スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I'm tryin' to get over you … 無理!


この夏の過激な暑さはSpiral熱だったのか。

オーラス終了後、急に秋が迫ってきた気がする。


いよいよ梅芸『SHOCK』と『陰陽師』の9月だ!

しかし、まだ胸に渦を巻く夏のSpiralな思い出…


『Spiral』コンのレポや感想を送ってくれたみんな、本当にありがとう!
拍手コメントで熱烈レポを読ませてくれた人も、ありがとう!

やっぱりさ、喜びを共有する以上の幸せはないね。
自分一人の喜びは、それはそれで強烈な快感だけど、どこか切ない。
みんなが同じように感じていたんだと知る、それもファンの醍醐味。


僕が参加できた福岡コンは、博多座奥様・お嬢様メインで暴言への免疫がない(ほんとかぁ)と光一は思ったようで、優しい言葉が多かった気がするな〜。

‘’2時間半だけの彼女‘’発言を「みんなが喜んでくれたから」と、言うはずのないド本音をつい口にしてアセってた。あはは

なんだあの可愛いお兄ちゃん(笑)

みんなが喜んでくれるってことだけを考えてるくせに。
観客を喜ばせるために、自分は死にそうになってるくせに。

ソロは勝手気ままに、と言いながら、ファンにあそこまで捧げ尽くすパフォーマー。

とことん誠実なんだよね、ファンにも自分にも。


ひとつ気になったのは、開始前とアンコールの手拍子(?)

「こうちゃん、パンパン!」コールが非常に曖昧なものになり…「こうちゃん」が消えたカタチの微妙なコールが。

う〜ん、なんかツラかったぞ。

ソロコンのシャープで神秘的な世界観に誘われる前に「こうちゃん、パンパン!」は…僕は似合わない気がするので、開始前コールは無くてもいいんじゃないかと思ってる。

でも光一は「急かされてる感じが苦手」というニュアンスで言っただけじゃなかったか?
「こうちゃん」を止めてくれ、とは言ってない気がする。

だから、本当は何か最適なコトバがないかな〜とは思うけど、アンコール時は「こうちゃん、パンパン!」を全力の大音量で熱く熱くコールするのがベターじゃないかと。

そしてさ、これは揃うことが肝心。

会場が一体となってコールすれば、必ず揃っていく。

福岡でも、ダブルアンコールのコールはみんなの気持ちが「ありがとう!」という思いでひとつになり、途中からキレイに揃って聴こえた。
再度のアンコールは叶わなかったけれど、ファンはファンの心を示し切って悔いなし!だったと思う。


ファンの配慮も、行き過ぎると奇妙なものになりかねない。

こうちゃんなんだからこうちゃんて呼ぶ!
だってこうちゃんだもん!!
でいいんじゃね?(笑)

本当にさ、光一王子で時に王様、あるいは皇帝陛下な兄さん…いや兄上だけどさ、「こうちゃん」としか呼べない部分を確かに持ってる人だもんな。

若い頃より「こうちゃん」だよね、最近ますます(笑)


誰かが決定版のコールを発明するまで(笑)は、「こうちゃん、パンパン!」を、ちんたらじゃなく(ここ大事)全力コールしようじゃないか!と呼びかけたい僕なのである。

オッサン声が混じってても、気にしないでくれ!(笑)


福岡コンで一番胸に残った言葉は、『僕はみんなの心の中の、永遠のアイドルでいたい』と言ってくれたこと。

唯一無二の舞台人で、才能溢れる音楽人で、演出家としても高い評価を受けている人が、アーティストでも芸術家でもなく、アイドルでいたいと。

光一が言うアイドルと、世間一般が思うアイドルの落差に、僕は光一の魂を感じる。

『この仕事に誇りを持っている』とも言っていた。

アイドルを馬鹿にした意味で使う人もいる。だが、光一は自分のやってきた、やっている仕事に誇りと自信があるゆえに、アイドルという言葉を最善の意味で用いている。

アイドルとは、至高の存在なのだ。
我が魂の、永遠の憧れ。遠い空の彼方で輝き続ける星。
その星がこの胸の湖に映って、愛しく切ない宝物となる。


光一がアイルトン・セナを胸に抱くような思いで、僕も光一に対して「僕のアイドル」と思っていいんだな、と。

これまでは、尊敬すべき兄さんでも人生の師匠でも、何と呼ぶかはこっちに任されていたけれど、これからは誇りをもって「僕のアイドル」と呼べるのだ。


光一、素敵な言葉をありがとう。

僕のアイドルと呼ぶことを許してくれてありがとう。



名古屋でのオーラスは、壮絶なものになったんだね…。


はからずも目撃者となり、ともに闘い、やり遂げた参加者のみんな。
情報だけを頼りに、祈る思いで支え続けた留守番組のみんな。

どっちも苦しかったよね。

ただ、参加者には、光一の姿を見守った高揚感と感動がある。
何もできない焦燥感と心配ばかりだった留守番組は、気持ちを昇華させる術がないまま、もうSHOCKに向かわざるを得ない……鬱屈した気分になっても不思議じゃない。

こればかりは「運!」(笑)


ガイシよ、空調難ありのガイシホールよ。(ごめんな)
君はその欠陥ゆえに、堂本光一の最極を引き出し、我々に見せてくれた。

光一は何もなくても最高、何かがあっても最高だってことを。

倒れそうになりながら、決して諦めず嘆かず自分を鼓舞して。
最後まで、ダブルアンコールをやり切るまで、すべてを尽くし切ってくれた。

ファンのために。
自分達のパフォーマンスのために。
二度と巡り来ない、この一瞬のために。


現場にいた光一ファンは言う。
熱中症のような状態だったけれど、フラフラで終始したわけじゃない、パフォーマンス自体は最高だったのだと。

Spiralコン大変だったね〜ではなく、最高に素晴らしいコンサートだったんだよ!そこだけは強調しておきたい、と。

拍手コメントでレポしてくれたオーラス参加の人も、楽しかった!と書いていた。


ハラハラして心配して、泣きながらペンライトを振って声援を送りながら、でも楽しかった!と思わせるのが光一だ。

心配させて申し訳ないと思いながら、会場全体を抱きしめて包んでいるのが光一だ。


自分のために必死になっている客席の姿を見ながら(見てません!なんて大嘘だよ、登場した瞬間から客席に細心の注意を払っている光一だ、ただ不公平が嫌いで、あんな言い方になる)、どんな気持ちだったことだろう。


あたたかいファン。
みんなが、今を生きてる。
光一のステージを無事に終わらせようと懸命になって。

どれほど美しい光景だったことか。


参加者のみんなとガイシホールが羨ましくてしょうがない(笑)



さあ、もう9月だ。

みんな知ってるかな?
今年は、『国際光年』(こくさいひかりねん)なんだよ。

ま、詳細はともかく、メインイベントは『Spiralツアー』だった!と勝手に叫んでおこう。


光年を象徴する、最高のステージだった。


光一、本当に本当にありがとう!!


さあ、僕らも次へ!!


スポンサーサイト

光一ロス(泣)


★Spiralコン/マリンメッセ福岡のネタバレちょびっとあり★


猛暑烈暑激暑である。

それなのに、ああ、すでに胸の中を秋風が吹きすさぶ。
光一ロスという秋風が。

僕のSpiralな夏は過ぎ去ってしまった……。


福岡2daysだけ当選した(何で2人とも横アリ全滅?!)gomaと僕。

しかし、実は当落が判明した後で城ホ、横アリと丸かぶりな海外出張が決まり。
もし当選してたら逆に最悪だったという…。


あっちこっち出張続きの僕を、福岡は優しく迎えてくれた。
直前まで国内出張があり、gomaとは現地集合。


雨が心配だったけど、タクシーの運転士さんは「予報が雨でも、福岡は高い山がなく海が近いので、意外と降らない」と。へ〜?
夕方からはあまり降らず、海風も吹いて、いい感じだった。


開場直前に到着すると、あれ?グッズ売り場はもう静かな感じ?
ほとんど並ぶことなくカウンターへ。
懐中時計は売り切れかな〜と思ったが、何と普通に買えた!
(それでも2日目には売り切れてたらしいけどね)

このギリギリセーフなタイミングって逆に大ヒット?
城ホや横アリでは長時間並んで売り切れだった人もいたんだろう?

光一が増産を指示してくれたとMCで聞いて、ありがたやと思ったけど、いつも「スタッフ〜!光一ファンを舐めんなよ〜」と。

3年分の思いが爆発してんだよ!
しかも意外と(笑)クオリティ高いグッズだから、みんな買う気満々なんだから。
あのSHOCKのチビ黒クマが、あり得ないほど売れまくってた事実、思い出せ!

最初からガッツリ準備してくんなまし、スタッフの皆様。

iPhone用カバーもいいグッズだった。
光一ソロは男持ちでも違和感なく作ってくれて嬉しい(笑)
今まで使ってたのより軽くてコンパクト。気に入った〜☆



突然だけど、今、一番言いたい言葉は…

「名古屋〜!本当に1日公演でいいんかぁぁ〜!!」


福岡でも2日にしてくれたっていうのに。
当初は1公演の予定で、お盆だからと配慮したスタッフ…。
それを増やしてくれた光一には感謝しかないよ。

名古屋も2回ではあるけど、1日なんて光一もダンサーさんも大変過ぎるやろ。

名古屋嬢の方々は、福岡のおっとりお嬢さんたちより欲求がハゲしいに違いないと…(笑)

まあ、大阪にも横浜にも、なんなら北海道も福岡も遠征してる人は多いだろうけども。
でも、名古屋1日で許せるか〜?!

もう観られない僕でさえ暴れたくなるじょ。

分かってる、会場を押さえるのが難しいって。SHOCKの稽古も待ってるって。



もし名古屋が初参加でオーラスだというキミ、圧倒的な満足感と、観ても観てもまだ足りない切なさに、胸を掻きむしられること間違いなし!

なんだろうね、堂本光一を体感した後の、この切なさ。


もういいよ、ほんと最高、出し尽くしてくれてありがとう(涙)少しでも早く休んでください!な気分と、やだやだもっと観ていたい、聴いていたい、永遠に終わるな!な気分と。

自分の中にも天使と鬼畜がむくむく(笑)



僕なんか2公演参加しても、すべてが幻みたいで。

gomaは「汗がキラキラと飛び散ってたね」と言うけど
僕には汗なんて見えず(え?)


光一には紗が掛かっていて、汗のしたたりさえ見えない。
どこでこんな特殊な眼を備えちゃったの僕?…

髪が濡れて、MCタイムでちょっと乾き、また濡れて、ってのは分かるけど。肌が汗まみれってことが分からない。
今回、かなり近い席から肉眼で表情までバッチリだったのになぁ…。


そして席が近いってことは、全体を観られないってことだった(笑)←贅沢

近くても汗さえ見えず、近いゆえに照明効果などが分からず。
お前はスタンド最後列と席替われーー!な不埒者だよな。


gomaは光一に近いことを全力で楽しんでたけどね。
でも2人とも極力おとなしくしてた(笑)

一度は男の参加者に声かけてくれる光一。
素直に声を挙げるヤツらがうらやましい。
「友達じゃないんで話しかけないで」とか言うけど、「ウソ、ウソ、ありがとう」と必ずフォロー。

しつこい構ってちゃんはスルー、ちょっと調子こいた人には笑いで自重を求め、自分から声かけた時はフォローを忘れない。強制的な意思表示はせず、誰も不愉快にしないMC術。

何もかもが完璧なんだよ!本物のエンタメ野郎な光一兄さん。


MCは無くてもいいんじゃない?今後MCの無いコンサートも…なんて言いつつ。結構ホンネかも、と感じたけど、じゃあどこで休むんだよ、と。
アナタ死んじゃうよ?みたいな。

どこまで突き抜けて行くんだろうな〜としみじみしちゃったよ。



宇宙船から降り立った(ように見える)光一が、Fameのサビに入る瞬間、衣装のフードを後ろに落とす。その一瞬の振る舞いからして美しい。


踊りまくってるとしか言いようのない、苛烈なるコンサートだけど、こんなにもあらゆる瞬間が美しいステージがあるだろうか。

ダンスが粗くなり流れることがない。
どんな瞬間も、ダンスというものに誠実な主演者。

へっとへとでぐったりでも、ダンスも歌も全身全霊。


よく芸能人はテレビでは少し太って見えると言われるけれど、光一は細いな〜と思うばかりだし、実際痩せてるのは間違いない。でも、ステージの光一は大きく太く見えた。
サイズのことではなく、躍動する肉体が大きく見えたのだ。

またひとつ踊りが、表現力が大きくなったと僕には感じられた。


今回、ダンサー陣は一流のプロばかり。彼らがいかに魅力的だったことか!
美しく、スキルが高く、ダンスが大好きだと全身で叫んでいる彼ら。

光一は周囲までも輝かせる名プロデューサーだ。
ともに踊る彼らが魅力的に映る場面の連続なんて、実に凄い。

それでいて、ダンサーに引けをとることのない、中心に君臨するダンスを表現するのも光一だ。

何度も繰り返すけれど、すべてが完璧なんだよね。


生のバンド、生の歌声、もちろん生のダンス。
生きているような照明、演出機構。

この、ライブの一瞬にすべてを賭けている姿。


アルバム『Spiral』で、僕にとってのSpiralそのものな一曲が「The mAsque」。
あれだけの音源があるんだから、ダンスだけ表現してくれたらいいんじゃね?という甘きファン根性は光一には通じない。

「生」でなければ!ということを別に声高には表明しないのに、誰より生にこだわり、踊りながら歌うことに挑戦し続ける男。

ジャニーズで踊ってるならクチパクだろ、と無知な輩は思い込んで叩くというのに。


誰が認めようと、知らずに批判しようと関係ない。
ただ表現者として、前へ行くために。

誰のためでもない、自分が踊りながら歌うことを当たり前にできるように。


やり続けたこと、その努力は裏切らない。

激しいダンスの後でも、息が上がらずに歌える事実。
光一の、自分への勝利の姿を、僕らは目撃しているんだ。


ライブで歌わない宣言する曲を、アルバムに入れる光一がたまらない(笑)
そんな歌手いないよ?あははは

アルバムはアルバムとして考え、自由に思いのままに制作している証拠。

そんなアーティストを応援できることが幸福だ。



なんだか書き切れないので、とりあえず今夜はここまで。



名古屋オーラスが次へと繋がることを祈りながら。


参加するみんな、光一の後押しになるような声援をよろしくね!!






プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。