スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHOCKシーズン開幕!(気が早い)


Endless SHOCK 2015 ようやく発表されたね。


正式決定、おめでとうーーー!!!!!



美波里オーナー復活、すごく嬉しい!

そしてビバオーナーだと、娘役はやっぱハーフの人になるんだね(笑)
そりゃまあ納得。


ふぉ~ゆ~は、つ~ゆ~に。

彼らの仕事が増えてるってことだから、残念だけど喜ばないとね。

越岡のダンスは好きだし、福田はこの前博多座に行った時ホテルのエレベーター前で一緒になり…僕が気づかず乗り込もうとしたらgomaがハッと立ち止まったので横を見たら福田がいた!

惚れ惚れするくらい男らしい、彫刻的な横顔だったよ福ちゃん。

そして同じエレベーターに乗るのは遠慮した僕ら(笑)←やっぱそうなるよね


メンバーがかなり入れ替わるってことは準備が大変なわけで。

光一座長、ほんとに太る暇がないよなぁ(泣)
安定の屋良っちがついてくれるのは、大いに助けになることと感謝。



12月半ばからまた長期で海外出張なので、振り込みが間に合うか焦ってる。
早く来てくれ~振込用紙!!



FCからの案内が”堂本光一 出演「特別番組」番組協力”という名目だったので、ソロの”TV番組”かと思った人も多かったんじゃないかな?

でも僕は以前に他のジャニーズ舞台で同じ名目の募集があったと聞いていたし、時期的にSHOCKの記者発表以外はないだろうな、と思ってた。
拘束時間も10時~15時前後ということで、正味3時間以下だろうから、観客を入れての収録でTVだと、あまりにも時間が短いと思っていた。

”番組”という言葉は、演劇・舞台などの演目に対しても使われるものなので。

帝劇における「特別の番組」で、SHOCKの発表を行う、というのはアリなこと。


なぜ最初から「SHOCK発表会見」と銘打たないのか、14年続いている舞台なのに公表まで秘密という意味は何なのか、考えてもわからないけれど…

あえて「ソロ番組?」と期待させるやり方がファンを傷つけるかもしれない可能性など、あの事務所の人間に配慮できるわけないよね、と苦笑いするしかなかろう(笑)



大声で言いたい。


光一ファンはソロ番組に飢えてるんだよっ!!


変な表現で翻弄するなぁぁぁ!!



”番協”の会場には限られた人しか行けなくても、そのあとみんなが楽しめる”ソロ”の発表なり収録なりがあると思えばこそ、いろんな辛さを我慢してた人も多いだろうに。


光一は、番協の文言など一切知らないことは確かだけど、FC事務所にはファンへの心配りなど期待してはならないことを、また思い知った出来事だったな…



僕としては予想通りのSHOCK記者発表だったけど、15周年記念のお祝いの一環として、ファンを招待するという形式は(特に東宝的に)アリだったんだろうな~と思う。

WS(の録画)で見た光一の爽やかで朗らかでスマートな人間性には素直に感動。

ファンへの受け答えはユーモアに包みながらも誠実で。

誰も嫌な気持ちにさせない言葉を口にできる人。でも、嘘はつけなくて。




誰かが嫌な気持ちになるのをわかりながら、言わずにいられない人を知ってるだけに(苦笑)



最近は「言わずにいられない」人たちの悲しさを感じることも多くて。

本当に、言わずにいられないんだろうな~と、なんだかしみじみしちゃうよ(笑)


光一は、言いたいことがあっても呑み込んでる。
言えば、四方八方のどこかから必ず「え?」という反応がある。

だから何も言わず、仕事を言葉に代えている。
仕事が彼の言葉だ。



今度出たGのアルバム、光一がコーラスしてる数を知ってる?(教えてもらった)

光一が仕事にかける思いは深く、誠実この上ないよ。
いいものを作るために、光一は影の努力を尽くす。

目立つことなんか考えてない、何も競ってない。
ただ、誠実に自分の責任を果たしている。


僕は光一が属するGを応援はできない(光一が勿体なくて耐えられない!)ので、CDを買うことはありえないけど、それでも光一の仕事だけは尊敬する。

誰が真剣なのか、誰が誠実なのか、その仕事の在り方だけが教えてくれる。


でも、言葉を期待される光一。

何も口にできないことを、僕は知ってるつもりだよ。




堂本光一の魅力が全開するソロワークの中でも、特別な記録を打ち立てたSHOCKの季節が、2015年も約束された。
このことを、当たり前に喜びたいと思う。

その上で、僕らはもっと”ソロ”を望む。

光一の無駄遣いでしかない仕事ではなく、あの最高の表現者のすべてを堪能できる仕事を。


帝劇の会見でも、来年?再来年?かすかな期待を生む言葉があったとか。

例の「2年後の何か」も必ず実現すると信じている。


まあ、何が来ようとも、堂本光一だよ?絶対ワクワクさせてくれるに違いない。



タレントの時間も、ファンの時間も限られている。だからこそ、焦る。イライラする。

それを乗り越えた先には、最高の瞬間が待っていること、光一ファンはみんな知ってるだけに「早く早く!」と求めてしまう。


おとなしく待つけどさ、限界MAXも近いんだぞっ!!というのが僕らの気持ち…かな。





コメント欄にいただく声を読んでも、ヒドイ言葉に傷ついてる人がいるよね…。


”言わずにいられない魂”は、それだけで荒野を彷徨うspirit of evilに思える。
それ自身が苦しみの象徴だと。

自分の中の黒い何かに負けるから、言ってはならないこと(と本人は自覚してないが)を公に言ってしまう。


光一ファンを自認する人にも言えることかもしれないよ。

誰かを攻撃することが激しい人は、自分の中の黒いものに負けている。
僕はそういう何かが、光一自身に向けられるようになることを危惧する。


光一ファンが負けずに、ずっと光一を応援し続けること、見詰め続けること、それだけが僕の願いだから。

光一から離れそうな人たちがいるとしたら、それが一番悲しい。

離れていく人は、必ず光一を責めるからね。そうなってしまう気持ちが辛い。



みんな、負けないで、無理して(笑)楽しもうぜ!!と叫びたいよ。



ガンバレ、ガンバレ!!(自分に言い聞かせる)



ではでは、またね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

連投失礼します

書き忘れてしまいましたので、もう一言。
その社長は光一さんのことは、「このまま真っ直ぐ育てば、筋の通った相当いい男になるだろうけど、芸能界みたいな所では難しいかな…。」とおっしゃっていました。
でも、ちゃんといい男になられましたね。
その社長さんの慧眼に敬服すると共に、何故此処まで的中してしまったのか、残念に思う気持ちもあります。
同僚氏は、非常に世渡り上手ですが、分かる人には一目で分かるようですよ。
分かっていても、様々な利権が絡み、騙し騙されが当たり前の世界なのかもしれませんが、本当に誠実な人間が最終は報われる結末であることを強く強く願います。

嫌な予感

こんばんは。
りまです。先日、初めて書き込みをさせて頂きましたが、予想外に皆さんからのお返事があり恐縮しています。
さて、例の音楽番組が早々に終了とのこと。
嫌な予感がして仕方ありません。同僚氏が来年はお互いにソロが多い、と発言したことで喜んでいる方が多いですが、今まで光一さんのソロが増える時は、お互いにとは表現せず、自分のソロがあっても、光一さんばかりのように言っていたと思います。それと、堂○最終回での「光一ありがとう」「これからGで音楽をやる機会が減る」発言を併せて考えると、後番組は同僚氏1人MCの番組ではないでしょうか?とりあえずの番組をワンクッション置き、その流れに持ち込む…。Gファンが同僚氏がGの音楽を守る為に、とか屁理屈を展開し、同僚氏が上から「光一が音楽をやれる場を与えてあげられれば」とか言い出し、光一ファンが苦しみ疲れ果て…。そんなことが起こり得るGです。同局でのドラマがありそうなので、余計に嫌な感じがするのです。慰謝料みたいなものかと。最近の光一さんの不遇を見るに、何が起こっても不思議ではない…。心を強くして光一さんを守れるようにファンが一つにならないといけないのに、ファン同士が揉めています。

私の単なる被害妄想なら良いのですが、今までのことを考えると…。
派閥のことに関しても、番組終了のことに関しても、同僚氏より光一さんの方が余程闘う発言をしてきたと思います。
その正義感が仇にならなければ良いのですが…。
同僚氏はその時は、その発言に賛同したともしなかったとも取れる態度で、良い方に行けば乗っかり、悪い方へ行けば知らん顔、無関係を主張。ずっとそうでしたよね。
光一さんが心配です。そうなれば、今のレギュラー番組は終了でしょうね…。誰か、光一さんの後ろ盾になってくれる人はいないのでしょうか?
昔、知り合いの社長がをラ○ラ○第一回を見て、同僚氏を「要領が良く、自分さえ目立てばいい、至極自己中心な人間」と評し、度肝を抜かれたことがあります。何故この短時間でそんなことが分かるのか、と尋ねると、「私がどれだけの人間を見てきたと思う?」と返されました。まだ子供だった私には理解不能でしたが、まさかその通りだったということを後にこれほど思い知ることになろうとは…。
珍しく不安に苛まれています。ファンの状態を見るに今、本当に危ない状態だと思うからです。何か手立てはないものでしょうか?

No title

kaitoさん、こんばんは。

お忙しい中、ブログ更新ありがとうございます。
もう、海外出張に出発されたのでしょうか?振込用紙は間に合いましたでしょうか?

来年のSHOCKで、美波里さんのオーナー役復活、とてもうれしいです。
ライバル役も屋良君でよかったと思います。だいぶメンバーも変わり、光一さんんも、寝食忘れて取り組んでいるのかなぁ、と考えると屋良君がそばにいてくれるのはとても頼もしいことではないでしょうか?
でも、ご飯はちゃんと食べてね、光一さん。
リカ役のかたのお芝居(確か宮本亜門さんの)拝見したことがありますが、とても歌の上手なかたでした。

もう、これでもか、ってほどいろんな情報が入ってきますが、私は自分の中の黒いものに負けず、堂本光一さんという人を信じて応援していきたいと思います。
そう、彼の作り出す世界は私たちファンを裏切らない。
来年も光一さんのキラキラシャワーを一杯浴びることができると思っています。

ガンバレ、ガンバレ自分ですね(^-^)

No title

kaitoさん  こんばんは、 
SHOCKのシーズン到来ですね。

来週頃から長期海外の出張でしょうか
お身体に気をつけて行ってらっしゃい。 

「SHOCKの記者発表」のWSを見て感じたこと

kaitoさんの仰る通り、光一さんは爽やかでスマートでしたね。
祝1000回の時の返答は、光一さんの本当の気持ちですね

あの言葉を某が聞いて、反省してくれるようなら
今の様な状態にはなっていないでしょうね。
あっ。。。自分の中の黒い何かに負けそう…!!


今度のリカ役の方は森久美子さんのミュージカルの舞台に出演
していたそうですね。

Jr も変わって余り良く分からないですが!?
野澤くんって“笑っていいとも”にアシスタントでいたような?
違っていたらごめんなさい。


アッシュ・ブルーさんへ、
こちらこそ温かく接して下さりありがとうございます。

怪獣なんかではありません、知的なお嬢様でとても頼りになって
  私が“抱っこに負んぶ”で重くて済みません。

マストファン大賛成よ、光一さんに風を送ることでしょう? 違う??

「おかしいことはおかしいと感じて」いても沢山あり過ぎて
書ききれないので、諦めました。 

アッシュ・ブルーさんのコメントに
紫乃さんのお名前が出てましたので、声かけ させて下さいね

紫乃さんその後お元気でいらっしゃいますか、連絡が取れなくて
心配いたしております。 もしご覧になっていたら
光一さん関連のコメントをお待ちしています。

kaitoさん 私信済みません。

No title

アッシュブルーさん、大賛成です!
負の感情は捨てて、光一ファンの熱気と愛情を光一君に届けましょう!
FCからの申し込みも来ましたね。
いよいよです。
自分を含め、光一ファン皆さんに幸せが来ますように!!

高齢者(←ネタ引っ張って、すみませんσ(^_^;)の願い。

デジャヴ


今回の帝劇での会見後の、ひとり、ひとりの想い。

震災直後の公演中止を、当日決定した際の対応への、ひとり、ひとりの想い。

BPMオーラスで、スタンド席に駆け上がり、通路を一周したことへの、
ひとり、ひとりの想い。

寂しさ、羨ましさ、様々な複雑な想い。

どの想いが正しくて、間違ってるとかではなく、
どのような想いを抱いたにしても、光一さんが20年以上受け続けている
数々の理不尽に比べたら、(勿論、立場は全く違いますが^_^;)
時間という薬で、克服出来る想いじゃないかなぁ…。


それより、光一さんを心から大切に思う人達皆、心ひとつにして、
今こそパワーを贈る時かと。

本来、身体のメンテナンスに2ヶ月は要するのに、
今回博多後、全く休みなく、、、(/_;)

体力が落ちたまま、帝劇2ヶ月に突入するのは、ほんと怖い…。

だからって、何も出来ない立場だけれど、
とにかく、皆で、健康を、無事を、安らぎを祈ろう、パワー贈ろう。

Gコンに参加される方は、(託して申し訳ありませんが、)
精一杯の声援を…!


今は、前を見て、
祈ろう、パワー贈ろう…。

光一さんファンを自称するなら、守って欲しい事が1個だけあるのぉ

堂本光一がマストなの(LIKEくんの口調で、笑)

堂本光一さんが、マストなファン=
『Koichi Domoto must fan』

オンリーファンから派生した、マストファン。

めっちゃ楽しく笑えたLIKEくんとの会話、
「オチがマストなの」
を聞いて、これだ!って、ひらめきました(^_-)-☆

Gの現状や某に対し、人としておかしいと感じる人達を、
アンリーとかいう造語を勝手につくって、言いたい放題な連中に、
全く意味成さない造語であると示す、手段の一つとして、
(単語の並び、言葉としておかしいかもしれませんが…)
もしよかったら、使ってください<(_ _*)>


以上、いつも申し訳ない気持ちで光一さんについて行ってる、
高齢者(笑)からの提案でした。

光一さん、ネタとして使いたいなら、いくらでもどうぞ~ヽ(^o^)丿
ほんの少しでも、あなたの役に立てるなら本望(*^^)v
(年齢ネタやめて欲しいって方、勝手なこと言って、ごめんなさい┏○ペコッ)



2つ下の記事「今思ってること」へのコメントで、今後は嬉しい楽しい
コメントだけを、と誓いながら、ちょっち別なもの紛れこませてしまい、
すみませんσ(^_^;

後、いつも、ごく一部の方にしか分からないボケを差し込んで、
更にすみません(^o^;

「特別番組」か「制作発表」か?

Kaitoさん、番協に関する記事拝見させていただきました。
私は20年間光ちゃんを応援してきましたが、あの番協のレポを見て初めて光ちゃんに不信感を抱き、初めて光ちゃんに対して怒りの感情がこみ上げてしまいました。
後に、それは情報不足による誤解だったと気づき今は前向きになれていますが、もし、今でもあの番協で傷ついている人がいたら、私が知り得たことをこの場所でお伝えすれば気持ちが楽になる人もいるのではと思ったので、少し長くなると思いますが、場所をお借りしたいと思います。
「特別番組」というのは、番協に参加できなくても後に皆が楽しめるものだと思っています。でも、あの番協で参加できなかった人が楽しめる「特別番組」といえるようなものは一つもありませんでした。
それなのに光ちゃんはあの日当選した幸運な人達の為にわざわざステージを降りて特別なファンサをしたのか?とショックでした。

でも、あとから知った光ちゃんの言葉、「 記者会見にこんなに集まって頂いて、びっくりしてます。 」これは、光ちゃんはそこにいる人達が「特別番組」の番協で集められたということを知らなかったということ。光ちゃんが記者会見に来てくれたと思っていたのなら、せっかくだから記者会見らしく質問を受けましょう、スタッフを煩わせずに自分で客席に降りましょうとなったことも納得できます。

私は、番協の場所が帝劇だと知った時、テレビのSHOCK特別番組を期待しました。ドリボもファンを入れての会見だったのですが、キスマイ3人は客席から登場してリングを設営したステージで歌を披露しました。公演中にも収録用のカメラが入ったので会見の様子は特典映像になるのではと噂されています。
だから、今回のSHOCK会見もテレビ特番はなくてもサントラかDVDの特典に入ると期待していました。
サントラ発売のお知らせがあるから、ファンを入れて数曲歌ってくれるのではと。
それなのに、当日行けなかった人にとって特別なものは何もないのに、そのことを全く気にも留めずに当日行けた幸運な人にだけ更なるファンサをしたことが本当にショックでした(2回めです)。

でも、光ちゃんが「特別番組」の番協ということを知らなかったのなら、あの会見はSHOCKの会見なのだから、それ以外の特別を求めること自体光一君に対して失礼なことですよね。

事務所の人が光ちゃんに、諸事情でファンの人たちには「特別番組」の番協ということで集まって貰ってると伝えていたら、光ちゃんの対応は違っていたと思います。来れなかった人に対して、「ファンの期待に応えることが僕の使命。」(不正確)と言ったそうですが、それを読んだ時も、光ちゃんはファンが何を期待してるのか全く分かってないと更に悲しくなりました。
また、これからファンと触れ合える機会をと言ったことに対しても、来年もSHOCKしかやらないけどファンミなどして幸運な人にだけ特別ファンサすればファンは満足するとでも思ってるのかと光ちゃんに対する不信感が益々募りました。
駒井さんの来年は触れ合えることがあるのかに対して内緒というのも光ちゃんのパフォーマンスに枯渇してるお留守番組に対して冷たすぎる。

でも、全て、「特別番組」か「記者会見」かという認識の違いによる誤解だったのですね。
もし、光ちゃんが「特別番組」と期待しているお留守番組の存在を知っていたら、きっと、期待させて申し訳ないと思ってくれたと思います。
今日発表できる特別なことは何も無いけど、いつか皆で触れ合えるようなことも考えているので待っていてと言ってファンミではなくてパフォーマンスを匂わしてくれたと思います(勝手な想像ですが)。

SHOCKの会見だと思っているのだから、SHOCKで期待に応えると言ってくれるのは行けなかった人たちに対する誠意ですよね。

会報に来年はソロ活動が期待できるようなことが書かれてあったそうですね。中途半端な情報に振り回されて一瞬でも光ちゃんを疑ってしまったこと申し訳なかったと思っています。光ちゃんの為に出来ることがあれば、要望など頑張って償いたいと思っています。

No title

kaitoさん
いつも素敵な言葉をありがとう~!
自分の中の黒い何かに負けずに
ちょっと無理して
楽しみますわよ~

 kaitoさんこんばんは。今TVのチャンネルを変えたら同僚さんが映り、慌ててチャンネルまた変えました(-_-;)ビックリした

 特別番組、勘違いというか、期待したファンがたくさんいたのですね。私は集合が帝劇と知った瞬間に気付きましたが、それでも番組じゃないのかと残念に思いました。

 あれは東宝さんや事務所の考えであって、光一さん個人がどうこう出来ることじゃない。ジャニーズ事務所という会社の一タレントであって決定権は無い。光一さんは与えられた仕事の範囲内でキッチリ頑張ってる。なのに、光一さん個人に苦情をぶつけている方が結構いらっしゃって、それが残念で嫌な気持ちになりました。光一さんには何故か厳しい自称図書委員の方の中には、Gの15周年はやらなかったのに!Gを舐めてる!やる気を見せろ!と叫んでいる人も…呆れました。

 光一さんは同僚氏と違って、自分がどれだけ頑張ってるとか戦ったとか、不平不満をなかなか口に出してくれないからファンには見えにくい。だからって、光一さんが何もしてないわけがないですよね。何がしたいかと聞かれて、ファンに向かって「何して欲しい?」と聞いてしまうような人ですからね(^-^)

 ただ、kaitoさんのおっしゃる通りファンにも色んな考えの人がいて、そのすべての意見に応えることは出来きません。そこを理解したファンでいたいですね。

No title

kaitoさん。

相変わらず、お忙しい中更新ありがとうございますv-32

私は特別番組と書いてありテレビを想像しました。

やはり地方ファンにとっては光ちゃんがテレビにしかもソロで出てくれる

のを心底望んでいるから。

だから、特別と言え帝劇でのファンを入れての会見はちょっと??

かな?

それは、やっぱり羨ましいが先にたつんですよね。

行けるものなら行きたいけど、当選しなきゃ行けないし、当選しても

諸事情により行けないかもしれない・・・

まあ、色々考えるときりはないけど・・・

でも、ワイドショーでの光ちゃんの笑顔を見ると、私まで笑顔になって

しまうv-10

そして、kaitoさんがこうして更新してくれて、それを読んで納得できる

自分がいるe-343

kaitoさん、いつもありがとうございますe-328

今日、私の所にも青い封筒が届いてました。

kaitoさんにも届いて間に合いますようにe-420

体大事にされて、お仕事頑張ってくださいe-454

幸せに麻痺してない?

kaitoさん、はじめまして。

いつもロムさせていただいています。

今回の件を受けて、真っ先に思ったことは、光ちゃんが以前言った[幸せに麻痺してない?!]という、まさにその言葉がずしりと響きました。

15周年やることは、決して当たり前じゃない。

そのことを当たり前として考えてる人が多いのかな?
当たり前じゃないことを一番わかっている座長だからこそ、15周年を迎えられるんだと(私は)思います。

今回の件、私もkaitoさん同様、[会見]だとは予測していました。会見→観客ということは、ある程度の[特別感]は、むしろ当然だと感じてましたので、ある意味その後の展開も私の中では想定内でした。

その予測がついてた人と、番組だと思っていた人とでは、受けとめ方の温度差はあるように感じます。


番組だと思っていたのに……

みんなで楽しめる情報があると思っていたのに……

番組だと思っていた方たちは、そう思うのはごく自然な流れです。

かと言って、あれをどのように告知すべきか?場所を特定したら、おおよそ予想はついたかもしれません。

でも、そこには場所に殺到してしまう危険がある。

会見とは言えない。でも、番組ではなかった。

この中間を、どのように伝えるか?極めて、難しいことです。

事務所には、今後このようなことがある際は、番組ではないことの主旨をなるべく明確にする姿勢であってほしいですね。


それと、kaitoさんが記事に触れてないことを言うのは申し訳なさがありますが、賛否が起きた[その後]の部分。

なぜ、その展開になるのかな?

果たして、自分がその立場になったら、そこまで複雑になるんでしょうか?

あまりにも悲しかったです。

まるで、光ちゃんの過剰なファンサで片づけられることが。

どこをどう取ったら、それが1部の過剰なファンサになるんでしょうか?

というか、日頃の彼を見ていたら、そんなことをする人じゃないことくらいわかるでしょうに。。。

私みたいに最初から行けない立場としては、非常に嬉しかったです。

どういう形であれ、TVで見れる環境に。


光ちゃんからすれば、ある意味[特別感]を設けなければ、何のために観客を入れたか?になるでしょう。

今回の[その後]の件について、あまりに光ちゃんに矛先がいくのは、見てて耐えられませんでした。

とってもとっても、悲しかったです。

もう、こういうファンサはいらない!

光ちゃんは、ステージ上だけいればいい!

そういう意見を目にしましたが、そう言った方たちは果たして、自分がいい思いをしたら、同じことを言えるんでしょうか?


ステージ上に1回ずつ戻り、2階席への配慮も忘れない。

用意された椅子に座らず、立ったまま進行。

行けないファンへの言葉もあり。

これが、全て彼のファン思いを表してるように感じました。


これだけで、充分です。
充分すぎるほどのファン思いを感じました。(私は)

行けないからこそ、感じたファン思いが伝わってきました。


[今後、こういう機会を増やしていきたい]
的なニュアンスを言ったようですね。

今までと何か心境が変わったのかもしれません。


長年の経験、置かれている立場、環境が変われば考え方も変わる。

それでも、これだけの配慮で、根っこの部分はいつもの彼だと感じました。

[こういう機会を増やしていきたい]という本人の意志をファンながらのファン心理で狭めたくはないと思うとこです。

帰りに、限定公開したポスターを見れた方たちも多数いられるようです。

それだけでも、私からすれば充分幸せ者です。

いつも、通うほど観劇できる方たちこそ、それこそ最高のファンサ[この言い方は不適切ですが、あえて表記させていただきます。]
を受けているんじゃないでしょうか?


幸せに麻痺してない?

まさに、その言葉がずしりと響きます。


たった1日のために、たくさんの愛情表現を見せてくれた帝劇さんと、紳士的な光ちゃんの人となりを改めて感じた1日に、深い幸せを噛みしめています。


kaitoさん。

はじめましてなのに、駄文長文、失礼いたしました。







待っていました

kaitoさん ありがとうございます

SHOCKの発表 首を長くして 待っていました 青い封筒 今日届いてと祈っています

美波里オーナー 屋良君のライバル(ニューヨークでのあの言葉が実現しましたね)嬉しいですね

また あの 感動を

光ちゃん 本当に素敵な 最高のエンターテイナーですね 

心が揺れる事などありません
光ちゃんが16~7才の頃からずーっと 光ちゃんファンですから
これからも 楽しみにしています

ソロコン アルバム& シングルCD
ドラマも 待っています 

kaitoさんの SHOCKのコメントも楽しみにしています 
光ちゃんのファンになれた事に感謝し
15年もそしてこれからも素晴らしい 舞台を続けてくれて 感謝&感激です ありがとう  光一様
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。