階席、見えてない」と言い、リカから「ちょーーヒドイ」とマジつっこみ(笑)
光一ファンにしか受け入れられない愛情表現なのであった…


でも、舞台に立つことが光一にとっての幸せなのだと感じる初日だった。

あんなにも輝く人。

凄みさえある軽やかさ。まるで体重のない存在のように飛び、踊る。

こんなにも「生身」感のない人間が、誰よりも生身で戦っている事実を目撃することが、僕の観劇なのだろうか。

ここまで自分に厳しくできる人間だけが、本物の仕事を成すのだろうか。

お前は何をしてここにいるのか?と、光一座長にはそんな思いはないのに、僕が自分に歯噛みするばかり。


階段落ち、初日も2日目も、下から3段目くらいで跳ねて、まさに落下していた。
スピードを調節してのことなのか?
大丈夫なのかよ?と本気でクラクラした。

光一が目指すものは果てがない。

それについていくこちらも強くならねば、光一の覚悟に置いていかれる。



えっとね、キリがないので(笑)とりあえず今夜はこれで。

ネタバレと書いたのに別にバレはなかったかな。あはは
いろいろ仕込まれてたネタについてはまた後日。


大阪版でも、光一が丹精込めた魂の仕事っぷりは、ますますの輝きを放っている。

実に実に素晴らしい舞台!


初SHOCKの人が一人でも多いことを願いながら、また。















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

遅ればせながら

kaitoさん

遅ればせながら、お忙しい中でのお引っ越し、そして早速のレポありがとうございました。
またこちらでkaitoさんや皆さんと、光一さんに想いを馳せられること、とっても嬉しく思っています。
kaitoさんの素敵な言葉で綴られた光一さん、そしてカンパニーのメンバーのお話は、同感することも気づかされることも多くてとっても気持ちいい。

光一さん、kaitoさん、幸せをありがとう!

初めまして

kaitoさん、こんばんは。

いつも光一さんファンの心を癒して下さりありがとうございます。

kaitoさんの言葉が大好きです。
kaitoさんの言葉にいつも安心します。
魔法みたいです。

光一さんのこと、kaitoさんのこと、gomaさんのこと(笑)、これからも更新楽しみにしています。

素敵なレポありがとう

まだまだ先の観劇ですが、一回だけなので、見逃さないようにしなくてはいけませんね。

ドラムと太鼓のバトル楽しみです。しっかり観てきます。

新大阪からタクシーとは知りませんでした。迷わずに行けてありがたいです。良い情報頂きました。ありがとうございます。

gomaさんの写真見たいなぁ。

祝!SHOCK in 大阪&blog お引越し

初めてコメントさせて貰います。
今までロムセンばかりで、いつもkaitoさんの表現力の素晴らしい文章に、うっとり、ほっこり、涙したりと楽しませて頂いてます。
お引っ越しと聞いてどうしたら次の所に行けるかわからず、今になってしまいました。
画面のブルームーンにオオカミも月光浴にぴったりですね??
kaitoさんは、初日と昨日観劇だったんですね。
ネタバレありがとうございます。
もうすっかり観劇した気分です。
いやいや!座長が見たい??
私は地元大阪なので、近くに座長が居てくれてると思うだけでめっちゃ嬉しいです?✨
これからも月光浴楽しみに読ませて貰います。
よろしくお願いします?

ありがとうございます。

kaitoさん、はじめまして。

初日のレポをありがとうございます。

私の梅田は後半の三公演・・・

ネタバレなしで待てない心境で
「ネタバレあり」
でも飛びついてしまいました。

細かい観察にただただ脱帽です。
初日のネタバレ続編を楽しみにしています。


去年は内の未熟な部分が「EndlessSHOCK」には良いスパイスになると思い観劇をしていました。
今年はトラヴィスの振付が増え、梅田のライバルが内との発表に不安があったのは事実です。
まだ、不安が残るようですが・・・
座長が認めたライバル!

日々成長をし続けるカンパニーに今後も期待です。


いらっしゃいませ~

kaito 様

kaitoさん、ようこそ大阪へ

初日に観劇されていたのですね。羨ましいです。

kaitoさんのネタバレ(なっていないような気がしますが)を読んでなんだか心に詰まっていた物が溶けていった様な気がします。
私のつたない脳では理解できなかった部分をkaitoさんが適切に解説及び感想を言ってくれているので納得する所が多々あります。
特に、「2幕冒頭の「雨の中で踊るコウイチを見た時、ついていけないと思った」というセリフは、ヤラには違和感で、ウチにこそピッタリくる。」
この感じ方、私もすごく判ります。ヤラには何だか野獣のような闘争心がむき出しで少し違うかな~なんて思っていました。
同じように感じている方が居るんだなって。
少し嬉しくなりました。

そして、gomaさんの写真、是非に見たいです。想像して思わず笑ってしまいました、スイマセン
機会があれば写真を載せてもらえれば嬉しいです

私の地元大阪での初SHOCK、とても嬉敷く思っています。
my初日は土曜日なのでkaitoさんの解説を思い出しながら観劇してきます。

また、お邪魔させてもらいますので よろしくお願いいたします

kaitoさん お邪魔します!

初日、二日目と観劇されたんですね。
早速の感想、ありがとうごさいます。
素晴らしい表現力ですね。
本当に、kaitoさんの言葉通りです。
光一さんの姿勢は、私にも「このままでいいのか?!」と訴えてきます。
「今ここで頑張っていれば、必ず次に繋がると信じて何事にも取り組んでいる。」という光一さん。
なかなかできることではありません。

こんな光一さんは、私の聖書であり道標でもあります。

私の観劇日は後半に一回だけですが、ますます楽しみになってきました。

ありがとうごさいました。

すごい[i:63893][i:63981]

kaitoさん

初日と3日 入らしたのですね おめでとうございます

感動が伝わって来ます--------------------新大阪から タクシーですね 地図を見ても 分かりにくい な とどの駅からが 良いかと 思案してましたので…
有難うございます
来週が 待ちどうしいです

有難う kaitoさん またゆっくり読ませて頂きます
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。