スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなへのお願い


もう寝ないといけないのに…と愚痴りながら。

今、りまさんのコメントに気づいて、ちょっと気になるので書いておきたいと思う。

明日からしばらくの間出張になるので、その前に。


りまさんはご自分の懸念を書いておられるが、それを僕のブログのコメント欄に書く意味は何なんだろうか?

ここはあくまでも個人のブログなのだけど、最近はブログ主はスルーされ(笑)他のみんなに語りかけるコメントも多いよね?

ある意味では掲示板のように使ってくれてもいい、という思いはあるけれど、それはコメントする人同士のやりとりを妨げない、ということであって、どうしてこの場が”不特定のみんなに呼びかける”みたいな場になってんの?と思うことがある。

オレは無視かよ~?みたいな卑屈になりやすい男のキモチ…わかってちょ。


りまさんのコメント、社長さんの光一評はファンとして嬉しい言葉だけれど、もう1人への評をここに書かれても、僕としてはどう応えようもない、というのが正直なところだよ。

僕が同僚氏について書いたから、みんなも書きたくなったのか?…だとしたら、僕が書いた意味はほぼ通じてないってことだな…(凹む)


コメント欄は光一と光一ファンに対して悪意あるもの以外は、基本何を書いてくれてもいい、というスタンスではあるけれど、少し「この場所」について考えてみてくれたら嬉しいな、と思う。

もちろん、みんなが変に意識して、何も書けなくなったら本末転倒で、もっと僕自身が寂しくなるだけなんだけどさ。


う~ん、この微妙な、イジイジした気分、わかってくれないかなぁ…



ではでは、僕は行ってきます。


あ、無事に振込もできる運びになり、ありがたやでござる。


じゃあまたね。

スポンサーサイト

SHOCKシーズン開幕!(気が早い)


Endless SHOCK 2015 ようやく発表されたね。


正式決定、おめでとうーーー!!!!!



美波里オーナー復活、すごく嬉しい!

そしてビバオーナーだと、娘役はやっぱハーフの人になるんだね(笑)
そりゃまあ納得。


ふぉ~ゆ~は、つ~ゆ~に。

彼らの仕事が増えてるってことだから、残念だけど喜ばないとね。

越岡のダンスは好きだし、福田はこの前博多座に行った時ホテルのエレベーター前で一緒になり…僕が気づかず乗り込もうとしたらgomaがハッと立ち止まったので横を見たら福田がいた!

惚れ惚れするくらい男らしい、彫刻的な横顔だったよ福ちゃん。

そして同じエレベーターに乗るのは遠慮した僕ら(笑)←やっぱそうなるよね


メンバーがかなり入れ替わるってことは準備が大変なわけで。

光一座長、ほんとに太る暇がないよなぁ(泣)
安定の屋良っちがついてくれるのは、大いに助けになることと感謝。



12月半ばからまた長期で海外出張なので、振り込みが間に合うか焦ってる。
早く来てくれ~振込用紙!!



FCからの案内が”堂本光一 出演「特別番組」番組協力”という名目だったので、ソロの”TV番組”かと思った人も多かったんじゃないかな?

でも僕は以前に他のジャニーズ舞台で同じ名目の募集があったと聞いていたし、時期的にSHOCKの記者発表以外はないだろうな、と思ってた。
拘束時間も10時~15時前後ということで、正味3時間以下だろうから、観客を入れての収録でTVだと、あまりにも時間が短いと思っていた。

”番組”という言葉は、演劇・舞台などの演目に対しても使われるものなので。

帝劇における「特別の番組」で、SHOCKの発表を行う、というのはアリなこと。


なぜ最初から「SHOCK発表会見」と銘打たないのか、14年続いている舞台なのに公表まで秘密という意味は何なのか、考えてもわからないけれど…

あえて「ソロ番組?」と期待させるやり方がファンを傷つけるかもしれない可能性など、あの事務所の人間に配慮できるわけないよね、と苦笑いするしかなかろう(笑)



大声で言いたい。


光一ファンはソロ番組に飢えてるんだよっ!!


変な表現で翻弄するなぁぁぁ!!



”番協”の会場には限られた人しか行けなくても、そのあとみんなが楽しめる”ソロ”の発表なり収録なりがあると思えばこそ、いろんな辛さを我慢してた人も多いだろうに。


光一は、番協の文言など一切知らないことは確かだけど、FC事務所にはファンへの心配りなど期待してはならないことを、また思い知った出来事だったな…



僕としては予想通りのSHOCK記者発表だったけど、15周年記念のお祝いの一環として、ファンを招待するという形式は(特に東宝的に)アリだったんだろうな~と思う。

WS(の録画)で見た光一の爽やかで朗らかでスマートな人間性には素直に感動。

ファンへの受け答えはユーモアに包みながらも誠実で。

誰も嫌な気持ちにさせない言葉を口にできる人。でも、嘘はつけなくて。




誰かが嫌な気持ちになるのをわかりながら、言わずにいられない人を知ってるだけに(苦笑)



最近は「言わずにいられない」人たちの悲しさを感じることも多くて。

本当に、言わずにいられないんだろうな~と、なんだかしみじみしちゃうよ(笑)


光一は、言いたいことがあっても呑み込んでる。
言えば、四方八方のどこかから必ず「え?」という反応がある。

だから何も言わず、仕事を言葉に代えている。
仕事が彼の言葉だ。



今度出たGのアルバム、光一がコーラスしてる数を知ってる?(教えてもらった)

光一が仕事にかける思いは深く、誠実この上ないよ。
いいものを作るために、光一は影の努力を尽くす。

目立つことなんか考えてない、何も競ってない。
ただ、誠実に自分の責任を果たしている。


僕は光一が属するGを応援はできない(光一が勿体なくて耐えられない!)ので、CDを買うことはありえないけど、それでも光一の仕事だけは尊敬する。

誰が真剣なのか、誰が誠実なのか、その仕事の在り方だけが教えてくれる。


でも、言葉を期待される光一。

何も口にできないことを、僕は知ってるつもりだよ。




堂本光一の魅力が全開するソロワークの中でも、特別な記録を打ち立てたSHOCKの季節が、2015年も約束された。
このことを、当たり前に喜びたいと思う。

その上で、僕らはもっと”ソロ”を望む。

光一の無駄遣いでしかない仕事ではなく、あの最高の表現者のすべてを堪能できる仕事を。


帝劇の会見でも、来年?再来年?かすかな期待を生む言葉があったとか。

例の「2年後の何か」も必ず実現すると信じている。


まあ、何が来ようとも、堂本光一だよ?絶対ワクワクさせてくれるに違いない。



タレントの時間も、ファンの時間も限られている。だからこそ、焦る。イライラする。

それを乗り越えた先には、最高の瞬間が待っていること、光一ファンはみんな知ってるだけに「早く早く!」と求めてしまう。


おとなしく待つけどさ、限界MAXも近いんだぞっ!!というのが僕らの気持ち…かな。





コメント欄にいただく声を読んでも、ヒドイ言葉に傷ついてる人がいるよね…。


”言わずにいられない魂”は、それだけで荒野を彷徨うspirit of evilに思える。
それ自身が苦しみの象徴だと。

自分の中の黒い何かに負けるから、言ってはならないこと(と本人は自覚してないが)を公に言ってしまう。


光一ファンを自認する人にも言えることかもしれないよ。

誰かを攻撃することが激しい人は、自分の中の黒いものに負けている。
僕はそういう何かが、光一自身に向けられるようになることを危惧する。


光一ファンが負けずに、ずっと光一を応援し続けること、見詰め続けること、それだけが僕の願いだから。

光一から離れそうな人たちがいるとしたら、それが一番悲しい。

離れていく人は、必ず光一を責めるからね。そうなってしまう気持ちが辛い。



みんな、負けないで、無理して(笑)楽しもうぜ!!と叫びたいよ。



ガンバレ、ガンバレ!!(自分に言い聞かせる)



ではでは、またね。

プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。