言葉にはならないけど


夜のニュースでやっと詳細を確認。

とりあえず、とりあえず、「重傷者」という言葉は消え、帝劇からの発表も「負傷した全員が本日中に帰宅した」とのこと。

何と言ったらいいのか…。

重傷という表現にはならなくても、ダンサーにとって骨折というのは大変な事態に違いなく。

それでも、とにかく生命に関わることは無いとの報には、本当に感謝したい。


光一座長の心境を思うと、自分には想像もつかない…。


実は今夜の公演、申し込みをして取れなかった公演だった。
もし取れていたら、あの帝劇前に集まっていた1人だったろう…。

日本中、また海外からも、今日の公演を楽しみに集ってきた観客を思うと、胸が痛む。
明日以降への不安も含め、本当にみんな大丈夫だろうか?

どうか、心をやすめてほしい…としか言いようがない。


僕らにできることは何もないが、座長とカンパニーに思いを送ることは、僕らにしかできない。

あの素晴らしいカンパニーの無事を祈ることは、ファンである僕らにしかできない。


このような事態が起こると、ネット上には心無い書き込みも増える。

そんなものを目にしたら、益々苦しみ、痛みに襲われるので、情報は確実なところからだけ受け取ることにして、みんなは自分を守ることも忘れないでほしい。


堂本光一とスタッフが、原因究明と再発防止に全力を尽くすに違いないのだから、全面的に信頼して、僕らは祈りながら待つしかない。


それにしても、舞台は生き物だと改めて実感した。
速い転換のために、スタッフも大変な苦労をしていること、すべてが無事に運営されてきたこと自体が奇跡の連続であって、無事故が当たり前の公演など一回たりともないのだ。



ともかく今夜は、負傷された方々の無事を願い、座長と関係者すべてが少しでも眠れることを祈ろう。


明日から、どんな事態になっても、堂本光一ファンとして、Endless SHOCK のファンとして、恥ずかしくない対応をしよう。



ここを覗いてくれた人、今、気持ちが波立ってる?大丈夫かな…。

あまり心配し過ぎないでね。


光一座長に、みんなの祈りが届くよう!







スポンサーサイト
プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR