スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!Endless SHOCK大阪公演

おひさ!


遅くなったけれど、Endless SHOCK 梅田芸術劇場公演、開幕おめでとう!!



行ってきましたよ梅芸。


席が末端席(笑)だったおかげか、一番キタのは光一の声で。

光一の声が織り上げる、コウイチの魂の旅に酔い痴れた時間だった。


もうね、ここへきて演技がさらに進化してるという奇跡。
演技を変えてくるというのか、相手に合せて変幻自在というのか。

何百回となく口にしたセリフに、また別の新鮮な感情を乗せてくる、という。

なんで光一にはそんなことができるんだろう・・・



みんなも感じてきたと思うんだけど、SHOCKではいくつかの「難しいセリフ」があるだろ?

たとえば屋上シーンでの「ああ」とか。(笑)
リカのセリフを受けての・・・この一言の難しさ、決まらなさときたら!

もう何年も何年も、観るたびに異なる「ああ」で。
こっちの胸の内でも「今のは良かった!」とか「今のはなんか違うよなぁ」とか(笑)

だけど、今回の「ああ」は、なんか吹っ切れてた。
すごくサラッとした、しかし包容力のある「ああ」だった。

抜けることで深まった、というような感じ(わかるか?)


って、こんな細部にガツガツしてるのって僕だけ?あははは!



告白シーンで言う「リカ本気なのかよせ」
これに毎回とらわれてるのも僕だけ・・・じゃないと思う(笑)

いつも「本気なのか」と「よせ」の間に、0,5秒の呼吸がほしいと思ってた。
それが今回、より自然に感じられたんだよね。


なんだろう、頭で考えてのセリフとか、段取りで決まってるセリフとか
そんなものを超えて、コウイチの中から生まれたものになったと感じた。


いや、今までだって、練り上げて作り上げて、もう完璧という次元だったんだけど
そこをさらに超えてきた、と僕には感じられたのだ。

なに?ここへきてもっとアゲてくるって?

兄さん・・・あなたが凄すぎて僕は戦慄するしかなかったよ。。。



楽屋でオーナーとぶつかるシーンも。
コウイチの言葉には”泣き”(オーナーへの甘え)が入るんだけど
そのバランスも、一段とよくなったと思った。

一瞬一瞬、感嘆するばかりの僕は、終演後ぐったりだったさ。あはは



そして、まあ当然だけど、堂本光一のレベルが圧倒的であるゆえに
この舞台は、ある意味本当に難しくなったよなぁ・・・と。


特にライバル役との関係性は、実に難しい。


光一もいろんなインタビューで語っているように、ウチとヤラはまったくの別人格。
同じ演目なのに、演じる人によってここまで様変わりする役があるだろうか。

ある役を「こういう人物」と規定して、それに役者が合わせるのではなく
ヤラにはヤラの、ウチにはウチの個性を尊重していく。

そんな演出もある、ということもSHOCKの奇跡のひとつかもしれない。
ここまで演者によって役の性格が変わる舞台を、他では見たことがない。


「好きなやつが振り向いてくれない苦しみ・・・」と言う時、ウチが指差しているのはコウイチ。
ウチはコウイチに見捨てられるのが一番辛かったのだ、と観客に実感させる。

そんな、コウイチへの甘えを表現できるのはウチならではの個性だろう。

そこは本当に内博貴の魅力だと思うのだが、やはり”ライバル感”は薄れる。


ヤラのギラギラした感じ、コウイチともつれ合いながら落下するようなイメージは
屋良朝幸のショーマンとしての表現力があってこそ。


甲乙をつけることはできないし、すべてを受け止め両者を認めている光一座長の思いと
観客の僕自身も同じ思いでありたいと願うのみだけどね。


ウチとヤラ、このまったく異なる相手に、ただコウイチとして向き合う・・・
それがどんなに難しいことか、光一がどんなに凄い演技者か、改めて思う。

演者の個性がどうであろうが、まったく揺らぐことのない舞台。

当たり前じゃないよ、ほんとに奇跡だよ。

ストーリーも、「魂」も、まったく破綻しないんだから。


堂本光一に包まれ過ぎて、何もかもが自然なのがおかしいんだよ(笑)

慣れ過ぎちゃダメだよね、本当に。



出演者の中では、ダンスにおいて越岡が成長したな~(すんません何様で!)と。

特に脚の使い方に色気が出てきたと思った。
光一のような「矯め(ため)」があるダンスというか、艶のあるダンス。


ダンスは観ている者を酔わせるものであってほしい。
身体のまわりの空気を自分の色に染めるダンス、染めるための空気との対話・・・それが越岡のダンスには感じられた。

彼は、光一のように空気を抱いている、と。


まあ、遠くの席からなので(笑)勘違いだったらごめんね。



キリがないので、とりあえずこのへんで。


gomaと二人、トンボ返りのような観劇だったけど、今年も梅芸に行けてよかった。

光一の演技力、声で伝え表現する力を再確認できたことも収穫だった。


そして、オープニングから、フライング、歌、ダンス・・・すべてのシーンにおいて、どんなに丁寧にその一瞬を生きているか、舞台に対して観客に対してどこまで誠実で真摯か。

光一という人の姿に改めて感じ入ったよ。


この世で最も美しいものを観ているという確信と歓喜。


自分が、人が、何を持っていて何を持っていないか知っている人。

自分に足りないものを知り、人に足りないものを知り、そのうえで、何ができるのか、最大限の努力を重ね続ける人。


堂本光一は、自分にできることを惜しまない。

自分のことも人のことも規定しない。
頑固でありながらこの上なく柔軟。

慢心もなく卑下もなく。ただ自然に、できる限りのことをする。


そんな生き方の美しさを身を以て教えてくれるから、僕には永遠に尊敬の対象なのだ。



何度でも溺れ、何度でも惚れ直す舞台と座長に乾杯!!!!!



そして、全国から梅田へ集うみんなが、無事で往復できることを心から願う。


ではでは、またね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コウイチ、キタ~!

レポありがとうございます。
今年はやっと1公演あたりまして
ひさびさに座長からパワーをいただいてきました。

(タイトルはおわかりでしょうが
梅田あたりのことを「キタ」と言うそうですね。
蛇足で失礼。^^;)

今年度初の「SHOCK」でしたので、話題になっていた
ラストの構成が期待以上でした~♪
森くみさんが参加したことによって
コーラスもそうですが、歌の厚みがさらに増して
至福の時でした。

じっくり観て聴いているつもりが、感情移入しちゃって
後半はウルウル・・・連発。
何回見ても、この気持ちはあせないなぁ・・・。

千穐楽まで、突っ走ってください。



こんにちは

Kaitoさん、こんにちは。

梅芸、行かれたのですね。感想ありがとうございます。
私も行って参りました!
前にも言いましたが、オープニングで幕が開き、片手を挙げて立っている光一さんを観ただけで鼻の奥がツーンと痛くなり涙が。。。
そして音楽とともに踊りながら階段を降りてくるカンパニーをみたら、夢の世界に突入!
今回は、ライバル役がヤラからウチへ。
同じ役を演じても、人が変われば全然違ってきますね。
ヤラはコウイチと実力も拮抗していて、でもトップに立てない焦りと苛立ちが伝わってきます。
ウチは、ライバルというよりコウイチと兄弟のようなかんじで、大好きなお兄ちゃんに追いつきたい、勝ちたいみたいな。。。
刀のすり替えもヤラだと戦慄を感じますが、ウチだとちょっとお兄ちゃんを困らせてやろうという感じが。
でも本当にどちらのライバル役も素晴らしく、その演技を迎え撃つというか受け入れている光一さんのすごさを改めて感じました。
カテコでのお話を聞いていると、身体はシンドイかもしれませんが、心は幸せそうですね。そんな感じが伝わってきます。
光一さんが幸せだったらこんな嬉しいことはありません。
Kaitoさんは、観終わったらぐったりと仰ってますが、私は反対に身体が軽くなり(いろんな心の澱が払拭されたようで)心の中で「光ちゃん、光ちゃん」と言いながらスキップでもしたいような気分で劇場を後にします(なんて不気味な化け猫w)
明日は、光一さんファンにとっては嬉しいことのてんこ盛りの日ですね!

まだ舞台は続きますが、光一さんとカンパニーの皆さんが無事に千穐楽まで駆け抜けられますように!

長々と失礼しました。

No title

kaitoさん 初めまして・・・。
あきえと申します。kaitoさんのブログの更新チェックを日課のように
していました。いつも読み逃げでごめんなさい。

今回の更新で、ものすごく共感してしゃしゃり出てきました。
細かい台詞の言い回し(言い方)私も毎回感じていました。
「リカ・・」のところは、まさしくkaitoさんのおっしゃる通り!!
同感です。

何年か前はシェークスピアの「満点の星よ、大地よ・・・」のところも
気になっていたところ、そこも間があいて気にならなくなりました。
どっから目線だよ・・・と言われそうですが・・・。

私の観劇日はもう少し先ですが、みなさんの感想を見ながらますます
楽しみになりました。
今回、今後こんな神席は来ないだろうと思う奇跡的な席で観劇することができます。
存分に座長を堪能してきたいと思います。

また更新を楽しみにしています。

kaitoさんブログ更新ありがとうございます。大阪行けないの私には嬉しい更新です。
Blu-ray発売とTOKIOカケルと少クラでさらに嬉しい日々です。
光一さんを知れば知るほど光一さんにはまってしまうので他の事に全く目がいかなくなってしまう。
光一さんは罪な人です。
kaitoさんのブログ読んでちょっと落ち着きを取り戻してます(^ー^*)

Kaitoさん

こんにちは!

梅芸でのSHOCK、観劇されたのですね。

私も梅芸初日舞台を観劇してきました。

内くんの演技が格段に上手くなっていて、見応え充分だったのですが、それをはるかに上回る光ちゃんの演技に圧倒されました。

本当にどこまで進化し続けてくれるんでしょうね!

もう、これ以上好きになれないと思うほどだった光ちゃんへの想いでしたが、今回の進化を目の当たりにして、さらに心を奪われました。

SHOCK は毎回、全神経を集中しての観劇になるため、終演後は放心状態で暫く立ち上がれないくらいなのですが、今回もまたぐったりでした。

Kaitoさんの言うように、何度でも溺れ、何度でも惚れ直す、奇跡の舞台、奇跡の堂本光一に乾杯!!!!!

楽しみにしています

kaitoさん
有難うございます
光ちゃんの心が 生き方 伝えたい事が 伝わって来る  心の体の中に kaitoさんの言葉の全てを感じ 共感します

15日に観劇です

屋上の「ああ」の響きを感じ あの世界 堂本光一の全ての 愛を 受け止められたらと・・・・・・

ドキドキ 目頭が熱くなります  きらきらの光ちゃん 感じてきます Thank you     
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。