スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央へ思う

二日続けて、この地球は浅田真央のために回っていたのだろうか。


一昨夜は「神も仏もいね~のか!」と愕然としたけど
実際、そこには神も仏もいなかった。
あのリンクからは神も逃げ出すよ。

「人間たち、やりたいようにやってごらん」という世界。
まだ若い女子たちが、あんなにも過酷な熾烈な闘いに身を投じて。

浅田のSPからFSへの"変身劇"は、神でさえシナリオを書けない。
あんな凄い劇を見たことがない。


「ボロボロになる・・・その分だけ輝けるんだぞ」
このセリフの実例を、初めて目にした。
本当に、奇跡の夜だった。


そして、すべての結果が出てから思うこと。

あのメダル争いには、浅田の場所はなかったのではないか?と。
金・ロシア、銀・韓国、銅・イタリア、ここに日本人選手が混じれたか?
浅田が完璧なSPとFSをやったとして、メダルを手にできたか?

その時に、日本人たる僕らは納得できたのだろうか。

今回の採点・加点では、納得どころか理解不能にさえなりかねない。

案の定、ロシアの金に対する抗議は試合直後から始まっているようだ。
バンクーバーの後味の悪さから何も変わっていない。
誰が(どこの国が)勝っても負けても同じことが繰り返される。

浅田がメダルに絡んだ場合の喧噪というか混沌というか、彼女らの努力や献身とは無関係な騒動を思うと、本当に浅田や関係者には申し訳ないが、今回の結果こそ、「フィギュアの神」の計らいではないかと(まあちょっと無理くりではあるが)思ってしまうのだ。


浅田は金メダルをめざしていただろうが、それ以上に「自分にとっての完璧な演技」こそが目標だったと思う。
そのふたつの目的が、片方が果たされても片方が果たされないとしたら。

どっちを取る?

一昨日の「取り返しのつかないこと」があったからこその完璧なFS。
あのどん底から這い上がる以外、完璧はあり得なかったとしたら。


残酷なまでのSPは、一夜明けてこの世界に最高を見せつけるための、天の演出。
フィギュアの神(がいるとして)からの、人間のメダル争いへの答。

浅田真央は、メダル争いとは別次元に飛び、最高の演技を全世界に残した。
浅田とは別の次元で、別の女子たちはメダル争いに最善を尽くした。


僕は、浅田のために、自分自身のために、そのことを喜びたい。
負け惜しみではなく、「ああ、これでよかった」と思う。


彼女自身は、本当にメダルを獲りたかっただろうけど。
あの気迫に満ちた、壮絶なまでに美しい演技は、メダルを意識せずに演じるという次元でなければ、生まれ得ないのかもしれない。


上位の選手たちが、メダルの重圧と観客の怒号とも言うべき地鳴りを浴びつつ演じる姿を見ながら、(ほんとに申し訳ないけど)あの中に浅田を置かなくてよかったと思えてならなかった。

結果が出て、点数を見ればなおさらだ。

この結果が生むであろう騒ぎに、浅田が巻き込まれなくてよかった。
これは完全に僕の自分勝手な考えであるけれど。


「素人にわかり難い採点競技」であるフィギュアが、観客の心へ直接働きかける「芸術」でもあるがゆえに、採点への疑問や不満が必ず付いて回る。

素人がTVを通して感じるものは、採点とは無関係。

そう知ってはいても、自分の目が見たものを、自分の印象を、僕らは捨てられない。


もう、採点は勝手にやってくれ、僕はいい演技が見たいだけだ。という気分。
この競技の採点を意識したくない。


まるで、「ジャニーズの中で一番素晴らしい人は誰?」を決めるような難問になっている。
ジャニーズの金メダリストは誰?・・・あははは。
この問いに、真面目に答えていたら血を見る騒ぎになるのは必然(笑)
そんな難しさを、五輪の競技に感じるとは。

芸能人が持つべき資質や才能を数値化して採点したとして
ジャニーズで1位になるのは誰だろう?(笑)

いや、そうじゃないな。
一人ずつステージに出て、その場でパフォーマンスを披露する。
そして上位3人をメダリストに。

こんな難しい判定があるかよ?

そこで1位認定された人がいたとして、自分が好きだと思うのは別人だろう誰でも。


採点は、人と差をつけるためのもの。
浅田が、その次元を超えて、観客が涙するほどのものを見せつけてくれたこと、それこそ、実は僕らがフィギュアという競技に望み夢見る究極の姿なのではないだろうか。


それぞれの選手は、みな素晴らしかったと思う。
男子以上にハイレベルな争いの中、決まった順位の持つ意味には、僕らが想像する以上の厳しき原理があるのだろう。
今までも、これからも、勝負は残酷であり、そこには神も仏もいない。


だけれども、神は時にご褒美をくれる。

浅田の昨夜の姿を通して、そして浅田の影に隠れているかもしれないけれど、鈴木明子の演技を通して、僕はフィギュアの神に愛されている人の在り方を知った。


恐ろしく猛々しい"勝負の神"との格闘には敗れたかもしれないが、一心に自分のフィギュアを追い求め、挑戦し続けた彼女たちに、芸術の神は寄り添い、微笑んでいた。


妄想に過ぎないけれど、僕には今回の女子フィギュア、「我々にはもう手に負えないね、人間の好きにさせよう」と呟いた勝負の神と芸術の神とが見守る中、それぞれの選手が「自分の一番欲しいもの」のために全身全霊を捧げ、それを手にした大会だった気がする。

浅田は、欲しかったものを手にした。
見ていた僕らも、欲しかったものを得た。

それでいいじゃないか、という思い。


人の目から光が消えるのを僕は見た。
画面の中であっても、胸が潰れるほどの衝撃だった。

一夜明け、その目に強い光が戻る。
リンクに現れた浅田は、別人だった。
顔つきを見ただけで、イケる!と確信した。

大きなものを犠牲にして、浅田は人間の奇跡を見せてくれた。


光一が言う、人の命の輝き。それをこんなにも実感できるとは。

あのどん底からでも這い上がれるほどの練習を積んで来た。
浅田しかできないジャンプを、彼女しかやらない挑戦を。
どれだけの努力を積んで来たのか、誰の目にもわかった。

絶対の実力があればこその、あの演技だった。

鬼も泣いただろう、昨夜の浅田には。


負けなければ、人間には明日がある。

負けない自分を、地道にひたむきに作り上げるしかない。



今回の女子フィギュアで、心に残った選手たち。


勢いと強靭さを感じさせた、ソトニコワ。
ちょっと見たことがないようなポジション、そのオリジナルを追求する志にも感動。


特別の柔軟性と、その人間性が興味を引いたリプニツカヤ。
深いものを感じさせる。必ずこれから大きく咲くだろうと期待させてくれた。


人柄のよさを感じるコストナー。優しいイタリアのお姉ちゃんという感じ。
メダルが取れてよかった!アヴェ・マリアの美しさは忘れない。


美貌で楽しませてくれたゴールド。仲間内でもイチ推し(笑)
ちょっと演技が硬いが、いつも笑顔でアメリカ選手にはプロ根性を感じる。


村上佳菜子、懸命に頑張っていた。
無邪気で可愛らしい性格に見えるが、衣装が大人過ぎないかなぁ?
これから日本女子を牽引していってほしい。


最年長とは思えない、小さな清らかな花のようだった鈴木明子。
惹きつけられる演技では彼女が一番。
なかなか鈴木のような選手は出ないと思う、ほんとにお疲れ様!


僕にとってのソチの女王、浅田真央。
誰にも演出できない奇跡のドラマを見せてくれた。
メダル争いの場所で、メダルより輝くものがあることを全世界に示した。
人間の強さ、美しさ。
永遠に語り継がれるスケーターになった浅田に感謝!


ただのTV観戦者に過ぎない自分が、ここまで書きたくなる試合をありがとう(笑)



全力を尽くす人は美しい。素晴らしい。

燃える命の輝きが真っ直ぐに届いた、昨夜の演技を忘れることはない。
その輝きを表現すること、それがフィギュアという「競技」の本質だ。


メダルを得た選手は凄い。
血を吐くような努力がなければ、誰もメダルは手にできない。

でも、メダルのない選手の中にも、記憶に残る選手がいる。
誰の心にも、メダルとは関係なく「ベストスケーター」がいる。

自分の心の表彰台に立っている選手以外、結局のところ忘れてしまうのだ。


そんな観客の思いとは別の次元で、選手は壮烈な闘いを続けていることは十分承知しているけれどね。


・・・そんなことを思った二夜だった。



スポンサーサイト

RUSH吹替版

『RUSH』吹替版を鑑賞してきた。


光一の声が好きな僕にとっては、たまらない彼の仕事。
若い声の設定にしていた気がしたけど、光一らしい魅力が出ていた。
特に激昂するところ、怒りの表現は巧いんだよなぁ。


ただのチャラ男ではない、自信家のくせに繊細な男。
妻にだけは内心の弱さを見抜かれながら、危険を追い求めてしまう“業”。
そんなジェームス・ハントという伝説のレーサーを、光一の声で描き出していた。

モテ過ぎて困る男、酒は飲む、ドラッグはやる、タバコも離さない。
飛行機の中でCAと・・・って男の夢か!(こら)
うーーむ、いくらファーストクラスでも・・・(うらやましい)←殴
正直、客席でヤバイことしてるのは見たことあるけど。あははっ


いや、その手のイケナイシーンはごく軽くて、演じる俳優のクリス・ヘムズワースも
清潔感のあるタイプなので、別にいやらしくない(と僕は思った)。

レースには一途だが、女性との関係はハチャメチャ、誠意とか愛情に欠陥あり。
そんな男でも、堂本光一の声だと、誠実さが漂うので困る(笑)
演技上は、軽い男、破天荒なヤツを演じているのだけど、「声」が裏切る。

まあ、しゃーないな、光一の声はヒーロー声なんだもん。
甘い王子様が一番似合うのに、「獣」を演じても巧い。だが、どうしても上品になる。

そんな光一ボイスが好きなのさ。


映画自体は、レースシーンの緊迫感と人間ドラマのバランスがいい。
ドキュメンタリー風の描き方で、個々の人物の掘り下げは少し薄い気がした。

主演のハント、それに対するラウダの存在。
副題に「友情」と付いているが、決して普通の友情ではない。
互いを認め合っている間柄。
自分だけが優れている、自分こそ最高というプライドに充ちた男たちが
そのプライドを持つがゆえに、相手の凄さがわかる。わかり合える。

理解し合い、認め合う関係。
そのハントとラウダの関係性が美しかった。

闘い合い、時に罵り合ったとしても、「凄いヤツ」と認め合う。
互いを「チャンプ」だと知っている。

ある意味では、自分の仕事に本物のプライドを持てる人間だけが
他者の凄さを理解できるのかもしれない。

チャンプである人間だけが、他者をチャンプと称えることができる。


僕は光一を見ていると、いつも「他者を称える人間力」を感じる。
それは光一が本物のチャンプだからだ、と。
それがこの映画のテーマとリンクして感じられた。


僕自身、洋画は字幕で観るのが通例。
声の演技を含めて、その俳優の仕事だから。
ただ、『RUSH』の場合、マシンの音にも画面にも集中しないと勿体ない。
その意味では、吹替版での鑑賞もアリだと思う。

だけど、叶うならば、光一には実写でなく、アニメの声優をやってほしいな。
俳優自身に影響されることなく、光一の声の演技を堪能したい。


今回の映画は、僕にとっては光一だからこその吹替版の鑑賞。

光一と、その他の声の出演者。それぞれの仕事を務めていた。
実況中継のアナウンサーが何人も出てくるけど、みんな上手いんだよな~。
本当に、日本の声優陣は優秀。
そんな中で、光一は立派に主演を務めていたと思う。

僕には光一の声が映画館に響くだけで、何とも幸せな空間だった。


F1という、光一にとってはわくわくする題材での声優の仕事。
初めてマシンを見た時の、ハントの弾んだ声。
「ああ、ほんとに嬉しそうな光一の声だ」と思うのは邪道だけど(笑)
小さなシーンにも、光一の笑顔が感じられて楽しかった。



いろいろと複雑な思いで、観に行くことをためらっている人もいるかな。
でも、光一の声が好きな人なら行くべし!と僕は思うなぁ。

堂本光一と、その他の声優陣。
映画館にあるのは、それだけだよ。

みんな、それぞれの仕事をやっている。

そこに堂本光一個人としての仕事がある。それだけ。



あの時代のマシン、事故率の高さ、まさに命懸けのレース。
語り継がれる雨の日本グランプリ。

伝説となっているF1のひとつの黄金時代を体感できる映画。


僕は観てよかった。

今回も、堂本光一の真摯な仕事に感謝!!





祝!初日・・・の夜

Endless SHOCK 2014

開幕おめでとうございます!!


龍神様の祝福もいつも通りで(笑)
「どうかお祝いは軽めでお願いします」との願いは届いた模様。あはは
それにしても雪舞う中での初日は、光一らしいね。


天気ネタが定番みたいになってるけど、それだけ
天候不順な時期の公演が多いってことで。

つまりは一番劇場に来る人が少ない季節を光一は任されてる。
龍神様のオボエがめでたいのも仕方ないことなのさ。


でも、冗談抜きで天候も体調も心配な時期なので
どうか遠征組を含めたみんなが、無事に観劇できますように。
そして出演者全員が健康で、千穐楽まで走れますように!!

留守番組のみんなも、心から楽しめる2か月でありますように!!


新しい出演者、新しい演出など、ワクワクする。
光一がブラッシュアップしてくる演出は、必ず「改善」になってると
僕は思うので、本当に楽しみ。


SHOCKの季節は、なぜか街もキラキラして見える。有楽町でなくても(笑)
堂本光一の熱とパワーが、帝劇からダダ漏れして届くのかもしれん。あはは

そういう気分で、自分自身も高揚感をもって走りたい。
寒いけど、眠いけど(おい)、年度末近しでキツイけど。

Endless SHOCKに関わるすべての人の頑張りを感じながら
この2か月をともに走り抜きたい。

そんなことを思う夜。

頂きものの大吟醸酒を開けて乾杯した(笑)
ワインの方が相応しいやろ!という声は置いといて。
んにゃにゃ、日本酒も光一には似合うだろ?と。
いや~旨かった!


明日からの日々も、こころ楽しい、こころ充実した毎日であるよう。

光一ファンの楽しい季節であるよう、祈りながら・・・

初日の夜に、かんぱーーーい!!


プロフィール

kaito

Author:kaito
日本が誇るべきエンタメ界の宝・堂本光一の表現を楽しみ、仕事人として尊敬し、その人柄を愛するkaitoと申します。
社会人として人間として、目標となる堂本光一の背中を見つめながら自分も成長したいと願う男子のブログです。

オンラインカウンター
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。