祝!ソロデビュー10周年


……忙しいのである。

毎晩深夜回るまで、あんなことやこんなこと、ではなく仕事で。
手がけてるプロジェクトが複数あって、どれもキツキツなスケジュール。

ま、そんなのは社会人なら誰も同じようなものだ。
僕の全体的なキャパシティが小さいだけなのだ。
どうにも自分のブログを覗く時間もなかったりする。

訪問してくださる皆さんには、本当に申し訳ない。

コメント欄や拍手コメントで励ましてくれる皆さんに感謝。
いつもありがとうございます。



ともかく、堂本光一ソロデビュー、2016年7月12日で10周年!!
心から心から、おめでとうございます!!!!!

2006年7月12日のデビューから、もう10年。オソロシイっす。笑

ああ、でも何と幸せな10年間だったことか。
もしも光一がソロデビューしてなかったらと思うと。
4枚のソロアルバムが無く、ソロコンも無かったとしたら。うわ、ゾッとする。

わずかでも出してくれた(笑)シングル曲。やっぱりシングル曲は宝だ。ファンの人生においても笑顔の思い出になる。

決して多いとは言えない映像作品も、ソロアーティストとして映像ランキング歴代1位記録を更新中。
やればできる子を地で行く活動っぷり。あはは!

ガツガツしてない王子様的ソロ活動なので、ファンは大いにジリジリしてしまうが、やるとなったら「完璧にして最高!」なので、我々は感涙にむせぶばかり。
そのソロ作品とソロステージは僕らを完全に満たしてくれる。魔法のように。


だからこそ、その快感のとりこになるからこそ、ソロ活動の無い時期が辛くて苦しくて勿体無くて、泣けてしまうのだ。

ワガママな娘じゃのぅと兄さんは言うけれど、男の僕もワガママです。
ソロ以外満足できないカラダにしたのはアンタだ、兄さん!責任とってくれ。

何なんだろうね、この堂本光一ソロでしか満たされない体質。ほとんど病気である。困ったもんだ。
病の原因も「堂本光一」。すぐ効く特効薬も「堂本光一」。またこの薬が甘くてクセになる。

病が重くて辛いのに、この病気でよかったとみんなが思ってる。(アブナイ)
なぜなら耐えて待って待ち焦がれて与えられる薬が美味しすぎるから。

あーあ、書いてて自分がキモイっす。あははは

重症だなぁと自分でも思う。だがしかし幸せな病人である。


兄さん、早くお薬ちょーだい。←ヤバかろう(笑)

まあ、でもいろいろあるのは社会人共通、分かっております。
いい子のフリして「次」を待ちますよ。…でも待たせ過ぎないでちょ、お願い。



12日を越えての更新になって、本当にすみません。

今宵、多くのファンが何を祈ったか、よ~く分かる気がする。
みんな思いは一緒だよね。


ではでは、また。

11年目へと歩き出す光一とそのファンに幸多かれ!!



★アッシュ・ブルーさんへ
アッシュさん、相談と言われてますが…アドバイスなんて恐れ多いです。
いろんな形でファンは働きかけていると思う。ただ、光一ファンは光一に育てられて「自由」なので、まとまった行動は苦手な気がするんだよね。
光一はソロデビューが7月、誕生日が元日という、要望も含め色んな意味で動きづらい時期(笑)。思いのある人が、個々に要望をしていくしかないのかな~と思っています。
何か、僕らにまとまってやれることがあれば、考えてみたいとは思います。
体調を崩されていたのですか?…心配です。どうかお大事になさってください。

他にも体調がすぐれない方もいると思います。長雨、猛暑…精神的に辛いこともあるかと。
どうか、心身の健康にために光一がいる!ということを忘れないで。

笑顔になれる自分を作っていこう、光一という太陽を見習って。
どんな雨空、曇天であってもその上には太陽が輝いているのだから。
自分で雲を生み出してないか?せっかくの太陽を遮ってないか?と自問自答しよう。

なんてね、仕事での暗雲が多いので、自分に言い聞かせておりまする。

ではでは!

スポンサーサイト
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR