スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今思ってること

ちょっと長くてハードな出張から帰ったところだけど
いくつか気になる状況があるみたいで・・・

声にして届けてくれた人もいる。

ある意味では悲鳴だったり。

怒りであっても、その対象が同じ光一ファンに向けられていたり。


今は堂本光一ファンとしては冬眠期なので(笑)気楽なはずなのに
逆に心がザワザワさせられることもあるようで

いつものことながら、みんな大丈夫か~という気になってるよ。



えっとね、今日は僕が今の時点で思ってることを書いてみる。

こういう、僕のような者の語りなどが苦手な人はスルーしてちょ!(ごめんね)



ソロの仕事が終わってGの仕事期間になると、いつものことだけど
同僚氏(という表記にする)の語る諸々が気になる人たちが増えてくる。

言葉でしかないのに、その言葉が鋭い刃先となって突き刺さる。

もうね、何回見てみたことか、この残酷な図を。


そういう時、僕の心に浮かぶのは3つの言葉。

正確な字句ではないかもしれないけど、光一が同僚氏に言った言葉。

ひとつは、昔々のTV映像で見たもので、誰かに対しての愚痴か不満を言った同僚氏に対して。


『お前が頑張れ!』


同じくTV番組で。


『反面教師』


ラジオで。


『彼が僕について話すことの8割は嘘』
(本当だと取られると僕もどうしていいかわかりませんし)


もうさ、これがすべてなんだよ。


僕は男が男のことをこういう風に評するときの気持ちはよくわかってる。

さんざんな目にあってるんだよね、そいつから。
基本、うんざりしてる(笑)

でも、光一は相手を直接非難することも言わない、そもそもさほど気にしてないから。
ただ軽く迷惑なヤツだと感じてることは間違いない。


僕が光一の3つの言葉から受け取るのは、光一自身の仕事のやり方とは相容れない相手であり、人間としても信頼できる相手ではないが、まあ”そういうヤツ”として受け入れている、という感じかな。


女性にはなかなか解ってもらえないんだけど、嫌いな者同士でも、仲良くできる時間もあるし、人として否定も嫌悪もしない、っていう関係性もあるんだよ。

それが普通に、職場の人間関係だったりする。


自分が光一という人間に信頼を置いている限り、その同僚が何をどう印象づけようとアレコレ語っても、そんなものは完全スルーでいい。

日々、僕らの職場で行われている現象とまったく同じこと。


そして、同僚と仲が良くなくても、互いに批判する気持ちの方が強くても、そんなことは仕事上は何の関係もないことも事実。



忘れてはならないことは、ファンと光一との関係もあるけど、光一と同僚氏との関係もある、ってこと。

彼らは十代の半ばから二人組として活動し、二人にしか分からない時間を過ごしてきた。
その、彼らの関係性にまで、僕らが言及できるとは(していいとは)思わない。

ある意味では、身内そのもので、好きとか嫌いという次元ではないかもしれないし。
もしかしたら僕らが思ってる以上に、内面的には薄い関係性しかないのかもしれないし。

そこのところは、僕らの関知できる範囲を超えてるのだから、放っておこう(笑)


僕は光一自身に関しては心配しない。
同僚の言葉でどうにかされるような位置にはいない人だから。

ファンが気にするほど、ファンが嫌がるほど、光一落としにはなってないから(笑)

う~ん・・・どう見ても落ちてるのはもう一人の人間性だろ?と。

ま、それすらも、一般の視聴者は気にしてないだろうと思うし。



僕が一番、同僚氏の罪だと思ってるのは、光一にはファンがいないかのような言動をした、ってこと。


わかるかな?

彼は、光一ファンをいないものとして扱ったんだよ。


”こんなことを言えば光一ファンはイヤな気分になるだろうな”という発想が全くなかった。

光一自身はいいんだよ。彼が何を感じたとしても、それは互いの間で解決すべきなのだから。


でも、光一ファンの気持ちは、絶対に無視すべきじゃなかった。

驚くべき神経だよ、ファンがみんな光一ではなく自分の言動を信じると思ったなんて。



嘘であろうと何であろうと、光一をネタにして面白おかしく話すこと。ちょっとだけ馬鹿にして笑うこと。たまにマジで光一は酷いヤツだと思わせること。

凄いぜ(笑)、知ってる人しか知らないけど、デビュー以来、「光一って同僚よりちょっと劣る、ちょっと変な人」という印象をずーーーーーっと植えつける言動を繰り返してきたって。

知らない人は文句言うな!って言いたいよ僕は。


今でも忘れられないけど、光一が『ハルモニア』というドラマを撮っていた頃のアイドル誌(もちろん後になってから見せてもらった)の読者の声欄に「(同僚氏)くんが光ちゃんのことを批判するのを読むのがつらいです。もうやめてください」とあって。

そんなの、いくら投稿があったからって誌面に載せるか~?!
それくらい、同様の反響があったんだろうな~と思ったよ。驚愕だったよ。

デビュー間もない時から、その調子だよ。

そんな衝撃的な「ファンの声」を受けながらも、やめることはなかった同僚(笑)


デビュー当時は直球批判だったのだろうけど、その後は「ちょっと変な相方なので僕困ってます」を周囲にアピール。

ネタだと笑いながらも、しっかり植えつけられるからね、イメージは。

しかも、あえて否定して回るほどでもない話で。
光一はほとんど否定せず、笑うしかなかった。・・・という反応まで織り込み済み。


光一が「8割嘘」と言うに至った20年の歴史を思うと、ほんとに何も言えねぇよ。。。


同僚氏の発言はみんな、自分のファンに向けての発言だった。
自分と一緒になって光一を笑ってくれる”仲間”への。

そこには、堂本光一ファンは存在していなかった。



光一ファンよ、自分を”いないもの”として扱ったヤツを、君は”いるもの”として扱うのか?


いつまで、ヤツの言葉に傷つくことを自分に許すのか?



これが、僕が一番言いたいことだよ。



もう、ヤツの言葉に傷つくのをやめよう。


一度は応援していたG、一度は信頼していた相手、・・・そんなふうに大切に思っていたからこそ、戸惑い、混乱しただろう。

ヤツが言う通りの光一なら、ファンにはなってないんだから(笑)


その、「信じていた自分」「応援してきた自分」を、もう解放していい時期だよ。

Gに関わることから、自分を解放しよう。



Gをずっと応援しているファンもいる。
光一が所属している限り応援するという人もいるだろう。

それも自由だし、それが光一の足かせになると思うのも自由だけど、それはあくまでも光一が自分で判断すること。



僕らが理解もできず、好感も持てず、言動を見聞きすれば批判しかできないような相手を気にすること自体が、人生の無駄遣いだと僕は思う。



光一ファンがいない世界に住んでいる(住みたい)人のことを、どうして光一ファンが気にしないといけないんだろう?


互いに、クリーンな世界に住めばいいじゃないか。


光一ファンだけの世界は、清々しい空気に満ちているよ。


醜い言葉を用いない光一という人のおかげで、清らかな世界だよ。


「稽古や準備に費やした時間は絶対に裏切らない、と信じています。もしそれが結果につながらなかったとしたら、自分の稽古が足らんかったってこと」(TV誌より)と語る男が中心にいる世界だよ。

僕らはそういう人が好きだし、安心する。


でも、そうじゃない人が好きな人もいる(笑)
それも無理のないことで、人はそれぞれなんだよね。


自分は自分の住む世界を自分で選択できるのだから、光一の世界を大事にしたい僕らであるならば、この世界の素晴らしさを味わえばいいんじゃないだろうか。


どうしても関わってくるモノが我慢ならん!というのも分かるけど、仕事のことは光一が(あらゆる意味で)やらざるを得ないことをやってるんだよ。


あれもこれも、大事な仕事なんだよ。一芸能人、一企業人として。


どの仕事を歓迎し、どの仕事を拒否するかは、僕らが選択すればいいこと。

光一に望んでも無理(というか超難しい)ことを声に出すのは、価値的な行為とは思えない。


言うべきことは言う、というのは思想としては理解できるが、現実問題としては意味がない。

自分と考えの違う人の、やや過激な言葉をどう受け取るか、自分の反応を見詰めれば分かるはず。



光一という綺麗な星を眺めながら、気になるのは周りの黒雲か?

あれがなければもっと美しいのに!とばかり思い詰めて。

・・・それは悲しい。

もっぱら、星の輝きを身に浴びて、星の素晴らしさを語るのが、価値あることではないか。





年間4か月も日本を代表する劇場から望まれる光一に対して、外部からの嫉妬や圧力がいかに大きいか、今年は妙なスキャンダルネタまで週刊誌に捏造されたのを見て、つくづく感じたよ。

おお、本格的に狙われる存在になったな、と。

それでもあの程度の何の実態もない記事しか書けないほど、光一に隙はないと証明されただけだった(笑)

事務所内部の派閥抗争(?)なんか、小さなこと。
光一は外部の芸能事務所から狙われるほどの存在なんだよ今や。

舞台を取り巻く環境の厳しさは、僕らの想像を超える。

どんなに光一を頂点とするジャニーズの存在が邪魔だろうか・・・。

光一の集客を減ずるためなら、何でもやる芸能事務所がうようよいるんだよ。
変なでっち上げが今後もあるかもしれない。
それに振り回されるファンであってはならない。

外部の圧力と戦うべき時に、ファンが圧力になるなんてとんでもねーよ(笑)

4か月も大きな箱を押さえる光一は、あり得ないほどの存在。
実際、こんなことができる(やってしまう)芸能人は堂本光一だけ。

どれだけ嫉妬されてるか、少しだけ舞台関係者の身内がいる僕には察することができる。


それを感じるなら、同僚氏の言動なんか鼻くそ(失礼)ほどの意味もない。

より大きなものとも戦いながら、自分のやりたい仕事に向かって走っている光一。

僕らは、光一のことを(何もできなくても)守り、祈り、何よりも楽しみに待つファンでいたいと思う。

本当に光一を応援する、大事にするとはどういうことなのか、自分自身の要求以上に「光一のため」とはどういうことなのか、を考えていきたい。





と、最近思うことについて書いてみたけど。

誰に何を言ってんの?と思う人もいると思う・・・変な文章ですまない。


誰かに、何かが、届けばいいなぁと思って書いてみた。




最後に、僕がいつも女性に対して思うことなんだけど・・・

女性って「ゆるす」のが苦手だよね?

他人のこともだけど、自分のことも。


光一の曲『Bluff XX』の一節のように、「君を許してかまわない」と、いつも言いたくなる。

これは恋の歌だけれど、自分を苦しめた男を許せない自分を、もう許してあげなよ、と、別の男が語りかけてる曲。

傷ついた自分を許せなくて武装(虚勢)している女性に、そんな自分自身を許していいんだよ、と言っている。


傷ついたのは愛していたからこそ、なんだけど・・・その傷が深いほど自分を許さない女性たち。


僕が、この詞に共感するのは、「もう自分を許していいんだよ」と女性に言っているから。
許さない限り、罰し続けるだろう?相手のことも自分のことも。


憎んだり恨んだりするのは、いくら当然だという道理や確信があったとしても、他人には何も伝わることはなく、ただ自分を固くするものでしかない。

その力んだ肩をやわらかくしてあげたい、もう自分を許してかまわないんだと言ってあげたい。

なぜか、女性に対しては、そんな思いになることが多いなぁ。。。


光一の声で、そう言ってくれてるんだから(笑)もう一度聴いてみてほしいな。




うーーーーーん。。。書いても書いても凹むばかりだけどね。。。


誰かの心に届きますように。



またね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

修行途中、悟りの境地には、まだ未到達…σ(^_^;

『二人でマンション借りようか』

嘆き悲しみ凹んでる場合じゃない。
光一さん、弟くんと、博多後『寂しい』→マンション賃借計画中!?
自分の幸せより、光一さんの幸せを願う
光一さんを心から大切に想う人達に、
パンちゃんのご飯代、弟くんとの食事代だけじゃなく、
マンション賃借料も支えていく使命が課せられるかも!?
望むところ、どんとこいp(^_^)q





kaitoさん、凹み過ぎて、きちんとしたお詫びが大変遅くなって、
申し訳ありません。

私が、Gの現状に、某に疑問を感じない自称光一さんファンに対し、
(光一さんを本当に大切に想うのなら、)
「見て見ぬ振りをしないで、
人としておかしいことは、おかしいと認識して。」
などと、訴えかけたりした為に、
一刻も早く文章作成を。と、貴重な睡眠時間を削らせてしまう一因となってしまい、
本当に、本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m


(以下、言いたい放題、頑固石頭の私は、kaitoさんが、呼び掛け、気持ちに寄り
添えたら、と願われた対象に入ってないのに、厚かましいの承知の上で…。)

多分、多分、私、ものすごくおかしなことを言ってる訳ではない…?
でも、ここ月光浴で訴えかけるのは、お門違い。

「汚い心」
「汚いのは、お前の顔と心だ!p(`Д´)q」
って、日本海の荒波にでも、向かって叫ぶだけにして、
積もり積もった想いをこちらにコメントしては、いけませんでした。


実は、4~5年前にも、全く同じこと、訴えかけてるんです。
その当時の、Gの現状に、某に全く疑問を感じない方のコメントが続いた後。

結局、今なお、多くの心ある光一さんファンの方が、その時々で、
憤り、悩み、苦しんでいるのは、

「現在進行形」だから。

光一さんファンの応援スタンスの多様化、
過去があっての今。
間違いないけど、何より、「現在進行形」だからこそ、
“人の心”を持っていれば、憤り、悩み、苦しむ。

だからこそ、kaitoさん、「光一さんだけを見詰めればいい。」って、
心優しいからこそ苦しむ光一さんファンを一人でも救いたい一心で、
呼び掛けておられるんですよね。
(一つの方法として、可能なら、ネットから離れ、
G関係のTV、雑誌等、一切見ない。でしょうか?)


(呼び掛け対象外の私の想いなど、コメントすること自体間違ってるのですが…、
ごめんなさいm(_ _)m)
ただ、私の場合は、ですが、
見て見ぬ振りとは、意味合いが全く違うと思いながらも、
存在しないものとすることには、どうしても違和感?を感じてしまい、
(G関係、一切見ないようにすればいいだけかもしれませんが、)
今なお、繰り返されていることを、
人として、おかしいことをおかしいと感じなくなったら、
私が私でなくなるのです。

(ただ、今後、もしコメントさせていただくなら、嬉しい楽しいことだけに
します。)


Gの光一さんも、ソロの光一さんも、美味しくいただける私達は、幸せなファン。
って、つぶやいてらっしゃった方のお蔭で、
今まで以上に、しっかり気付けたのですが、
私の場合、「光一さんの幸せが、私の幸せ。」

(↓いきなり、お名前出して、すみません<(_ _*)>)
かつて白皙の美青年云々を分かってくださった紫乃さんなら、
今回も、分かってくださるかも…。

「あなたが不幸になるなら、私もまた、この世で最も不幸な人間になってしまう
からです。by ジェローデル」

もちろん光一さんは、マンションの廊下から聞こえてくる子供の声に幸せを感じ、
「サプライズ、成功するかしないかではなく、相手(光一さん)を喜ばせたい
という、気持ちが嬉しい。(台湾でのソロコンでの言葉)」と、
どんなところにも幸せを見出せる方ですが。

また、面白くもないアホなボケを…と、苛立たれた
(ex.以前、丁寧に突っ込んでくださった)方、

「文句があったら、ベルサイユにいらっしゃい。」

(言い逃げ)ε=┌( ・_・)┘





お母さんへ、心からの感謝を込めて。

寄り添ってくださるお気持ちが、ただ有り難く、涙が溢れて溢れて、、、。

なのに、凹み過ぎて、心と手が動かなくなり、直ぐにお礼が伝えられず、
申し訳ありません。

ありがとうございました。
本当にありがとうございました。

アホな(怪獣)娘のせいで、余計なご心配をお掛けしてしまったこと、
心からお詫び致します。

もうね、お母さんも見て見ぬ振りをせず、同じように、
人として、おかしいことはおかしいと感じてくださるのだから、
それで十分。

光一さんファンなら、と、欲張ってはいけないな、と。


これから、日々、寒さが増していきます。
どうぞ、どうぞお身体ご自愛くださいね。

私以外にも、多くの方が、乙女さんのコメントにホッとされ、
癒されていらっしゃいます。

体調が良くて可能な時に、乙女さんのお声、お聞かせくださいね。

(感謝の気持ちを伝えたい一心の拙い文章で、情けないのですが、)
本当に、本当にありがとうございました。





以上、毎度、身勝手な自分語り、お目汚し申し訳ありませんでした。

(以前、声掛けてくださったひかりさん、ありがとうございました。
直ぐにお礼が言えず、更に、声掛けてしまったこと、今では、後悔なさっている
かも…ごめんなさい<(_ _*)>)


「光一さんを、大切に、大切にして欲しい。」って切なる願い、
Gの光一さんを応援出来なくなってしまった立場の者が、言っても説得力に欠けて
しまうと分かっていながら、願わずにいられませんでした…(/_;)


限界、つっ疲れた…(ρ_・).。o○

No title

kaitoさん こんばんは。
 
こちらに書かせていただきます。

光一さんファンの皆さんは聡明でいらっしやるから
代弁してくださり 有り難うございます。


私信で済みません。  修行の旅に出た可愛い娘の

アッシュ・ブルーさんへ

旅は近場にして一日も早いお帰りをお待ちしていますからね。
                                 
                            母より!!

No title

kaitoさん すいません。

もうコメント出されたのに、荒れるかな?
今のGファンの状態を作り出したのはT氏だと思います。
T氏は光一さんを見下して、上に立ちたいんだと思います。
2番で良いとかGでの順位付けをし、
如何にも光一さんが原因だと思わせる愚痴を言ってT氏ファンを煽ってた
そのせいでT氏ファンは直接ラジオで話せる機会にT氏だけに嬉しそうに
返事を返して、光一さんへは沈黙して答えない出場者が何人かいました。
そんな自分のファンの態度を嬉しいそうに?T氏は笑ってました。
光一さんは「そおいうことか」と寂しそうでした。
T氏が光一さんのことコンやラジオ、雑誌で教えてくれる逸話が全部、
光一さんって性格的にどうなの?って話ばかりで、
光一さんファンはその時期、Tくん迷惑掛けてゴメンね。
光一さんってそんな人だったんだと、光一さんファンでも信じてしまってました。
でも、何時か気付くんです。
違うって、T氏の言ってることが間違ってると、光一さんファンはね。
T氏ファンはT氏のせいで、光一さんはバカにして見下していい存在だと
コンで光一さんだけにブーイングとか酷いかけ声をしたりしますよね。
光一さんのソロコンまでT氏コール出来るのは、光一さんを尊重してないから

大好きだったT氏を含むGを批判してる過激な人達が嫌いでした。
でも。自分もその人達のこと分かるようになって、
同じ感想を持つお仲間になりました。
見ないふり気付かないふりで、Gファンでいれたらなとしばらく葛藤しましたが
見えてしまった不快なものに我慢ができなくなりました。
人それぞれ、どんな経過を辿ってGから気持ちが離れていくのか、
今の立ち位置が変化して行くんですよね。
まだ見ない振り、疑問投げかけ中、T氏批判中、T氏無視で光一ちゃん堪能中、
T氏が嫌で苦しくて光一さんからも離れてしまう人さえいます。
どんな立ち位置で、光一さんを応援してようが、
批判されることはおかしいです。
光一さんのソロコンを見てしまったらGでは満足できなくなってしまうのは
仕方がないと思いますよ。


今さらですが、お礼が言いたくて。

「言葉でしかないのに、その言葉が鋭い刃先となって突き刺さる。」
度重なるその攻撃に、心がボロボロの状態でblogを読ませて頂きました。
Kaitoさんの言葉が心に刺さり、心に沁みました。
何より、私達の心情をここまで分かってくれている事がありがたかったし、こうやって文字にしてくれる事によって、自分自身の心を改めて見つめ直すことが出来たような気がします。
自分を許すにはまだまだ時間がかかりそうですが、ちょっと心が軽くなりました。
ありがとうございました。

偽善者はいらない

ちっかさんやコードさんみたいな偽善者が大嫌い。こういうファンに嫌気が指してGファンやめた。光一君の気持ちを考えましょうとか光一君に恥ずかしくないファンでいましょうとか…ウンザリ。そんなこと、もう越えてしまって「ファンとして嫌なの!」と言いたい。それでもGにもほんの少し、本当に少しだけ気持ちが残ってた。でもね、今回のアルバムの曲聞いて完全に醒めた。同僚さんのソロ?みたいな楽曲ばかり。それを喜んで聞ける人達と一緒に応援はできないよ。光一君の声も沢山聞きたいよ。同僚さんが安心して眠れる歌割りばかりのGなんてつまらない。
そういうことは絶対スルーなくせに偉そうに語らないで。同僚さん擁護ありきだから文章も支離滅裂で説得力の欠片もなくなるんだよ。無理して苦言を呈してます的な書き方も不愉快極まりないです。
私も感情的になってすみません。でも、卑怯な偽善者にはっきり言わないと!こういういい人ぶったファンが実は真のアンチだと思います。

kaitoさん こんばんは

いきなり本題ですが、剛って光一にとっては身内ではないけど他人でもない親戚のようなものなのではないかと思うんです。
いいところも悪いところもわかっていて、たまにうんざりもするけど切り離す事もできない関係かなと。若くて世界が狭い時は密な関係だったけど成長し広い世界を知ってしまった今はたまに会うような存在。

剛や二人が好きだと言うKinKiのファンは剛が病んでいた時を知っているから、苦言を呈さなきゃいけない時も言わないんだと思っています。好きな人が病むって辛いからね。だから何でも肯定するのかなと。

光一はすべて呑み込んでKinKiのために頑張った。剛が言った誰も信じられないの中には光一は入ってなかったのかな?
剛にとっても光一は親戚のようなものだから光一には気を使わないでよかったのかな?ファンに対して気を使ってくれたらよかったのにね。

世界が変わったような思いだったけど光一はこれもすべて飲み込んで理解して曲解するなと言った。だから光一を信じた。光一は信頼できるから。

光一ファンを無視する言葉は私には響かない。剛が何を言おうが気にもならないし、自分の眼を信じているからどうでもいい。そう思える少数派なんだと思います。許すとかそんな感情もないです。

ただ雑誌やテレビで剛が饒舌に語ってるとまた、同じ光一ファンが攻撃的にひどい言葉で剛を落としたり、ファン同士なのにスタンスの違いでやり合うのを見かけるからうんざりしてしまいます。光一が大好きだからこそ起こる感情のぶつかり合い。これが悲しい。
ただ光一が好きなだけなのに。その気持ちに優劣はないのに。

光一がSHOCK千秋楽で私達を最強のファンと言ってくれた事がどれだけ嬉しかったか。
そう言われる事に値するファンでいたいです。

今までもこれからも光一が大好きです。

No title

夏椿さま、ここにコメントをしたこと自体を怒っていらっしゃるのかと存じます。
非公開にできればよかったのですが、申し訳ありません。
私にはこれまで皆様が我慢し続けたことが分かるなどとは決して言えません。
ただこれからの悲しく嫌な思いをする方が少なくなればと思います。

そうですね、ある部分で成長のない剛のファンを未だに続けている私達はもっと剛に対してNOを出すべきです。
夏椿さま達のような、これだけファンが離れて行ったこと自体NOを突き付けているとも思うのですが、彼のよく言う「ありのまま」という言葉に都合よく覆われた自己肯定は私にとっては未知の領域です。
ただ光一というフィルターを通していない私に見えることもあると思っています。
今の剛を作ったのはKinKi・剛ファンではありません。
あの剛に対し、ファンはそんな力はありません。
これ以上は興味外か逆なでする考えになってしまうかと思いますのでやめにします。

「80%嘘」について書かせて頂いたのは、以前より光一さんの本来の主旨とは離れ都合よく一部分を抜き出して批判の道具で使われているを見てもやもやしておりました。
そうしたところkaitoさまのブログを読み、「80%嘘」について見解をどう受け止められるか知りたくなりました。
それと同時に、剛に対して批判していることと同じことをしているんじゃないのかという批判も含んでいること、お気づきになられたかとも思います。

momoさま、光一さんの優しさなのかもしれません。ただ、私の主旨とは違いますのでご容赦を。

いろいろ不快に思われた方申し訳ございません。
kaitoさまがコメント欄での議論を望んでいないというのをどこかで読んだと思うので、夏椿さまへのご返信はこれでおさめさせて下さい。
申し訳ございません。

No title

こんばんは。
「80%嘘」だけ切り取るも何も「知りもしないでいい加減な事を言うな」って事でしょ。「ボケになってないから笑ってあげて」は光一君の優しさですよ。間違った情報を言われると嫌でしょ。普通は。実際に、剛君のファンは「光一はアイドル好き」「若い子が好き」ってばかにして叩いてる。若い子が好きでもアイドルが好きでもいいのに叩く意味がわからないけど、剛君がばかにした言い方をするから剛君ファンもGファンも光一君をばかにしていいと思い込んでるんでしょう。全てがそういう事です。
kaitoさんすみません反論してしまいました(^^;

ごめんなさい!

先の投稿で、kaitoさんのお名前、
最初が大文字になっていました。申し訳ありませんでした。

No title

コードさん、好きな人が誤解されていると思えば、ファンとしては嫌ですよね?貴女もそのような思いでここは光一君だけのファンが集う場所と分かっていながら、コメントなさった。
光一ファンは長い間、その思い(誤解されたら嫌)を我慢し続けてきたことを分かっていらっしゃるでしょうか?
T君の言葉は貴方がたファンには冗談やボケで済むのかもしれませんが、光一ファンからすると、何も知らない人達に悪い印象を植え付け兼ねないものでしかありませんでした。

>反面、剛がうまくない「ボケ」だか「落とし」を続けるのであればどんどん書いてもらって、剛がそういう言葉やめて欲しいとも思います。

これは違うと思いますよ。
本来、貴方がたファンが、T君、そんな事言ってはいけない、そんな事しちゃいけない!と厳しく言うべきでした。
本当にKinKiが大事ならば。
でも、見ていると、T君ファンは大甘の人が多く、彼に苦言を呈する人はほとんどいなかった。それが、今の彼を作ったとも言えるのではないでしょうか?
確かに貴女のようなファンは少数派でしょうね。
Kaitoさんがお書きになった「80%は嘘」という部分にこだわっていらっしゃいますが、元々KinKiファン(T君も好きでしたよ)だった私が彼を受け付けなくなったのは長年に渡る、光一君への愛情があるとは思えない言動の数々を身をもって感じたからであって、極論を言えば、光一君の言葉に左右された訳ではありません。
元KinKiファンで今光一君オンリーファンは、多くが同じではないでしょうか。
人の感じ方は様々です。ですが、不快に感じた人がこれだけ多いことを、もう一度真摯に考えて頂きたいと思います。

No title

kaitoさま、初めましてコードといいます。
剛寄りのKinKiファンです。
ここまででも不快になられているかと思いますが、それを承知でコメントさせて頂きます。

この記事を読ませて頂いて思ったことの一つに、光一さんファンはいつも「彼が僕について話す80%は嘘」を抜き出すということです。
kaitoさまはこの時のラジオの全部の内容をご存知でしょうか?
もし知らないようであったら、どんなもんヤ!レポにキーワードを足して検索すればヒットするかと思います。
このくだりで光一さんが一番言いたかったのは“嘘”の部分ではないのがkaitoさまならご理解いただけるかと思います。
でも光一さんファンで後半も含めて抜き出す方を私は見たことないです。
ファンではない方に剛の話す光一さんが違うということを言いたいから“嘘”の部分だけを伝えるのでしょうか。
違いますよね、この言葉を抜き出す方は必ず剛批判をする方で、光一さんの言葉の一部分を切り取って色々な場面で批判の道具としています。
kaitoさまは光一さんの剛に対する「不満」だと受け取っておられるよですが、このラジオですとファンへの「不満」としか私には受け取ることができません。
この部分だけを抜き出している方を見ると、ご自分が批判されている剛と何が違うんだ?といつも思ってしまいます。
大好きな人の言葉を歪んで使っているんじゃないかなって、いつも思ってしまいます。

他に、「それぞれの自由」と言いながら「でも、そうじゃない人が好きな人もいる(笑)」など小馬鹿を含んだ「(笑)」を多用、でも「清らかな世界」に住んでいる、などと揚げ足とりをしたくなるような箇所も途中に挟みながら読ませて頂きました。
すみません、内向きの文章でしょうが外から見ればこう見みえます。
思ったこと書かせて頂いきました。

しかし、kaitoさまのこの記事は本当に私が感じていたこと、剛に直してほしいところ、剛に気づいてほしいことが全て書かれていました。

「光一にはファンがいないかのような言動をした。光一ファンをいないものとして扱った。」

このことを剛に気づかせてやりたい。
本当に切に思います。
私は彼のことが未だに分かりません。
「ファン同士仲良くしてね」っと言った彼の言葉、こいつ大丈夫かと思いました。

先に書いた「80%嘘」の件もいろいろ反論を書かせて頂いたのですが、反面、剛がうまくない「ボケ」だか「落とし」を続けるのであればどんどん書いてもらって、剛がそういう言葉やめて欲しいとも思います。
どんどん筋のある刃を放ってほしい。
(筋のない方が使われる場合が多いので、普段は反論する気にもならないですが・・・)
気付いてほしい。
私自身がその辺りが矛盾だらけで無茶苦茶です。

男性ならではの視点も興味深く読ませて頂きました。
光一さんと剛の関係性はつい色々考えたくなってしまうのですが、結局のところ様々なフィルター越しに見ているだけですから、私の自己満足の範囲でしかないのでしょう。
光一さん像に関しても当然kaitoさまと私とでは相違があると思います。
光一さんに関して未だに全くわからないのは、以前堂本兄弟の前田敦子さんの回で光一さんから剛に謝ったときです。
謎です。
kaitoさまがどんな推測をしたのか、若しくは考えたくもないのかもしれないでしょうが、聞いてみたいと思ってしまいました。
私は取り合えずあの時剛が謝ってほっとした、それに尽きます・・・。

過激な言葉を発する人達を誘導する内容も含まれているように感じ、とても頭の下がる気持ちにさせて頂きました。

長々と書き連ねましたが、お時間をとらせてしまい申し訳ありません。
伝えたいこと、一通り書かせて頂きました。
なぜ伝えたかったのか、書かない方が良かったのか、よく分かりません。
自分のようなKinKi・剛ファンが少ないからかもしれません。
よく分からないだらけのコメント、すみませんでした。

※ここを訪れる方の波風を立てたくなかったので、非公開コメントとして書いたのですが、受け付けてもらえなかったので・・・
申し訳ありません。

更新ありがとうございます

kaitoさん、こんにちはv-280


多忙でご自身が大変な中、更新本当にありがとうございました!
はい、真っ直ぐズッドーンと心に届きました!(笑)

もう何度も何度も繰り返し読ませていただきました。
最初に読んだとき、これまで同僚氏に関するご自身の見解を直接言及することを避けていたkaitoさんが、ここまではっきりと完全否定ともとれる発言(これは私の勝手な解釈です)をされたこと、これこそがkaitoさんから光一ファンへの力強いエールであると私は受け止めました。

T氏について触れるだけで条件反射で飛んでくる人たちがいること、そしてそれでまたブログ内に不穏な空気が流れてしまうこと、そのリスクを全部覚悟の上で、一人でも心が軽くなれば、という思いで書いてくださったこと、本当に感謝しています。


kaitoさんの「(T氏が)光一ファンをいないものとして扱った」という言葉が一番心に刺さりました。(悪い意味ではなく)
あー、彼は自分の都合のいい世界しか見えてないんだ。だから善悪が分からないんだ。自分の非も心の醜さにも一生気づけない、心底可哀相な人間なんだ・・・
と思ったら、彼に対する怒りがすぅっと収まっていったというか、諦めの境地に立てたというか。(笑)


トキカケでの「俺にだってファンはいるんだぞ!(笑)」は微笑ましくてよかったですよね。
光一さんにも同僚氏にそう言ってほしいところですが、トキカケとは真逆の空気になるのが目に見えてるので、言わなくていいです。(笑)


kaitoさんがおっしゃった「ゆるすこと」。それは本当に難しいことです。ですが、kaitoさんの言葉に勇気を貰えたので、これからは上手に実践できそうです。

ただ、その「ゆるす」という言葉を取り違えて?なぜか「私には無理です」と謝ってらっしゃる方が何人かいらしたのは驚きでした。謝るというよりは、「いくらkaitoさんがそう言っても私には無理です」という宣言のように私は受け止めました(違ってたらごめんなさい)。
それは本当に傷ついた心の叫びなんだろうな・・・とその方たちの心中を思うとやりきれない思いでいっぱいでした。

「それでも(同僚を)許せない」と思った人は、同時に、kaitoさんの期待に添えなくて申し訳ないと感じてらっしゃるのではないでしょうか?でもその必要はないと思いますよ。「許せないものは許せない」でいいと思います。

ですが、kaitoさんはそもそも「同僚の言動を許せ」とはおっしゃってないはずです。
単純に考えると、「同僚氏の言葉を無視する(気に留めない)=事実だと容認する=許す」という図式になってしまい、私はそんなことできない!と拒否してしまいそうですが、kaitoさんがおっしゃりたかったのはそんな次元のことではないですよね?

kaitoさんが私たちに伝えたかったことは、決して「同僚を許せ」ではなく、「同僚の言葉に傷つく自分を赦して(=解放して)あげてはどうか?」ということだと思います。


では、実際問題として傷つかないためにはどうするか?(これが一番難しいことですがv-393
私が出した答えは「まともに相手にしない」です。

傷つく、腹を立てるということは、彼の言葉をそのまま受け取った(真剣に聞いていた)ということ。
一般人、本人ファン、光一ファンの中で、彼の言葉を一番真剣に聞いてるのが光一ファンで、一番まともに聞いてないのが本人のファンはないでしょうか?(笑)
なんだかんだ言って、ファンが一番彼の言う事を「真面目に聞いてない」と思いますよ。だって、あれほど「ソロを応援してほしい」と訴えてるのに、ほとんどの人がソロ<G活動希望なんでしょ?オカシイですよね。(笑)

まともに聞いて「腹を立てあげる」必要などないですよね。
「まーた、誰も聞いてない話をア○が喜んで喋ってるわ」と、高ーい所から見下してやろうと思います。(笑)


kaitoさんのお陰ですっかり「Gから解放」された気がします。(笑)
ありがとうございました。


人様のブログで長々と一人語り、本当にすみません。v-435v-356
次はkaitoさんの「楽しい(?)感想」楽しみにお待ちしています。v-410v-280

チョコレート

kaitoさん、こんばんは。

お疲れのところ、更新してくださって本当にありがとうございました。
お仕事はハードかもしれませんが、充実されてると思いたいです。

さて、一連の同僚君の発言、そしてそれを庇うというか擁護しながら光一さんファンを更に傷つけてくるあちらファンに辟易としていました。
「人を呪わば穴二つ」昔の人はよく言ったものです。
確かにkaitoさんが仰るとうり、光一さんはあんなヤツに何を言われても大丈夫な位置にいると思います。
むしろそんなことを言ってるほうが、穴に落ちてると思う。
だけど、考えてみればなんて可哀相な人なんでしょうね。
自分のやるべきこと、目標としていることとかあれば、他人のことなんか構ってる場合ではないと思われますが、それがないのかな?
周りの人や事務所の人が彼の言動に注意しないのか?ということも聞きますが、誰もそんな親切なことしないでしょう。憎まれ役になるだけだし、それはもう自分で気づかなくてはならないことだから。
そして、さらにはっきり言えば(やめときますw)

今日は光一さんがHONDAのマガジンに出てるとの嬉しい話!
こういう素敵なお仕事もされてるのですね!
前に光一さんがやったCMで某チョコレートの「君は悪くない」ってやつ、
好きだったなぁ。。。。
女の人(私だけかな?w)は、こんなふうに言われたらうれしいよね?
もし光一さんに言われたら泣いちゃうよ(言われるか!ちゅうの!)
また、ソロでCMやってくれないかなぁ。。。?
kaitoさんのゆるすということは、自分を楽なほうに解放してあげたら?
っていうふうに聞こえました。
真面目で健気な光一さんファンに向けて。。。

ねぇねぇ、明日あたり来そうな気がしません?
それとも来週かな?
はぁ~、ドキドキ。。。

No title

kaitoさん 温かい更新 しっかりと読みました。

もう 同僚さんの 言葉を知るのがイヤで情報に拒否状態!
そんな中、kaitoさんの優しい言葉があって 本当に嬉しかったぁ!
食い入るように 読んで 頷いて 考えました。

きっと 光一さんの仕事については 自分でも分かっている事なのです
放っておくしかない事も わかっているのです。多分…
それでも、あのような発言を繰り返す 同僚さんが嫌で…
その言葉に傷ついているファンが多く居る事を知っているのに
関知せず、同僚さんを野放しにしている事務所やグループスタッフが
嫌で、もうもう行き場が無い辛さ… に悔しいやら 辛いやら…

光一さんが 好きだから いい環境に居て欲しくて 苦しくなっちゃうのです。
kaitoさん ごめんなさい・・・
やはり、同僚さんを 許す事は出来ません。

光一さんの気持ちは、きっとkaitoさんが仰るとおりだと理解できます。でも、人を傷つけて 傷つけ続けている 言葉の暴力を許す事は出来ません。
事務所で少年から育てているのですから、もっと責任を持って欲しい…
最低限 あの世界に居る人間には大きな影響力が在る事を
事務所はしっかり把握して欲しい…
ずっと そう思ってきました。
この思いは 同じグループとして仕事をしなければいけないうちは続くと思っています。

もし、許す時があったら、それは、二度と光一さんの悪口を言わなくなった時です。無理でしょうけど…

とは 言っても やっぱり 光一さんが好きなので kaitoさんの言う様に
なるべく 心を整理して 同僚を意識から外して、気にしないで居られるよう 努力していきたいと思っています。
光一さんだけ見て 応援していきます。

kaitoさんがいてくだって 本当に嬉しいです!
大好き!
ありがとうございました。

No title

kaitoさん、こんばんは。
忙しい時に、更新ありがとうございます。

いつも、kaitoさんの言葉に元気をもらっています。

今回も、読んでいて涙がこぼれて、”そういう考えもあるのか?”と、
少し落ち着いたところと、でも、後半は納得できない所もありました
(><)(ごめんなさい)

もしかしたら、光一さんも大した事ではない、と思っているのかもしれないですね。
(私も、嫌いな人でも、仕事の時は(キツいけど)割り切ってやってるな~っと。)

そう思うと、気持ち的にも少し軽くなりました。

私も光一さんのファンになって20年以上になります。
ずっと、光一さんを応援してきて・・・
Tくん(同僚とも呼べない)の長年の不快な言動や行動、いつまでも成長しない精神に、限界のところまできていて、そこにまたTくんの心ない言葉やウソで陥れにもう、うんざりしてしまって。。。

kaitoさんがおっしゃる様に、”光一さんのファンをいないものとして扱っているヤツ”は、”いないもの”として考える様にしようと思います。

でも、間違っている事、ウソで塗り固められた事は、ちゃんと「違う」と(相手を否定するのではなく)発言していこうと思ってます。

光一さんの取り巻く環境が、今、どうなっているのか?
考えるだけで、怖いです。

あんなに凄い偉業を成しえた人なので、もしかしたら外部から狙われる存在なのかもしれませんね。@@;

事務所内での、派閥の噂なども耳にしますが、それは私達にはどうしようもない事。
でも、変なでっち上げのスキャンダルの記事・・・
あれって、外部の人の仕業でしょうか?(--;)

考えたくはないですが・・・

ほんとに、妬みや嫉妬って怖いですね。(><)


なんか、色々と書いてしまいましたが、
これからも、光一さんのソロ活動を願いつつ、ずっと応援していきます!!

乱文で失礼しました。m(- -)m

気持ちの差

 kaitoさん、優しい言葉を選んでの冷静なお叱り、ありがとうございます。私もデビュー前(銀狼)からの光一さんのファンです。
 今でこそ仕事や私生活で時間に追われていますが、昔は毎日毎日光一くんに浸った生活でした。その分、同僚の方の言動に過敏に過剰に反応するモンペファン(恥笑)。今では大切な物が他にも増え、少しは冷静に応援できるようになったかな?
 今現在、無神経な同僚の言動に傷付けられ続けているのは、想いの強い真っ直ぐなファンですよね。自分のファンにさえ、揉めると解っていて何故あんな発言するんだろう?と言わしめる無神経な人が相手ですから、怒っても怒っても糠に釘…。悔しいですよね。
 私は今回、光一くんをネタにした同僚の発言よりも、それを面白がって広めていたファンの方達の発言で嫌な気分になりました。ツイッターを見るとその動きが顕著で、光一くんが笑われるネタだけリツイートやお気に入りの数が異様に多い…。やはりファンも相容れないのだなと痛感いたしました。
 しかし反論するのはバカらしい。だって、やられた事のない人達は、やられた痛みが解らないから。それに、光一くんは同僚を何とも思ってなさそうですし「おう、そうやで?だから何やねん?」と、サラリとかわす姿が容易に目に浮かぶ…
 このモヤモヤをどうすりゃいいのかと悶々としていたところに、kaitoさんの言葉が染みました。自分を傷付けた嫌な男を許すのは難しいですが、それに囚われて人生無駄にする気はない!
 同僚は一生あのまま、他人を尊敬できないナルシストのまま生きていくでしょう。私達の存在を顧みることはない。だったら存在を忘れてやります(笑)もともと私にとって価値はありませんし。光一くんの付属品と思っておきます(笑)付属品とファンがまた何か言ってるわ(笑)と思えば気が楽ですね。
取り留めの無い文章で長々失礼致しました。

はじめまして^^

こんばんは☆

凄い久しぶりに覗かせて頂きました。
思い、伝わりました(;_;)デビュー前からの光ちゃんのファンで、勿論その頃はGも応援してて…
彼らのことは、一生応援していくものと信じていました。それと同時にGに費やした時間や、ライブの思い出もあるわけで。
応援してきた自分は何だったのか、自分はバカだったのか、裏切られた?ことへの喪失感が襲ってきました…

もうそれから数年が早くも経ち、光ちゃんのことは信じ続け、変わらず絶対的存在になっています。まだ喪失感を持った自分を何とかして欲しい気持ちはありますが、久しぶりに月光浴を読ませて頂き、光ちゃんの凄さを改めて感じました。
何があっても、誰が何と言おうとついて行きます!それは変わらないのです。

ありがとうございました。

ありがとうございます。

初めましてi-260
いつもはROM専ですが、今回初めてコメントさせて頂きます。
(あ、実は何度かこっそり拍手コメントをさせて頂きましたが)
いつもkaitoさんの素敵な文章に癒され、慰められ、前向きなパワーを頂いております。

最近、ずっと辛い状況が続いておりました。
『その言葉が鋭い刃先となって突き刺さる』、まさにその表現がぴったりです。
色々な状況にかなり限界が来ており、心が悲鳴を上げておりました。
「もうネットから離れた方がいいんじゃないか」
「光一さんファンをお休みした方がいいんじゃないか(ファンを辞める、なんて事はどうしても考えられませんでした)」
・・そう考えていた矢先に、今回の月光浴様の更新。
本当に救われました。
お忙しい中での更新、本当にありがとうございます。

光一さんは、どんな状況でも絶対に誰の事も責めず、悪口を言わない。
そこが救いです。
そんな心が美しい方を知る事が出来た事、ファンになれた事、活動を追えていること。
本当に幸せなことだと思います。

色々辛い事もありますが、それ以上の幸せな事を、光一さんは沢山与えて下さいますよね。
だからこそ、光一さんから頂いたパワーを、前向きなエネルギーにしないと勿体無い、ですよね・・・???(おどおど)

初めてなのに、長々とごめんなさいv-393
ご多忙と存じますが、時期柄、お身体ご自愛下さいね。

更新ありがとうございます

kaitoさん、長くてハードな出張お疲れさまでした。

そして、お帰りなさい。

やっぱり、kaitoさんは私にとっては活力剤なんですよね。

>誰かに、何かが、届けばいいなぁと思って書いてみた。

 はい!届きました。

 やっぱりここは安心できる場所!

kaitoさんが光ちゃんファンでいてくれて良かった!

そして、ありがとう!

駆け込み寺じゃないけれど、駆け込める場所がある、光ちゃんファンの私達は

幸せ!

「カツ」を入れるときは「カツ」も入れてくださいね。


ところで、下のほうにハンドルネームが「ひかりさん」いらっしゃいますが、

前に「ひかり」で書いてた私とは別人なので、私は今日から「ひかり51」に

変更します。

kaitoさん、よろしくお願いします。

はじめまして

いつも読ませていただいています。
月光浴さん
光一さん
大好き!!です。
私の気持ちドンピシャの素晴らしい文章力に感心しながら癒されています。
簡単ですが、
本当に感謝!です。
ありがとうございます!!

こんにちは♪

多忙中の更新、嬉しく読ませていたたきました。男性からの思いがよくわかり、これからも、回りを気にせず、光一さんを応援していこうと思っております。
私の場合は、基本揺れないので、大丈夫です(笑)

No title

kaitoさま

ありがとうございます。ここ数日 こころ にトゲが刺さっている様な
痛い、苦しい 毎日でした。
今思うと きっと、自分でもトゲを刺していたのかも…

kaitoさんのお言葉で、トゲが消えました!
ずっと力を入れて構えていたかのようだった ガチガチの心が
フワッと軽くなり、肩のこりからも解放された感じまでします。(笑)

同僚を応援しているファンと同じようなファンにはなりたくないですね
清々しい光一さんに相応しい、大局で物を見れるファンであるよう努力したいと思います。
かなり努力が要りそうですが…

本当にありがとうございました。

こんにちは
いつもありがとうございます

SHOCKが終わりG活動になり毎日嫌なことが耳に入り苛立ちや悲しみで過ごしてました。全く悲しい日々
kaitoさんにはいつも助けられます。
辛い時に更新されて的確に物事を判断されて読んでいて納得、心が浄化されます。そして、これからも光一さんのファンとして生きていく勇気ももらえます。辛くなってファンをやめようかと何度も思いましたがやっぱり好きで好きでたまらないのでやめれません。

そうですね、住む世界が違う。
向こうはこちらの存在をないものとしてるのですからこちらもないものとしていくのが賢明ですね。
これからも色々ご教授ください。
ありがとうございました

更新ありがとうございます。
kaitoさんのブログを見てると違う意見なので、ちょっと考え方が緩やかになりました。
20年以上ファンをしてると、光一さんの事を好きすぎて、同僚さんの発言に苦しめられ続けられてます。
でも光一さんはそんな事は大したことではないという感じでそれにもちょっとついていけなくてモヤモヤしてました。
同僚さんが光一さんファンがいないように言ってるって事にもムカつきます。
同僚さんはそうでもしないと光一さんの凄さにやられてしまうとでも考えてるのでは?と思ってしまいました。
自分の方が上の立場でいたいんですよね。

私はこれからも変わらず光一さんのファンでずっと応援し続けますから、同僚さんにはずっと嫌な気分にさせられ続ける事になりそうですが、やめてと言って止める人では無いので光一さんの力になれる事を考えていきたいと思います。
kaitoさんの言葉には女性では気付かない事がいっぱいあります。
全て納得できる事ではないけど気持ちが和らぎますので本当に心強いです。
来年の舞台といつかやってくれるソロコンをたのしみにします。


彷徨う心、彷徨う想い。

kaitoさん、お忙しい中での魂のこもった記事更新、本当にありがとうございました。

読ませていただいて、言い方がおかしいですが、
kaitoさんは、男性なんだな…っと、ものすごく実感(笑)。

光一さんファンの心がざわめいた時、闇を察し、
今まで、何度も、丁寧に言葉にして語り掛けてくださったkaitoさん。

その誰かの為に…というkaitoさんの想いに、心から感謝しながらも、
石頭な私は、kaitoさんのおっしゃりたいこと、
「頭では理解出来る。でも感情がついて来ない…(嘆)。」
と、何度か言って来ましたが、今回は一部、頭で理解もちょっとついて来ない?
みたい…m(_ _)m

(↓おそるおそる^^;)
でも、kaitoさんのお考えに毎回全文同意じゃなくても、いいですよね…?
(月光浴に相応しくないし、コメントも遠慮すべきだと思いますが…。)

危険思考の持ち主であることを自覚しながら、心の声、全部出してしまった
こと、改めて、お詫び申し上げます。
kaitoさん、不快になられた全ての方に、本当に申し訳ありませんでした。


♪俺の友だちは、海と空…
反省という名の修行の旅へ…

赦すって難しい。

もう20年光一さんを応援しています。
もちろん最初は、グループも応援していました。
けれど、テレビ番組での同僚の取材放棄(最初は演出かと思っていましたが)やFコン辺りから少しずつグループに違和感を覚えるようになりました。
それでも、光一さんが大切にしているグループだからと応援してきましたがもう限界です。
一朝一夕にできる記録ではないので、途切れるのは忍びなくて協力してきましたが、今回のシングルからは全く興味が湧かなくて…
同僚の声に拒否反応です。
二人一緒の雑誌も買えなくなりました。

我が家の子どもたちは、グループの歌を子守唄に育ちました。曲が流れるとその当時の子どもたちの様子がすぐに思い出されるほどに、どっぷりと浸かっていました。

だから、グループを否定すると応援してしてきた自分の人生も否定されるようで辛かった。
何とか同僚に目覚めて欲しかった。
けれど、同僚は目覚めるどころか陥れることしかしなかった。楽な方へと逃げてばかりで…
いっそ、芸能界からも逃げればいいのに…
金のなる木でもあるのでしょうか。

kaitoさんの文章を読ませていただいて、それこそこちらが赦されたような気がして涙が出ました。
もう、グループの呪縛から解き放たれてもいいんですよね。
光一さんは困ったりしないんですよね。
光一さんは、ちゃんと自分の道を進まれています。
私は、光一さんだけを追いかけていいんですよね。

心が軽くなった気がします。
ほんと、女の人は赦すことが苦手ですね。

やっぱり男性と女性とでは思考回路が異なるんですかね。
ラジオの光一さん、時々、言わなきゃいいのに…ってこと、言っちゃいますよね。^_^;
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。